2009年10月17日

武商デパートPR/吹奏楽団

tsDSC_9444.jpg

先々週の日曜日に武生の蔵の辻で行われた壱の市へ出かけたら、
武生商業高校の吹奏楽部のメンバーが集まって演奏を披露していた。

これは来週の日曜日10月25日に行われる
武商デパート』のPRを兼ねた出張演奏だ。

tsDSC_8565.jpg

実はたつやは中学時代は吹奏楽部でトランペットを吹いていた。
その時の一級上の先輩が今、武生商業高校で
ブラスバンドを率いる名物U先生なのだ。
中学時代から先輩の音楽に対する感性がまるで違っていて、
異彩を放っていたが、
それが今でも現役でトランペットを演奏して
学生たちと一緒になって音楽を楽しんでいて
音楽に生きているのは心から尊敬している。

tsDSC_9455.jpg

tsDSC_9539.jpg

tsDSC_9514.jpg

さて、武生商業高校の吹奏楽部は30人強で、
そのほとんどが女子学生で男子は一人しかいない。
しかしながら、一旦演奏に入ると、
それを感じさせない力強さがある。

tsDSC_9530.jpg

爽やかな秋空の下で、明るく元気な学生さんたちは、
観客を巻き込んで、ノリノリの素晴らしい演奏を披露していました。

tsDSC_9567.jpg

武商デパートとは・・・
毎年10月末に、生徒が中心になって仕入れから販売まで行う
「武商デパート」が行われる。
この取り組みは全国的に見ても珍しく、
生徒自らが、武商デパートの従業員や株主になり運営に当る。
武商デパートには毎年多くの来場がある。
毎年、1月〜2月頃に株主総会が行われ、
営業成績、売上などの報告が本物さながら行われる。


tsDSC_8589.jpg

武商・・・福井県立武生商業高校

今年の『武商デパート』は10月25日の日曜日に
学校にて行われ、一般のお客さんも入店が可能です。


ちょっとホームページで調べたのですが、
武商デパートのページは昨年のままでした・・・
たらーっ(汗)

応援してね♪

北陸の人気blogランキングへ
グッド(上向き矢印)ココをクリックぴかぴか(新しい)
記事1214


posted by たつたつ・たつや at 21:25| ☁| Comment(14) | TrackBack(0) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

ヒナタカコのライブ

htDSC_4765.jpg

ヒナタカコというアーティストを知ったのは
ブログ友のぐっつあんからで、
その後三国のカフェ、タオスプエブロでCDを購入した。
一ヶ月後に丸岡で行われた全国植樹祭のフィナーレを
ヒナさんと子どもたちが一緒に歌うというライブで
初めて生で聞かせてもらった。

曲はもちろん音楽の表現力、
声の質とか日本語の美しさといったところが
たつやの琴線にビンビン響いた。

htDSC_4766.jpg

もう2ヶ月ほど前のことだが、
春江の江留上という地区のイベントライブに
ヒナタカコさんが出演するということを知り、
出かけていきました。

当日は昼過ぎまで雨が降っているという曖昧なお天気でしたが、
晴れオンナを自称するヒナさんのパワーで雨は止み、
グリーンにライトアップされた大きな木をバックに
ライブが行われました。

htDSC_4759.jpg

夏の夜なのに涼しく過ごしやすい一日で、
ライブが始まる前にプロモーションビデオが
隣のアパートの壁に写された企画は面白いと思いました。

ライブは、地区の人たちのあたたかい手作りのステージで、
ヒナさんもMCはゆる〜い感じで福井弁で話していました。

ですが一旦、曲になると全然違う人になります。
あっという間にヒナタカコの世界に引き込まれます。

htDSC_6246.jpg

やっぱり歌の表現力がすごいです。
前回も感じたのですが、彼女の日本語の美しさは群を抜いています。
バラードでもアップテンポの曲でも、
はっきり歌詞が伝わってくるのです。
三国出身の彼女が、昔三国にあった遊郭の女性を歌った
『碁盤の女(め)』は他の曲風と違ってボサノバ?調なのですが、
それがまた別の魅力を引き出しています。

htDSC_4791.jpg

50分ほどのライブでしたが、
あっという間に終わってしまい、
もっと聞いていたいと思いました。

htDSC_4891.jpg

ライブ終了後にヒナさんにご挨拶に行きました。
ヒナさんの活動を応援している社長がたつやを見る目が怖いです^^;
怪しいヤツ!という感じなんでしょうか・・・

htDSC_4894.jpg

でも、このライブの翌日、
この方はたつやの中学のひとつ上の先輩ということがわかり
あっという間に仲良しハートたち(複数ハート)になったんです。

後日、ヒナさんのライブで3人で会ったのですが、
この日のふたりのビミョ〜な関係あせあせ(飛び散る汗)を察知していたヒナさんが、
いきなり社長とたつやが大の仲良しになっていたのを見て、
びっくりがく〜(落胆した顔)されていました^^

近いうちにヒナタカコさんのアルバムの発売もあるようで、
今から楽しみにしています。
また来年は鯖江や丹南地区でのライブも予定しているので、
それらもお手伝いできたらいいと思っています。


htDSC_4771.jpg

今月10月24日土曜日には、
たつやが大好きなアーティストが勢揃いするライブが
敦賀で行われます。
チケットも格安なので、お奨めです。
福井が生んだ素晴らしいアーティストたちを
誇りに思えるひとときになると確信しています。


げんでんふれあいコンサート2009『敦賀きらめきライブ』
平成21年10月24日(土)敦賀きらめきみなと館
出演者:富田晋也、ナナ・イロ、ヒナタカコ、横田はるな(50音順)
チケット:1000円(全席自由)

ヒナタカコさんのブログです。
http://hinatakako.jugem.jp/

応援してね♪

北陸の人気blogランキングへ
グッド(上向き矢印)ココをクリックぴかぴか(新しい)
記事1202



ラベル:アーティスト
posted by たつたつ・たつや at 23:27| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

ナナ・イロ記念日

ちょうど一年前のこの梅雨の時期に、
東郷で行われたせせらぎコンサートに行って、
初めてナナ・イロのふたりの生を聞いた。
http://onmyojitatsuya.seesaa.net/article/101305034.html

nsDSC_1432.jpg

それはつい最近のようにも思えるし、
遥か遠い過去の出来事のようにも感じるが、
この一年間でナナ・イロのふたり
内海あいさんと岩堀路子さんとのお付き合いは、
とても深くて、まだ知り合って1年とは思えない。
もう5年も前からお付き合いがあるような気がする。

nsDSC_1447.jpg

あの日も今にも泣き出しそうな蒸し暑い夜だった。
いくつかのバンドが演奏した後、最後のステージがナナ・イロだった。
イントロが演奏されて、ヴォーカルのあいさんが歌い出した瞬間に、
まわりの空気が一瞬にして変わったような感覚を覚えた。
彼女たちの世界にぐっと引き込まれていった。
興奮冷めやらぬ状況のまま、ライブ終了後の
CD販売をしていたふたりに挨拶をしたのが、出会いだった。

nsDSC_1419.jpg

その後、たつやの石窯パーティをすることになって、
ふたりを招待することにした。
喜んで参加してくれると答えてくれたふたりに、
今になって思えば、失礼ながらその石窯パーティの中で、
ライブをして欲しいとお願いをしたのだった。
http://onmyojitatsuya.seesaa.net/article/103713038.html
http://onmyojitatsuya.seesaa.net/article/103771413.html

nsDSC_1407.jpg

その後もいくつかの夏祭りやイベント会場でのライブにも出かけ、
ナナ・イロのライブを聞いていたのだけど、
残念ながらイベント会場でのライブは聞く側のスタンスが曖昧で、
お喋りをしていたり、携帯電話を使っていたり、
子どもたちが走り回ったりと集中して聞きたいたつやとしては、
気になるし、それを不満に思っていた。

nsDSC_1452.jpg

じっくり彼女たちの歌を聴いてみたい!
大きな会場で、たっぷり2時間くらいのステージを見てみたい!

という単純な思いが募って、
彼女たちにワンマンライブを企画したいという話を持ちかけた。
今までに2時間のステージも、ワンマンライブも、大会場でのライブも
やりたいと思っていたけど、まだ実現できていない・・・
というナナ・イロのふたりの答えだった。

nsDSC_1497.jpg

やりたいと思うなら、やろう!いろいろ大変なことはたくさんあったけど、
実行委員になってくれたメンバーや応援してくれる企業、個人、
それにナナ・イロのふたりが一生懸命取り組んで、
絶対に無理!と誰からも言われた
鯖江市文化センターを満席のお客さんで埋めることを実現した。

http://onmyojitatsuya.seesaa.net/article/109048025.html
http://onmyojitatsuya.seesaa.net/article/109103521.html
http://onmyojitatsuya.seesaa.net/article/109204118.html
詳しい経過はここに記しています
http://onmyojitatsuya.seesaa.net/article/111613870.html

その後、念願の初アルバム『雨のち晴れ』を今年3月にリリース。
そのアルバムジャケットの写真撮影をご縁があって、
たつやが担当させてもらったことも光栄なことだった。

http://onmyojitatsuya.seesaa.net/article/115760016.html

nsDSC_1517.jpg

様々な思い出がぐるぐる回転しながら、
一年前と比べて、またぐっと成長したナナ・イロと、
ちっとも変わらない優しい性格のふたりを
会場の隅に座って見ていた。

nsDSC_1540.jpg

それにしても東郷のライブの雰囲気はいい!
なんかとっても温かい気持ちになれる場所だ。
初めてナナ・イロの歌を聴いたのがこの東郷でなければ
もしかするとこういう縁にはならなかったかもしれない。

nsDSC_1527.jpg

福井に住みながら、県内外に素敵な音楽を届け、
音楽を通しての出会いと感動の輪を広げていくナナ・イロのふたりを
これからも出来る限り応援していきたいと思っている。


nsDSC_1559.jpg



昨年11月4日に鯖江市文化センターで行われた
ナナ・イロ初ワンマンライブ 〜あ・り・が・と・う〜
のオープニングで使ってもらった
たつやが撮影した写真のスライドショーと
ナナ・イロの音楽を合わせたYoutubeを
ブログ仲間のガッツさんが作ってくれました。
良かったら覗いて見てくださいませ。



人気blogランキングへ
グッド(上向き矢印)ココをクリックぴかぴか(新しい)
たくさんの方に応援いただいて、ずっと上位にさせていただいています。
北陸の中で富山・石川ブログに囲まれて福井で頑張っています。
少しでも共感したり、心に残ったなら、応援クリックお願いしま〜す。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福井情報へ
にほんブログ村
グッド(上向き矢印)ココをクリックぴかぴか(新しい)
福井情報の応援もよろしくです。記事1108
ラベル:ナナ・イロ
posted by たつたつ・たつや at 22:36| ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

鯖江が熱かった日2

景気回復のため、政府が定額給付金を出したのは、つい3ヶ月ほど前で、
それに伴い鯖江市でもスクラッチ付きのさばえお楽しみお買い物券を出した。
1000円で最低でも1100円、運が良ければ2000円になるということもあり、
発売と同時に売り切れるほどの人気だった。

ncDSC_1632.jpg

ncDSC_1502.jpg

その時期に合わせて福井県から各市町村単位に対して、
商店街活性化のための補助金制度があるという連絡を受けた。
単独商店街とか組合とかではなく、その地区全体の商店が一緒になり、
売り上げ増大のための企画やイベントを行い、
それらの企画案が妥当であれば、県が協力をしてくれるという有難い話だった。

ncDSC_1490.jpg

しかしながら書類をいただいてから〆切まではわずかに3週間しかなく、
その間に各商店街の理事長や会長が集まり喧々諤々の会議を何度も開いたが、
あまりの時間の無さに結論が出ない状況だった。
それまでに鯖江商工会議所の担当の方が
県サイドと何度もやりとりをしたがなかなか厳しい内容だった。
〆切3日前の臨時理事会でこの件に対しては
事務局とたつやに一任してくれることになった。

nc_DSC1604.jpg

それからわずか2日間で案を練り上げ〆切当日の朝に県庁を訪ねた。
まだまだ見直ししなくてはいけない点や不備が数多くあり、
担当の方にいろんなアドバイスを受け、帰ってすぐに練り直した。
結果〆切当日の消印有効とのことで
郵便局に持ち込んだのは窓口〆切のジャスト5時だった。

nc_DSC1610.jpg

正直、鯖江市内の商店街もクルマ社会やライフスタイルの変化により、
売り上げが伸びているとは言えない。
定額給付金さばえお楽しみお買い物券も折角出しても、
地元商店街で使われる比率は低く、
量販店や大型チェーン店で使われてしまうことは容易に想像できた。

そのため鯖江市商店街連合会では、4月5月の二ヶ月間、
さばえ幸せのナナイロ抽選セール』を行い、
地元の商店街連合会加盟店約200店で
お買い物をしていただいたお客様に対して抽選券を発行した。
現金だけでなくさばえお楽しみお買い物で買物をしていただいた方には
抽選券を倍増し、少しでも地元商店街で遣ってもらえる企画にした。

nc_DSC1574.jpg

抽選会の賞品は海外ペア旅行、液晶テレビ、スポーツサイクル、
一眼レフデジカメ、ペアウォッチ、和牛肉セット、商品券
など。

この期間に鯖江市商店街連合会加盟店でお買い物された方に
間違いなく当たる!という素晴らしい内容に
街中でもこの抽選券のことが話題になっていた。

ncDSC1600.jpg

そして先日、その集大成のナナ・イロライブ
ナナイロの幸せ公開抽選会誠市ご縁市に合わせて行われました。
午後1時よりこの『さばえ幸せのナナイロ抽選セール』の
イメージキャラクターとしてお願いしたナナ・イロのふたりによる
暖かいステージのライブが行われ、
集まった約1000人の人を魅了していました。
演奏しているふたりは楽しくて仕方ない!という感じで、
笑顔が絶えることなく、歌ってくれました。

ncDSC_1561.jpg

さばえには縁があってよく来るし、元気がある街ですね〜
お買い物はこれからも鯖江市商店街連合会で!

な〜んてサービストークもちゃんと入れてくれたりします^^

ncDSC_1534.jpg

本番前はカンパネルラのランチで^^

ncSC_1539.jpg

午後2時からはナナ・イロのふたりと
鯖江市商店街連合会会長竹部氏による公開抽選会が行われ、
当選番号が決定しました。
http://www.kuchikomimap.com/10262/archives/0039680.html
なにしろ今回の抽選券は外れても、
一枚に付き100円のお買い物券と交換!
という大盤振る舞いのサービスだったので、
抽選会終了後の交換にはたくさんの方が並び、
大盛況、大好評のうちに幕を閉じました。

ncSC_1640.jpg

今回のイベントは、福井県からの助成金をいただき、
鯖江市商店街連合会、鯖江市、鯖江商工会議所、そして
誠市実行委員会、ご縁市実行委員会の方々のご協力により、
成し得た素晴らしいセールになりました。
この場を借りて、関係者の方々に深く感謝いたします。

ncDSC_1540.jpg

街中ににぎわいを!という目的で始まった誠市が4年目、
ご縁市が2年目、そして今回の商店街連合会の合同セール、
少しづつではありますが、鯖江が元気になっていると
実感する今日この頃です。

ncDSC_1670.jpg

公開抽選会ではお手伝いをしていたため、写真がありません。
関連ブログをご紹介いたしますので、覗いてみてくださいね〜


http://www.kuchikomimap.com/10262/archives/0039816.html
http://yaplog.jp/ai-7716-ai/archive/2238
http://sanphoto.blog88.fc2.com/blog-entry-509.html
http://sanphoto.blog88.fc2.com/blog-entry-508.html
http://nipponn-daisuki.seesaa.net/article/121654190.html
http://gattz.blog.shinobi.jp/Entry/163/
http://shigeshi.sblo.jp/article/29807983.html
http://ameblo.jp/akio-kaeriyama/day-20090614.html

ncDSC_1687.jpg

写真は差し入れでいただいたみたらし団子の匂いを嗅ぐあいちゃん^^;

人気blogランキングへ
グッド(上向き矢印)ココをクリックぴかぴか(新しい)
たくさんの方に応援いただいて、ずっと上位にさせていただいています。
少しでも共感したり、心に残ったなら、
応援クリックお願いしま〜す。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福井情報へ
にほんブログ村
グッド(上向き矢印)ココをクリックぴかぴか(新しい)
福井情報の応援もよろしくです。記事1101
posted by たつたつ・たつや at 20:49| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

ヒナタカコの世界

htDSC_1093.jpg

福井出身や福井に所縁のある若いアーティストは、
本当に凄いと思っている。
昨年出会ったナナ・イロの音楽。
福井で頑張ってる彼女たちを心から応援したいと思っている。

htDSC_1045.jpg

植樹祭マスコットのふっくりん^^

そして昨日は、全国植樹祭丸岡会場で
三国町出身のシンガーソングライター、ヒナタカコさんの
ライブに初めて行ってきた。
以前に三国のカフェ「タオスプエブロ」さんで
ヒナさんのCDを買って聞いてみたのだが、
その中でも街という曲にすっかり聞き惚れてしまった。

htDSC_1040.jpg

会場で見かけた絵の入賞作品、色の感性が凄いと思います。

htDSC_1054.jpg

丸岡会場になったたけくらべには、
手作りのステージが出来ていて、
様々な演奏が行われ、そのフィナーレにヒナさんが歌う。
今回の植樹祭に向けて作った新曲『いのちの川』と、
ふるさと三国の竹田川を歌った曲『春の花』
それにフィナーレは、子どもたちと一緒になって、
杉本竜一さんの『tomorrow』を合唱した。

htDSC_1105.jpg

htDSC_1107.jpg

言葉では表現するのが難しいが彼女の声質は、本当に美しいと思う。
日本語が実にしっかり発音されていて歌詞が伝わってくるところも、
消え入るような声や、気持ち良さそうに高低を行き来する歌声に、
すっかり魅せられてしまった。

htDSC_1113.jpg

ライブ終了後に、ほんのしばらくお話をさせていただきました。
実物大の彼女は、ステージを降りるといい意味で普通の女の子。
久しぶりに?会った友人たちと楽しそうにおしゃべりしていました。
以前買ったCDにサインをしてもらい、
デビュー前の自主制作ミニアルバムも買うことが出来、
帰りのクルマの中はずっとヒナタカコさんを聞いてました。

htDSC_1145.jpg

htDSC_1151.jpg

福井が生んだ素晴らしいミュージシャンとして、
どんどん世界に羽ばたいて欲しいと願っています。

ナナ・イロさんとヒナタカコさんと横田はるなさんの合同ライブとか
どっかで企画してくれないかなぁ・・・



今後の福井でのライブ活動予定(時間などはご確認ください)
http://www.hinatakako.com/
8月2日(日)FBCサマーフェスティバル in 福井市中央公園
8月11日(火)三国花火大会 in サンセットビーチ
8月22日(土)SUMMER JAM 2K9 in 福井県県民ホール(アオッサ8階)

ヒナタカコプロフィール

16歳、小谷美紗子のライブを見に行ったことから
弾き語りに興味を持ち、曲作りを始める。
初めて人前で自作曲を歌ったYAMAHA主催TEEN'S MUSIC FESTIVAL2001にて
全国大会(東京国際フォーラム)まで進み、
2位にあたるロッテ賞、オーディエンス賞のW受賞を果たす。
(受賞曲「行かないで」は2002年5月、YAMAHA TEEN'S LABELよりシングルリリース。)
同大会はaiko、椎名林檎、絢香、伊藤サチコなど、
多くのアーティストを発掘している音楽の登竜門的大会。
(2007より MUSIC REVOLUTIONと改名)
当時、福井テレビや福井新聞、FMなど多く取り上げられる。
2002年4月、大阪音楽大学ピアノ科に入学。
学業優先のため音楽活動は最小限となる。
2005年5月、母校三国高校にて教育実習時、歌が自分と人を繋ぐツールと実感。
プロを志す。同秋、同高校の文化祭に呼ばれ、全校生徒の前でライブを行う。
卒業後、上京し音楽活動リスタート。
2006年夏から渋谷、恵比寿など都内ライブハウスで月1,2回ライブ活動中。
帰省時には地元でワンマンライブも行っている。
地元の福井でも、2007年8月、 FM福井 第2回HOME TOWN SONG AWARDで グランプリ受賞。
2008年8月には、えちぜん鉄道5周年記念イベント出演や、
FM福井主催ホームタウンソング大賞に特別ゲスト出演。
2008年9月に、福井・響のホールでライブ出演、
2008年10月31日・11月1日には、福井放送ラジオ、
福井テレビにゲスト生出演、FM福井での放送収録、
花らっきょ祭りでのライブ出演と、地元・福井での活動を広げている。
2008年11月8日には、東京・恵比寿で、初のワンマンライブ、
11月9日には、日比谷公園でのニッポン放送の例年イベント
「THE ラジオパーク2008」にライブ出演。
2008年12月3日(水)には、待望の1st album『潤 -jun- 』が全国発売となる。


人気blogランキングへ
グッド(上向き矢印)ココをクリックぴかぴか(新しい)
たくさんの方に応援いただいて、ずっと上位にさせていただいています。
少しでも共感したり、心に残ったなら、
応援クリックお願いしま〜す。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福井情報へ
にほんブログ村
グッド(上向き矢印)ココをクリックぴかぴか(新しい)
福井情報の応援もよろしくです。記事1094







posted by たつたつ・たつや at 22:17| ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

6月のライブ予定ナナ・イロ

たつやが初めてナナ・イロさんの歌を聴いたのは、
わずかに一年前のことでした。
東郷で行われたせせらぎコンサートです。

77DSC_9897.jpg

77DSC_9829.jpg

以来、大ファンになってしまい
彼女たちにお願いして自宅ライブ+石窯バーベキューを企画し、
それがきっかけで昨年11月にはナナ・イロ初ワンマンライブ
〜あ・り・が・と・う〜の実行委員長までしてしまいました。
ワンマンライブのポスターやチラシの撮影も、
そして初アルバム『雨のち晴れ』のジャケット撮影も、
光栄なことに、たつやがさせていただきました。

77DSC_5164.jpg

そういう関係の中で、今では、プライベートな
家族ぐるみのお付き合いもさせていただいています。

77DSC_0664.jpg

77IMG_7347.jpg

77DSC_4070.jpg

7月下旬にはナナ・イロの岩堀路子さんの
イラストと人形の個展・みっちゃん展』を
企画し、今準備を進めています。
会場はカンパネルラです。

77IMG_7337.jpg

77IMG_7335.jpg

グッド(上向き矢印)みっちゃん初トールペイント作品です^^
バッド(下向き矢印)みっちゃん作オリジナル人形です。

77DSC_1182.jpg

77DSC_1191.jpg 77DSC_1190.jpg

さて夏に向けて、ナナ・イロさんもいろんな場所で
ライブの予定が入っています。
たつやもいくつかのライブに行く予定をしていますが、
ココに代表的な今月のライブをご紹介します。

77IMG_7351.jpg

◆第60回全国植樹祭奥越会場「奥越まちなかグリーンフェスタ」
日時:6/7(日)9:30〜16:00(ナナ・イロ出演は13:30〜)
会場:越前おおの結ステーション他
※観覧無料
お問い合わせ:全国植樹祭奥越会場実行委員会事務局 
TEL:0779-66-1111

◆福井ケーブルテレビ presents「770916/ナナオクイロ」
日時:6/12(金)OPEN/18:00 START/18:30
会場:福井響のホール(福井まちなか文化施設/TEL:0776-30-0086)
チケット:前売¥2,000 当日¥2,500
(全席自由※お申込み順による入場となります)
出演:奥井亜紀/ナナ・イロ/
チケット発売日:4/25(土)※福井ケーブルテレビ 先行発売
お問い合わせ:福井ケーブルテレビ お客様センター 
TEL:0120-05-5710(9時〜21:30)/FAX:0776-53-7733 
mail:info-5ch@fctv.co.jp

◆響のホール5周年記念イベント「ROCK ON」
日時:6/13(土)open/13:30 start/14:00(ナナ・イロ出演は18:00頃〜)
会場:福井響のホール
チケット:料金1,000円(2DAYPASS)
お問い合わせ:福井響のホール(福井まちなか文化施設/TEL:0776-30-0086)

◆鯖江ナナイロ抽選セールライブ
日時:6/14(日) ミニライブ13:00〜 抽選会14:00〜
会場:市民ホールつつじ特設ステージ
※観覧無料 
お問い合わせ:鯖江市商店街連合会 TEL:0776-51-2800

詳しくはココ!http://www.jacobetty.com/nanairo/

ナナ・イロの音楽は生が一番いいです。
お時間がありましたら是非お出かけくださいね。


お待ちしています。

(福井県大好きさん風に^^;)

人気blogランキングへ
グッド(上向き矢印)ココをクリックぴかぴか(新しい)
たくさんの方に応援いただいて、ずっと上位にさせていただいています。
少しでも共感したり、心に残ったなら、
応援クリックお願いしま〜す。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福井情報へ
にほんブログ村
グッド(上向き矢印)ココをクリックぴかぴか(新しい)
福井情報の応援もよろしくです。記事1087
ラベル:ナナ・イロ
posted by たつたつ・たつや at 21:10| ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月30日

アットホームなライブ

DSC_na1320.jpg

ナナイロのファーストアルバム『雨のち晴れ』の発売を記念して、
アットホームな素敵なライブが開かれました。

福井市片町にあるアジトで、限定30人のライブです。
この店はナナイロあいちゃんの行きつけの店でもあります。

DSC_na1306.jpg

DSC_na1323.jpg

DSC_na1334.jpg

一番前の席はアーティストとその距離2m!
この日を楽しみにしていたナナイロあいちゃんの呑み友だちや、
ファンが遠くは名古屋からも集まりました。

DSC_na1346.jpg

新しいアルバムの曲を中心に、カバー曲も含めて
1時間たっぷりの演奏を披露してくれました。
ナナ・イロのライブは音楽だけでなく、
ふたりのトークや、お客さんとのやりとりも面白く、
あっという間に時間が過ぎてしまいました。

DSC_na1403.jpg

DSC_na1386.jpg

実はここのマスターはずっと前から
ナナ・イロの応援をしているのですが、
仕事で昨年11月のワンマンライブに来ることができませんでした。
そのことをすごく残念がっていたマスターに、
歌を届けたくて、あいちゃんが企画したライブでもありました。

DSC_na1417.jpg

DSC_na1437.jpg

ライブ終了後、ささやかな打ち上げ会が開かれ、
ナナ・イロのふたりも一緒になって、
飲んだり食べたり、お喋りしたり・・・
あ〜、楽しかったなぁ^^

DSC_na1420.jpg

DSC_na1441.jpg

Bar Agit(アジト)
福井県福井市順化1丁目10-15
0776-21-9980

今週末の4月5日(日)午後12時半から、
鯖江市嚮陽会館で丹南ケーブルテレビ10周年イベントで、
ナナ・イロさんのライブがありますよ〜。

人気blogランキングへ
グッド(上向き矢印)ココをクリックぴかぴか(新しい)
たくさんの方に応援いただいて、ずっと上位にさせていただいています。
少しでも共感したり、心に残ったなら、
応援クリックお願いしま〜す。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福井情報へ
にほんブログ村
福井情報の応援もよろしくです。記事1033
ラベル:ナナ・イロ
posted by たつたつ・たつや at 22:31| Comment(9) | TrackBack(0) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

文楽@鯖江市文化センター

いよいよ今週末、鯖江市文化センターにて、
人形浄瑠璃『文楽』鯖江公演が行われます。

たつやにとっては、文楽初体験なので、
今から心待ちにしています。
何と言っても、無形の世界遺産にまで登録される文楽を
地元、鯖江で楽しめることを幸せに思えます。
しかも演目が曽根崎心中
以前はフラメンコ曽根崎心中を体験していて、
物語りもよくわかっているので、余計楽しみにしています。

http://onmyojitatsuya.seesaa.net/article/39295831.html

syo_free.jpg ohatu_free.jpg

最近はいろんな方面で日本の伝統文化・芸能・歴史・風俗などに
興味をそそられています。
知れば知るほど深い日本のそれらについて、奥深さを痛感し、
その度に勉強しなくてはいけないと感じます。

市の文化課に確認したところ、A席がそこそこ残っているようです。
なかなか観れる機会は少ないでしょうから、
時間が合えば一度文楽体験はいかがですか?


@公演ポスター.jpg

2009年3月28日土曜日午後1時半会場 2時開演
鯖江市文化センター
演目:文楽の解説(大夫・三味線・人形)と体験コーナー
   曽根崎心中(生玉社前の段・天満屋の段・天神森の段)
お問い合わせ先
鯖江市教育委員会文化課
0778-53-2257


img214.jpg

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)より抜粋
文楽(ぶんらく)は、本来操り人形浄瑠璃専門の劇場の名である。
しかし、現在、文楽といえば一般に日本の伝統芸能である人形劇、
人形浄瑠璃(にんぎょうじょうるり)を指す代名詞的存在である。
文楽座の始まりは、淡路仮屋の初世植村文楽軒が
「西の浜の高津新地の席」という小屋を大坂高津橋南詰で建てて、
興行したのが始まりとされる。
重要無形文化財。
無形文化遺産保護条約に基づく
「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」に掲載されており、
2009年9月に予定される初の登録での
世界無形遺産への登録が事実上確定している。


人気blogランキングへ
グッド(上向き矢印)たくさんの方に応援いただいて、ずっと上位にさせていただいています。
少しでも共感したり、心に残ったなら、
応援クリックお願いしま〜す。

福井情報の応援もよろしくです。記事1025

ラベル:鯖江 日本の文化
posted by たつたつ・たつや at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

ナナ・イロライブ@TSUTAYA福井高柳店

福井を中心に活動をしている音楽ユニットナナ・イロさんの
待望のファーストアルバム『雨のち晴れ』発売を記念して、
福井市にあるTSUTAYA福井高柳店で、
昨日の日曜日インストアライブが開催されました。

DSC_9807.jpg 

DSC_9798.jpg

このアルバムには、2006年のめざうた土曜日で
全国から応募された全二千数百曲の中からグランプリを取って、
メジャーデビューのきっかけとなった「たからもののうた
関西テレビ・フジテレビ系(鬼嫁日記 いい湯だな)
の挿入歌「ブランケット」、
3枚目のシングルでの「ひとひかり」をはじめ、
新曲も含まれた全15曲が収録されています。
2500円税込み

DSC_9860.jpg

DSC_9857.jpg

DSC_9841.jpg

昨年の11月に行われたナナ・イロ初ワンマンライブに
関わらせていただいた時から、
本当にアルバムの発売を心待ちしていました。
なので、うれしくて仕方がありません。

ライブが始まる30分前に会場に到着して、びっくり!
な、なんと物凄い力の入れ様のナナ・イロ特設コーナー
これもTSUTAYA福井高柳店さんのご好意です。

DSC_9776.jpg

ライブに先立ち、ナナ・イロのみっちゃんが、
ライブの告知を電話を使って店内放送を担当します。
・・・本日はTSUTAYA福井高柳店にご来店くださいまして
ありがとうございます
。ペコリ
この後、電話の受話器を持ちながら、壁に向かって
何度も頭を下げているみっちゃんです^^

DSC_9784.jpg

この日のライブとCDを求めるお客さん、
それにたまたまお店に来られているお客さんが、
たくさん集まってきます。
ライブは終始あたたかい会場の雰囲気と、
店内の音響としては最高の仕上がりの音、
それにやっぱりふたりの生の声と演奏が、重なりあって、
とても素敵なライブとなりました。
アルバムの中に収録されている5曲を披露してくれました。
何度聞いてもナナ・イロさんの生歌はいいですね♪

DSC_9909.jpg

DSC_9914.jpg

DSC_9951.jpg

DSC_9948.jpg

ライブ終了後のサイン会にもたくさんの人が列を作り、
発売されたばかりの『雨のち晴れ』を買い求めていました。

DSC_9961.jpg

引き続き、TSUTAYATSUTAYA福井高柳店・TSUTAYA春江店
・文明堂書店神明店・文明堂TSUTAYA若杉店
で販売していますので、
ナナ・イロファンの方もこれから応援しようと思われる方も、
是非是非買って聞いてくださいね〜♪
尚、当店カンパネルラでも販売いたしておりま〜す^^


DSC_9818.jpg

人気blogランキングへ
グッド(上向き矢印)たくさんの方に応援いただいて、ずっと上位にさせていただいています。
少しでも共感したり、心に残ったなら、
応援クリックお願いしま〜す。

福井情報の応援もよろしくです。記事1022

posted by たつたつ・たつや at 22:48| Comment(6) | TrackBack(0) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

ナナ・イロアルバム発売ライブ

たつやが応援している福井在住の音楽ユニット
ナナ・イロさんの待望の初アルバム『雨のち晴れ』は、
いよいよ今週末の3月15日発売になります。

nanairo jaket3.jpg

そのアルバム発売を記念して、当日福井市のTSUTAYA福井高柳店で、
インストアライブをすることになりました。
発売ほやほやのアルバムをゲットできるばかりか、
そこで生演奏を聞くことが出来て、
しかもサイン会と握手会があるということで、
今からたつやも楽しみにしています。
ライブは午後1時〜

DSC_9465.jpg

それに今回はアルバムのジャケット撮影を
たつやが担当させていただいたばかりか、
アルバム発売のポスターとチラシを当社で印刷しました。
たまには自社PRさせてくださいね^^
合資会社 藤田印刷所
福井県鯖江市有定町1-1-29
0778-51-2805
fujitapt@si.ttn.ne.jp

DSC_9462.jpg

DSC_9453.jpg

最近ではナナ・イロのおふたりとは、
家族ぐるみのお付き合いもいただいて、
時々プライベートでカンパネルラにもお見えになります^^

DSC_9052.jpg

いろいろ考えてみると、
たつやがブログをやっていて、
それをナナイロのあいちゃんが見て、
連絡をもらったのが最初のきっかけでした。

以来1年も経っていないのに、
ワンマンライブの企画・運営をさせていただいたり、
撮影を担当させてもらったりと、
大きな縁があった出会いだったと思います。
こんな出会いもブログをしていたからこそ・・・。
最近は特に影響が大きいように感じています。

DSC_7401.jpg

ナナ・イロファーストアルバム『雨のち晴れ』
全15曲たっぷり入って、2500円です。
TSUTAYA福井高柳店・文明堂TSUTAYA若杉店
・TSUTAYA春江店・文明堂書店神明店他、
ナナイロ応援店にて3月15日発売です。


カンパネルラでも扱いますので、
是非、買ってくださいね〜。
福井のミュージシャンを応援しましょ♪


詳しくはナナ・イロさんのホームページで確認してね^^
http://www.jacobetty.com/nanairo/

DSC_8997.jpg

DSC_7436.jpg

ナナ・イロのみっちゃんは、音楽は勿論、
イラストの才能だけでなく、
こんな立体の人形まで作ってしまうアーティストなんです。
夏までにはカンパネルラでみっちゃんこと岩堀路子さんの
小さな個展を開催する予定なので、
またお知らせいたしま〜す。

DSC_8990.jpg

人気blogランキングへ
グッド(上向き矢印)たくさんの方に応援いただいて、ずっと上位にさせていただいています。
ちょっとでも心に残ったなら応援クリックお願いしま〜す。

福井情報の応援もよろしくです。記事1018
ラベル:ナナ・イロ
posted by たつたつ・たつや at 23:57| Comment(8) | TrackBack(0) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

ナナ・イロ初アルバム発売決定!

DSC_7769.jpg

雨のち晴れ
ナナ・イロのファーストアルバムのタイトルです。
なんかナナ・イロらしい素敵な言葉になりましたね。

発売は3月15日
なんと15曲も入っていて2500円!


DSC_7845.jpg

もうナナ・イロファンのたつやとしては待ち遠しい限りなのですが、
今回のアルバムのジャケット写真は
縁あってたつやが担当させていただくこととなりました。
本当に光栄なことです。

DSC_7585.jpg

撮影場所はかなり考えたのですが、
あいちゃんが行ってみたいと言ってた
今庄の雑貨店『ゲノム』さんにしました。
環境抜群の自然に囲まれていて、
しかも色とりどりの雑貨は絵的に面白いと考えました。

IMG_6940.jpg

但し前日まで天気予報は雨…。
だけど雨なら雨で店内でもいいし、
場合によっては傘を差してもいいかな?
ワンマンライブの告知用印刷物に撮った時は、
まさに雨のち晴れというお天気で、
傘を差したふたりはとても絵になったからです


00001.jpg

さて、当日の朝早くは雨もぱらついていましたが、
徐々に雲が切れまさにタイトル通り雨のち晴れになりました。
撮影を快く引き受けていただいたゲノムのマスターが
笑顔で出迎えてくれました。

DSC_7665.jpg

店内だけでなく、晴れ間の差した清々しい外でも
いろんなアングルで撮影したのですが、
何と、外に七色のハンモックがひらめき
これはとってもいい感じになると直感しました。

DSC_7738.jpg

それから、みっちゃんが作った紙粘土の人形の撮影です。
彼女が絵の才能をあることはわかっているのですが、
まさかこんな立体的な人形まで作ってしまうとは驚きです。
彼女自身も初めて制作したとのことですが、
その精密さと絵に通じる何とも言えない可愛さが溢れています。

撮影時間は限られていて、
もう少し撮りたい感じもしましたが、
いい感じの写真が何枚か撮ることが出来ました。

撮影帰りにお昼を食べに、
武生のヨコガワ分店へ!
あいちゃんはボルガライス
みっちゃんは、オムライス+ハンバーグのセット。
ふたりとも初めてのヨコガワ分店に大感激していました。

DSC_7967.jpg

アルバムはナナ・イロのライブ会場や、
県内のいくつかのCDショップや協力店
カンパネルラでも販売予定、買ってね〜^^
インターネット販売などで、入手が可能です。

絶対にお奨めなアルバムです。
ナナ・イロファンはもちろん、
そうでない方にも是非聞いて欲しいと思います。

DSC_7406.jpg

撮影のときのナナ・イロさんのブログです。
http://yaplog.jp/ai-7716-ai/archive/2166

同じくゲノムさんのブログです。
http://www.kuchikomimap.com/10314/archives/0036690.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何人もの方から父のことを気にかけていただき、
本当にありがとうございました。
おかげさまで、手術は無事成功しました。
後は、日一日と快復することを祈っています。


人気blogランキングへ
グッド(上向き矢印)たくさんの方に応援いただいて、ずっと上位にさせていただいています。
ちょっとでも心に残ったならクリックしてくださいね。

福井情報の応援もよろしくです。記事1002
ラベル:ナナ・イロ
posted by たつたつ・たつや at 23:53| Comment(8) | TrackBack(0) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

Lara Fabian

1000回記念・陰陽師たつやプレゼンツ



7年ほど前にたつやの父が凄いシンガーがいる!
と見せてくれたビデオがあった。
圧倒的な歌声や、表現力、
それにブレスさえ音にしてしまう音楽性。
一瞬にして引き込まれてしまった。

父は日本では発売されていないCDをネット通販で買ったり、
DVDを買ったりしてこの素晴らしい歌姫を楽しんでいる。
今ではたつやもすっかりLara Fabianララ・ファビアン)に
魅せられてしまいました。

明日、その父が手術です。
成功を祈っています。

親父、頑張って!

記事1001
posted by たつたつ・たつや at 23:25| Comment(16) | TrackBack(0) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

ナナ・イロ@丸岡・竹田

たつやにとって今年の初ナナ・イロライブは
今日2月1日の丸岡竹田雪祭りだった。

例年ならば丸岡から竹田に向かうと
どんどん雪が増えて、やがて完全な冬景色となるのに、
今年は暖冬(温暖化で暖冬が当たり前になってるが)のせいか
雨が降っていて竹田についても雪はほとんどなかった。

たつやの目的はもちろんナナ・イロさんのライブなのだが、
お昼前ということもあって、まずは何か食べたい!
駐車場から会場に着くまでにハシマキ、無料で振る舞っていた豚汁2杯、
温かい蕎麦、揚げたてコロッケを(^^;

DSC_7079.jpg

会場にはテント屋台に混じって
軽トラに満載された土着きの朝採れ大根が並んでいた。
良く見ると2本100円という破格値!
立派な大根なので、買おうとしたら
3本で100円でいいよ〜」と言って3本入れてくれた。
うれしくてもう100円払ったら、
少しカタチが悪いからとか二股になってるからと言って、
全部で9本も入れてくれた

DSC_7084.jpg

さすがに大根9本持ってライブを聞く訳にもいかず、
おじさんに預かってもらい、体育館へ入った。

DSC_7164.jpg

ナナ・イロさんのライブはブランケットから始まって、
たつやの大好きな「エス」や初めて聞いた「ダンテ」などを
歌い、アンコールで「ハッピーゴーラッキー」で締め括った。
いつも思うことだけど、あいちゃんの心に沁みる歌声。
それにみっちゃんのギターとコーラスが絶妙に合わさって
ナナイロの音楽を形成している。
ギターを弾いている時のみっちゃんはおしゃべりしている時と、
全然違っていて、あのリズム感や体全体で表現するノリノリの感じが、
とってもカッコイイ!

DSC_7136.jpg

DSC_7124.jpg

ライブは時間も短かったし、会場がライブだけでなく、
販売や展示コーナーもあったため、全体に騒がしく、
じっくり音楽を楽しむには、ちょっと残念なところもあったが、
それでも久しぶりに聞くふたりの生の演奏には、
心を温めてもらうことができました。

DSC_7182.jpg

DSC_7199.jpg

DSC_27242.jpg

もっともうれしかったのは、
待望の初アルバムがいよいよ発売が決まったこと!
なんと15曲も入っているのだとか。
今までのシングルも入るし、これは本当に待ち遠しい限りです。
3月中旬以降、ライブ会場や県内のCDショップ、
インターネット通販で買うことが出来るそうです。

できれば、カンパネルラにも置いて、販売したいと考えています。

DSC_7095.jpg

DSC_7233.jpg

人気blogランキングへ
グッド(上向き矢印)せっかくここまで見てくださったのなら、
ついでに応援クリックをお願いしま〜すぴかぴか(新しい)
いつもありがとうございます。
もう少しランキングに付き合ってくださいね晴れ

福井情報の応援もよろしくです。記事994


ラベル:ナナ・イロ
posted by たつたつ・たつや at 23:58| Comment(8) | TrackBack(0) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

ナナ・イロワンマンライブまでの軌跡

11月2日に鯖江市文化センターでのナナ・イロ初ワンマンライブ
〜あ・り・が・と・う〜 から、早、一ヶ月半が経過した。
今になって思い出してみると、自分のことながら
かなり大変だったのだろうという客観的な見方が出来る。
実行委員会の記録と、今後またこういうイベントを
企画することがあれば参考になると思い、ブログに残すことにした。

この日はたつやはほとんど写真は撮れませんでしたので、
記録をお願いしましたぐっつあんとガッツさんの写真を掲載します。


DSC_4738i.jpg

DSC_4698i.jpg

nanairo1102-1142.jpg

8月
私案を練る→数人の友人に相談。
ナナ・イロさんに私案提案
ナナ・イロ所属事務所と連絡、電話打ち合わせ
会場探しと選定
時期の選定
会場のスケジュール確認
収支予算案作成
売上方法試案
スポンサー企業探し
チケット料金設定


nanairo1102-1277.jpg

nanairo1102-1278.jpg

実行委員会声かけ
チケット販売計画
後援依頼→福井新聞社、福井テレビ、FM福井、たんなんFM
共催依頼→コンフォートさばえ
実行委員会、友人、スポンサー企業にチケット販売依頼
音響業者見積もり
照明業者見積もり
舞台装飾見積もり
看板発注
ナナ・イロさんライブ広報用写真撮影


nanairo1102-1275.jpg

nanairo1102-1230.jpg

9月
スポンサー企業広告原稿依頼
印刷関係デザイン発注
チラシ作成(原案→手直し→校正→手直し→校正→印刷)
ポスター作成(原案→手直し→校正→手直し→校正→印刷)
チケット作成(原案→手直し→校正→手直し→校正→印刷)
チラシ・ポスター・チケットなど配布
チケット販売
ブログ告知
ポストカード作成(原案→手直し→校正→手直し→校正→印刷)
プレイガイドチケット配布
ナナイロオリジナルグッズのデザインと試作


nanairo1102-1223.jpg

DSC_4752i.jpg

DSC_4814i.jpg

10月
グッズの決定、製作発注
(キーホルダー、ストラップ、ステッカー)
新聞広告ぷりん掲載依頼
鯖江市文化センター視察
各マスコミパブリシティ依頼
(福井新聞社・日刊県民福井・福井テレビ・FBC福井放送・
FM福井・ウララ・ファミール・ふぅ・フーディー等)
チケット中間集計
銀行口座作り


nanairo1102-1205.jpg

nanairo1102-1270.jpg

随時、集金
ミラクルエレファンツ試合会場でのPR
合唱団うたうたとの打ち合わせ
福井市倫理法人会でのミニライブとPR
音響業者決定
照明業者決定
舞台装飾業者決定
花束、舞台花依頼
スライドショー写真選定
スライドショー音楽選定
スライドショー作成依頼


nanairo1102-1313.jpg

nanairo1102-1303.jpg

音響、照明業者との打ち合わせ
ステージ関連打ち合わせ
アンケート作成
アンケート用鉛筆発注
プレイガイドチケット回収・集金
ネオンブレスレット発注
陰アナ原稿作成
当日プログラム原案作成
お世話になった方、企業のリストアップ
チケット中間集計


nanairo1102-1315.jpg

nanairo1102-1355.jpg

11月
新聞広告ぷりん掲載満席御礼
実行委員メンバー、友人に当日お手伝い依頼
当日スタッフ用昼弁当手配
当日スタッフ用夕食手配
当日スタッフ用飲み物手配
当日カフェのパン依頼
当日カフェ飲み物依頼
販売コーナーPOP製作
席をつめてお座りくださいチラシ作成
チケット最終集計
プログラム作成
市民のチカラチラシ作成
さばえワンナイトフェスティバルチラシ作成
プログラムにチラシ挟み込み


DSC_4768i.jpg

nanairo1102-1434.jpg

各業者支払い
各関係者お礼
会計〆切
会計報告


12月
打ち上げ
ブログ報告

DSC_4830i.jpg

DSC_4850i.jpg

ああ〜、それにしても感動的なステージだったなぁハートたち(複数ハート)
こんな素敵なイベントに関わることが出来た幸せに感謝です。
ありがとうぴかぴか(新しい)で始まって、ありがとうぴかぴか(新しい)に終わった
ナナ・イロのワンマンライブでした。


人気blogランキングへ
グッド(上向き矢印)せっかくここまで見てくださったのなら、
ついでに応援クリックをお願いしま〜すぴかぴか(新しい)
いつもありがとうございます。
もう少しランキングに付き合ってくださいね晴れ

福井情報の応援もよろしくです。記事964
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

posted by たつたつ・たつや at 21:24| Comment(5) | TrackBack(0) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

PETA LIVE @ Katsuyama

勝山おさんぽカメラ部の一員であるたつや。
部長のぐっつあんの人柄が少しと、
若くてかわいい女の子が多いという大部分の理由で、
仲間に入れてもらったのだが・・・。
彼らは、勝山のまちづくりを楽しみながら
いろんな企画をたてているのだが、そのひとつとして、
音楽を通したプログラムがあって、
今回『あなたに”音の陽だまり”届けます』という
素敵なタイトルのPETA LIVE in KATSUYAMA 2nd story
に一観客として行ってきた。

DSC_5977.jpg

またこの企画をしている実行委員会が、
陽だまりカフェという素敵なネーミング。
オシャレな手作りのパンフレットのデザインセンスもいいし、
これは部長だけでは絶対に出来ない感性だと思った。

DSC_5923.jpg

DSC_5925.jpg

さてペータさんというシンガーのことは、
以前にぐっつあんが書いていたブログ
http://sanphoto.blog88.fc2.com/で見ただけで、
音楽を聴くのは、初めてのことだ。

DSC_5946.jpg

DSC_5911.jpg

場所は勝山市の厨ぼうず(ちゅうぼうず)
結構広いお店で、入り口から左手が、カウンターと
テーブル席がいくつかあって、
右奥が広い座敷になっていて、ライブはそのスペースで行われた。

DSC_5906.jpg

じっくりゆっくり音楽を楽しんで欲しいということで、
今回のライブは定員が25人というアットホームなライブだ。
たつやが中に入った時は、一番前だけが空いていて、
う〜ん、不思議?ライブはカブリツキが一番いいのにぃ
ペータさんとの距離150cm@@;

DSC_5956.jpg

最初に登場した時に、以前ブログで北海道のタマネギを作っている
富良野の親友のことを書いたが、
どことなく彼に似ていて、勝手に親近感を持ってしまった。
ペータさんの年齢がたつやと同じということもあって
前日に実行委員会と飲んだペータさんは、
今回のライブの曲のほとんどがその飲み会で、
メンバーからリクエストを受けて決めたらしい。
勝山でも2回目だし、今年は武生でもライブをしたとのことで、
彼と主催者の温かい友情を感じることが出来た。

DSC_5963.jpg

イラク戦争のことを歌ったハンティングムーンという曲や、
ダンスダンス、君と僕の手、などはとっても心に残った。
ペータさんは、全国各地を回ってライブ活動をしていて、
今年だけでも110回以上行っている。
途中で厨ぼうずさんのスイーツと飲み物での休憩を挟み、
2時間以上のライブを楽しませてもらった。

DSC_5949.jpg

歌もギターもMC(親父ギャグあり)も十分に楽しんで、
年末のいい一日となりました。
陽だまりカフェのメンバーの方、お疲れさまでした。
そしてありがとうございました。


DSC_6186.jpg
↑ガッツさん撮影(勝手に盗用?^^;)

ライブでの写真は主催された陽だまりカフェの方の許可を得て、
掲載させていただいています。

ペータさんの公式ホームページです。
http://www.petahouse.com/

人気blogランキングへ
グッド(上向き矢印)せっかくここまで見てくださったのなら、
ついでに応援クリックをお願いしま〜すぴかぴか(新しい)
いつもありがとうございます。
もう少しランキングに付き合ってくださいね晴れ

福井情報の応援もよろしくです。記事963
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ラベル:ライブ 勝山市
posted by たつたつ・たつや at 21:49| Comment(4) | TrackBack(0) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

フラメンコ曽根崎心中@横須賀

一週間ほど前に鯖江市役所へ行ったときにUさんからこんな話を聞いた。
フラメンコ曽根崎心中が来週の土曜日に横須賀であるんやけど、
生オケでやるのは最後かもしれんのやと


え〜!ホントかぁ、あれは音楽が生やでいいんやがの〜

帰りのクルマの中で、横須賀行きがよぎった。

img152.jpg

フラメンコ曽根崎心中は平成17年の9月に
鯖江市文化センターで上演されたときに
たつやは実行委員会に所属していた。

以来、たつやは主演の鍵田真由美さん、佐藤浩之さんご夫妻
九平次役の矢野吉峰さんのファンとなってしまった。

そして昨年は福井市に於いて、昼夜二回の公演を行い、
感動の渦に包まれたことは、まだ記憶に新しい。
その時にはリハーサルでの撮影と、
このブログでの掲載を許可いただく栄誉をちょうだいした。

http://onmyojitatsuya.seesaa.net/article/48048131.html
http://onmyojitatsuya.seesaa.net/article/48251346.html

先週、佐藤さんにメールで問い合わせたが、
残念ながら劇団側でのチケットは完売とのことで、
横須賀行きはほとんど諦めていた。

DSC_4976.jpg

ところが公演前日の夜遅くに
ミクシーの九平次さんのコミュニティを覗いていたら、
とある東京の方が
チケットが一枚余っていて、どなたか行きたい方はいませんか?」
と書いてあるのを見つけた。

もうなくなっただろうな、
と思いながらもメッセージを送ったら、
まだあるという返事をすぐにいただいた。

という訳で、急遽土曜日の午後、横須賀へ向けて出発しました。
愛車のマツダのキャロルに乗って。

片道530km。
フラメンコ曽根崎心中を見るのは4回目。
S席7500円だけど、それに十二分に見合う舞台だった。
それにしても何度見ても、出演者の表現力が
回を重ねる度に進化していくことに驚かされる。
台詞のない世界で、踊りと表情だけで、
空気さえ空間さえ変えていく。
音楽がプラスされると、
そのうち時間の概念さえ変わってしまう。
本当にお初や徳兵衛、九平次の霊が降りているのでは?

この公演で一区切りということもあってか
カーテンコールも何度も何度も繰り返され、
観客と一緒になって感動の渦に巻き込まれていた。

DSC_4975.jpg

終演後、楽屋を訪ねたたつやを見て、
本当に来てくれたんですか?」佐藤さん談、
あら〜こんなとこまで来ちゃって(^^;」九平次さん談、
たつやさん、遠くからありがとうございます」鍵田さん談
などと、貴重な時間をさいて言葉をかけてくださいました。

DSC_4972.jpg

鯖江ではもうお馴染みになりました琵琶の黒田月水さんです。

DSC_4973.jpg

DSC_4968.jpg

阿木さんと鍵田さんが抱き合って、
涙していたシーンが、印象的でした。

DSC_4966.jpg

またいつかこの公演が再開されたら、
絶対に行こうと思っています。

DSC_4970.jpg

本当に魂の根底から揺さぶられた「フラメンコ曽根崎心中
出演者、音楽家、この舞台に関わったすべての方に感謝しています。
ありがとうございます。

DSC_4962.jpg

それから東京のめめさん、チケットありがとうございました。
おかげで幸せな時間を過ごさせていただきました。

人気blogランキングへ
グッド(上向き矢印)せっかくここまで見てくださったのなら、
ついでに応援クリックをお願いしま〜すぴかぴか(新しい)
二日間、サボっていたら3位になっちゃいましたあせあせ(飛び散る汗)

福井情報の応援もよろしくです。記事934
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

posted by たつたつ・たつや at 22:07| Comment(6) | TrackBack(0) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

SABAE ONENIGHT FESTIVAL

DSC_4692.jpg

先日の日曜日は、誠市・ご縁市に加えて、
仁愛大学の学生さんたちが企画した
SABAE ONENIGHT FESTIVAL 2008が開催されました。

これは県が主催した学生によるまちづくりプランに応募した
仁愛大学の学生さんの企画案が優秀賞を取り、
その助成金を元に実施されました。
最初企画段階では学生中心の実行委員会で
企画・運営していく予定でしたが、
慣れないイベントに悪戦苦闘している彼らに、
私たち誠市実行委員会やご縁市実行委員会、
それに商工会議所、鯖江市が応援するカタチとなりました。

DSC_4741.jpg

たつやは、ナナ・イロワンマンライブを企画したということで、
知らず知らずのうちにライブ担当になっていました。
当初の予定より出演バンドが増えたことや、
PAの準備時間やリハーサルの時間が
あまりにも少ないことが直前になってわかる、
と言ったことを知り、かなり焦ります。
幸い仁愛大学のライブ担当の女の子←カワイイハートたち(複数ハート)
が一生懸命に頑張ってくれて、何とか成功と相成りました。

IMG_0163.jpg

DSC_4729.jpg

他にもたくさんのナイトマーケットの屋台や、
県内学生のイケメン、美女を決めるキャンパスコンテストが開催され、
寒い一日でしたが、鯖江は終日熱い一日となりました。

最近の鯖江は学生がいろんな企画を立て実行しています。
若い力が街を動か原点になると思います。


DSC_4767.jpg

DSC_4762.jpg

ナナ・イロさんはまさに鯖江特別強化月間?
と思われるくらい鯖江でのライブが続きました。
10月25日鯖江市文化センターでの一途とのチャリティライブ
11月2日同じ場所での初ワンマンライブ〜あ・り・が・と・う〜
11月8日鯖江市民活動交流センターにて 
「市民のチカラ2008」でのライブとパネルディスカッション、交流会に参加
11月9日SABAE ONENIGHT FESTIVAL 2008にライブ出演

DSC_4775.jpg

鯖江のIT企業ウォンツさんの3兄妹ユニット一途さん。
それぞれ3人にサインを入れていただきました^^


たまには会社PRなどを♪

ちょっとうれしいことがありました。
ナナ・イロさんのPRポスターの印刷を彼女たちが所属する
よしもとアールアンドシーさんから発注を受けました^^
ありがとうございます。

最近はパソコンにて年賀状を作る方が多いようですが、
時間がない方やたくさん年賀状を出す方は、
やっぱりプロの印刷屋さんに出すのが一番です。
当、藤田印刷所でもオリジナルの年賀状から、
一般の年賀状まで幅広く対応しています。
お気軽にご相談くださいませ。
ブログを見て下さった方は20%割引させていただきます。


人気blogランキングへ
グッド(上向き矢印)せっかくここまで見てくださったのなら、ついでに応援クリックをお願いしま〜すぴかぴか(新しい)
福井情報の応援もよろしくです。記事929
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by たつたつ・たつや at 23:19| Comment(7) | TrackBack(0) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月08日

ナナイロライブ@市民のチカラ

DSC_4566.jpg

simin01.jpg

市民のチカラ2008
今日、鯖江市民活動交流センターにて行われました。

これは、市民活動を行っている団体が
日頃の活動をお互いに知ってもらったり、
新たに市民活動に興味を持ってもらえるように
地域の方に知ってもらおうという趣旨で行いました。

DSC_4478.jpg

第一部はナナイロさんのライブ

DSC_4544.jpg

DSC_4490.jpg

simin03.jpg

simin04.jpg

第二部はパネルディスカッションを行い、
パネラーとして、市民活動をしている団体の代表の方3名と
ライブを終えたナナイロのおふたりにも登場してもらい、
コーディネーターはわたくし、たつやがさせていただきました。
なので写真はありません・・・

最初はとりあえず、ちゃんと進行していたのですが、
途中でちょっと引っかかってしまい、
ハイ、ここでナナイロさん、ちょっとつないでくださいがく〜(落胆した顔)
なんて、言って助けてもらったりもしました。

DSC_4558.jpg

ですが、100人以上の方が集まってくれて、
今までとはちょっと違った温かい雰囲気の中で、
楽しく運営ができたと思っています。
これもナナイロ効果ですね^^

DSC_4579.jpg

DSC_4581.jpg

人気blogランキングへ
グッド(上向き矢印)せっかくここまで見てくださったのなら、ついでに応援クリックをお願いしま〜すぴかぴか(新しい)
福井情報の応援もよろしくです。記事926
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by たつたつ・たつや at 23:54| Comment(9) | TrackBack(0) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月07日

ナナイロライブの舞台裏2

DSC_4273.jpg

DSC_4291.jpg

DSC_4312.jpg

この日、たつやはやっぱり興奮状態でした。
ある意味このライブでの総責任者だったから、
どこか一箇所に集中することが出来ませんでした。

本当は、彼女たちのライブをじっくり聴きたいがために
企画したはずだったのですが、
あちこちに気を配わざるを得ない状況で、
全体の流れを気にしていて、
どうしても落ち着いて音楽を聴くことができなかったな、
と今になって感じています。


DSC_4234.jpg

DSC_4217.jpg

でも、こうして数日が経って、
写真を見たり、当日のアンケートの内容を見せてもらったり、
いろんなブログやミクシーの日記を見てると、
じんわりライブの感動がやってくるのです。


DSC_4220.jpg

DSC_4219.jpg

たくさんの友人たちが、会場のデコレーション、
チケットのも切り、チラシの挟み込み、プログラムの手渡し、
グッズの販売、カフェの運営、光るブレスレットの準備と手渡し、
ステージの袖での誘導、会場のドア係り、会場案内係り、
影アナウンス、スライドショーの運営などなど、
をお手伝いしてくださいました。
みんなチケットを買っていただいたにも関わらず、
一生懸命、でもきっと楽しみながら運営してくださったと思います。


DSC_4321.jpg

ライブの感動も、そして運営した感動も、お客さんからの感動も、
全部含めて、みんなのタカラモノになったと思っています。


DSC_4356.jpg

DSC_4370.jpg

DSC_4384.jpg

DSC_4387.jpg

何度も書いていますが、
ナナイロさんにありがとう!
ミュージシャンさんにありがとう!
うたうたさんにありがとう!
スタッフさんにありがとう!
コンフォートさばえさんありがとう!
来てくださったお客様にありがとう!
応援してくれた企業・個人の方ありがとう!
そして我が家族と日頃からお付き合いくださる友人たちにありがとう!

ありがとうってホントにいい言葉です。

人気blogランキングへ
グッド(上向き矢印)せっかくここまで見てくださったのなら、ついでに応援クリックをお願いしま〜すぴかぴか(新しい)
福井情報の応援もよろしくです。記事924
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




ラベル:ナナ・イロ
posted by たつたつ・たつや at 00:46| Comment(1) | TrackBack(0) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

ナナ・イロライブの舞台裏1

DSC_4093.jpg

2日に行われましたナナ・イロ初ワンマンライブ
〜あ・り・が・と・う〜は、
本当にたくさんの方に良かったぁ!と言っていただきました。
アンケートを書いてくださったお客様が、
50%以上というのも驚きがく〜(落胆した顔)です。

DSC_4045.jpg

ライブ終了して一日・二日と経っても、
毎日何通ものメールやお電話をいただきます。

ライブ良かったわ〜
誘ってもらってありがとう!
あんなに心温まるライブって初めて
初めて聞いたけど、良かったね、
これから私もナナ・イロのファンになります・・・
などなど。

こうして喜んでいただけるライブを企画できたのは、
人間冥利に尽きますわーい(嬉しい顔)

DSC_4076.jpg

DSC_4075.jpg

今夜は本番前の写真を紹介しま〜す。

午後一から入念なリハーサルが行われました。
いろんな準備もどんどん進みます。


DSC_4051.jpg

DSC_4176.jpg

お昼は、ちゃ〜んと食べなくっちゃ!
以前に商工会議所でのお弁当で感動した
たいぞう」さんのヘルシー弁当を頼んでみました。
ナナ・イロのふたりも、音響スタッフさんからも、
お昼から手伝ってくれたスタッフさんからも、
大好評グッド(上向き矢印)でした。

DSC_4048.jpg

DSC_4190.jpg

DSC_4147.jpg

たからもののうたを歌う合唱団うたうたさんもリハーサルです。

DSC_4215.jpg

花を愛でるおーちゃん^^ ん?匂いを嗅いでるのかな?

DSC_4081.jpg

関連ブログ
http://yaplog.jp/ai-7716-ai/
http://blog.goo.ne.jp/kaooden/e/a0435c988703ba9a3b59f8c7784372bc
http://2430bungu.blogspot.com/2008/11/blog-post_04.html

人気blogランキングへ
グッド(上向き矢印)せっかくここまで見てくださったのなら、ついでに応援クリックをお願いしま〜すあせあせ(飛び散る汗)
またまたあの人がやってきましたぁあせあせ(飛び散る汗)

福井情報の応援もよろしくです。記事921
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




posted by たつたつ・たつや at 23:37| Comment(14) | TrackBack(0) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

万雷の拍手の中で

08110201.jpg

08110202.jpg

DSC_4224.jpg

鳴り止まぬ万雷の拍手の中で、
スタンディングオベーションの中で、
そして、光輝くステージのスポットライトの中で、
ナナ・イロは本当に輝いていた。


DSC_4306.jpg

08110203.jpg

ふたりの顔を見れば、「いかに素敵なライブか」わかります。

08110204.jpg

うつみあい
岩堀路子

このふたりのありがとうの思いが、
ひとりひとりのお客さんの心の中に届いた瞬間、
全員が立ち上がり、惜しみない拍手を贈る。


DSC_4375.jpg

DSC_4351.jpg

心と心が通い合い、アーティストとお客さんが一体となり、
会場がひとつになったのを、強く感じたステージでした。
ふたりが見送る出口では、誰もが笑顔で会場を後にする姿を見て、
本当にこのライブを企画したことを、心底良かったと思えました。


DSC_4380.jpg

DSC_4382.jpg

実行委員会のメンバーの方、
当日のお手伝いを快く引き受けてくださった方、
スポンサーになっていただいた企業や
チケット売りを手伝っていただいた個人・企業・団体さま、
当日、チケットを買って、会場に足を運んでくださった方、
そして何よりこんな感動を与えてくれた
ナナイロの二人に感謝しています。


このファーストワンマンライブ 〜あ・り・が・と・う〜
は、ふたりから皆へのありがとうと、
皆からナナイロへのありがとうのふたつの意味があったんですね。


人気blogランキングへ
グッド(上向き矢印)せっかくここまで見てくださったのなら、ついでに応援クリックをお願いしま〜すあせあせ(飛び散る汗)
またまたあの人がやってきましたぁあせあせ(飛び散る汗)

福井情報の応援もよろしくです。記事920
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



posted by たつたつ・たつや at 22:48| Comment(9) | TrackBack(0) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月30日

ナナ・イロいろいろグッズ

3日後に迫ったナナ・イロ初ワンマンライブ
〜あ・り・が・と・う〜 

ngs06.jpg

準備に毎日追われていますが、
毎日が充実していて、程よい緊張感が心地良い感じです。

こういう時は特に、家業が印刷屋であることを、
とてもありがたく思います。
イベントをするには、かならず印刷物がツキモノですから。
今回のライブは、当たり前ですが、たつやが企画の責任者なので、
ナナ・イロさんや他の実行委員の方と相談しながら、
チラシ・ポスター・チケット・ポストカードを作成しました。
当日使うPOPや案内関係のポスターも作っています。
そして当日のプログラムの校正を今、やっています。


ngs01.jpg
 
当日のライブでしか販売しない限定ステッカー200枚
も出来上がりました。

ngs02.jpg

そして、ハートたち(複数ハート)めちゃめちゃカワイイオリジナルグッズハートたち(複数ハート)
今日、出来上がってきました。
これもライブ限定発売で、キーホルダー100個、
携帯ストラップ100個、キューブ型ストラップ100個
です。

ngs07.jpg

ngs04.jpg

ngs05.jpg

いずれもナナ・イロのメンバーみちこさんが描いたイラストを、
使って作っています。
しかも作成してくれたのも、実行委員のメンバーさんです。
本当はもっと作成したかったのですが、
予算の関係上、これだけの売り切りにすることにしました。

ngs08.jpg

ngs03.jpg

当日来られる方は、是非お買い求めくださいね〜^^

それから、たつやのブログに掲載した写真を使ったスライドショーを、
開演前と休憩時間に行います。
自分でもいい感じに仕上がったな〜と思っています。


それともうひとつ。
ロビーにお花を飾るのですが、
その花を乗せる台はたつやが作ったものなんです。
ピアノのカタチをした花台です。
随分前に作って置く場所に困り、
階段の踊り場にずっと置きっ放しになっていたのですが、
数年の時を経て、ようやく陽の目を浴びることになりそうです。

img150.jpg

今になって考えれば、
この時のために作ったのかもしれません。


人気blogランキングへ
グッド(上向き矢印)せっかくここまで見てくださったのなら、ついでに応援クリックをお願いしま〜すあせあせ(飛び散る汗)
またまたあの人がやってきましたぁあせあせ(飛び散る汗)

福井情報の応援もよろしくです。記事918
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ラベル:ナナ・イロ
posted by たつたつ・たつや at 22:38| Comment(6) | TrackBack(0) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

一途・ナナイロチャリティーライブ

3ヶ月前に、ナナ・イロワンマンライブをやろう!と決めた時に、
会場だけ決まっていて、日時がまだ確定していなかった。
年内、できれば秋口にやりたいと思っていて、
ナナ・イロさんのスケジュールと会場の空き具合を考えて、
11月2日の日曜日に決めたのだが、
後になって、つい近いスケジュールで、
別の企画のチャリティライブイベントに
ナナ・イロさんのオファーがあることを知った。

そして昨日、そのチャリティイベントが行われた。

DSC_3729.jpg

子どもとおとなで一緒に作る、新しい教育と笑顔の未来
生きる証を探そう」チャリティーセミナー&コンサート

DSC_3688.jpg

DSC_3705.jpg

☆岩堀美雪先生による「パーソナルポートフォリオ」の基調講演
☆携帯電話による自己表現の楽しさを伝えるセミナー(福野泰介氏)
☆パソコンで趣味の世界を広げるセミナー(くまひげ先生)
☆「ナナ・イロ」コンサート
☆3兄妹ユニット「一途」コンサート


株式会社ウォンツを創業した3兄妹がバンド「一途」を結成し、
岩堀美雪先生の生き方に共感した彼らが、
今の子どもたちや親に対して熱い想いを伝えたいと、
盛りだくさんのこのイベントを企画した。

DSC_3789.jpg

DSC_3812.jpg

DSC_3805.jpg

3兄妹で仲良く仕事もバンドもやってる一途さん。
聞いている側にも、熱いメッセージがビシビシ伝わってきます。


DSC_3845.jpg

どんまゐさんは以前からのお友だちですが、
あんなに力強く、かっこよく歌う人ぴかぴか(新しい)だと知りませんでした。

DSC_3836.jpg

鯖江にはたくさんの可能性を持つ人材が実に多くいる。
それにそういう人たちが育つ環境や
活動しやすい環境が整っているように思う。

たくさんの若いボランティアスタッフも、
こうした先輩たちの姿を見ることによって、
次の人材が育っていく糧となるのだろう。


DSC_3858.jpg

いよいよ来週の日曜日11月2日はナナ・イロの初の単独ライブです。
2時間たっぷり彼女たちの音楽に浸れるコンサートです。

DSC_3756.jpg

DSC_3736.jpg

DSC_3784.jpg

残り席がわずかとなってきました。
当日券も若干発売予定ですが、お早めにご連絡くださいね。
鯖江市文化センター以外のプレイガイドは発売が完了しました。

DSC_3782.jpg

DSC_3872.jpg

この日のライブを聴いていて、
ワンマンライブの大成功を確信しましたわーい(嬉しい顔)


DSC_3734.jpg

ナナ・イロのライブを聴いた女の子が描いた絵ハートたち(複数ハート)

DSC_3877.jpg

人気blogランキングへ
グッド(上向き矢印)せっかくここまで見てくださったのなら、ついでに応援クリックをお願いしま〜すあせあせ(飛び散る汗)
福井情報の応援もよろしくです。記事914
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ラベル:ライブ 鯖江市
posted by たつたつ・たつや at 21:15| Comment(7) | TrackBack(1) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月22日

ナナイロ@鯖江さばえSABAEsabae

まさかこんなスケジュールになってしまうとは、
今年の夏の段階では予想も出来ませんでしたが、
今年の秋は、鯖江はナナイロライブが目白押しになりました。

DSC_3631.jpg

DSC_3590.jpg

まず今週末の土曜日、10月25日午後2時から
一途&ナナ・イロチャリティコンサート
が鯖江市文化センターで開催されます。
一途のヴォーカルのどんまゐさんは、
以前からたつやもお付き合いをいただいているのですが、
この度、会社を興した3兄弟で、
一途(いちず)」というバンドを結成し、
ナナ・イロと一緒にチャリティライブを行います。

DSC_3662.jpg

DSC_3649.jpg DSC_3669.jpg

ライブだけでなく、
基調講演『子ども達が自分のことを大好きになるために
岩堀美雪先生(立待小学校教諭)や
県内IT企業による携帯&パソコン活用セミナー
講師:福野泰介(株式会社jig.jp代表)
講師:くまひげ先生(株式会社ウォンツ)
などが行われます。

詳しくは下記のサイトをご覧ください。
http://www.1zu.jp/event/
もちろんたつやも行きますよ〜わーい(嬉しい顔)

DSC_3555.jpg

そしてここでもずっと告知している
ナナ・イロ初ワンマンライブ 〜あ・り・が・と・う〜
11月2日午後7時〜 同じく鯖江市文化センターで開催されます。
チケットがまだ少し残っていますので、お早めにどうぞ。
一般1999円 中学生以下1500円 全席自由
お問い合わせ先は、鯖江市文化センター0778-52-7430

DSC_3558.jpg

ここでお知らせ〜ひらめきひらめきひらめきひらめきひらめき
この日のワンマンライブが始まる10分前に、
たつやが撮りためた福井の風景や人、
それにナナイロのふたりのポートレートを映像として
流すことが決定しました。
光栄なことに、ナナ・イロさんからのリクエストなんです。
彼女たちのライブに傷がつかないように、頑張って作ります!


DSC_3567.jpg

それにワンマンライブから1週間後の11月8日土曜日は、
鯖江市民活動交流センターが行う市民フォーラムにて、
ナナ・イロミニライブと、パネルディスカッション、交流会
が予定されています。
どなたでも参加が可能です。
入場無料・但し交流会参加は若干の会費が必要です

さらに翌日の11月9日鯖江の誠市協賛特別夜市に、
ナナ・イロさん他のライブが鯖江市本町の
市民ホールつつじ前で、行われます。
入場無料
県内大学のイケメン&ミスコンテストも同時開催されますよ〜

写真は一途さんとのライブのリハーサルを
見学させていただいたときのものです。

人気blogランキングへ
グッド(上向き矢印)せっかくここまで見てくださったのなら、ついでに応援クリックをお願いしま〜す。
1位〜3位激戦です。ひえ〜、あの人がやってきましたあせあせ(飛び散る汗)

福井情報の応援もよろしくです。記事909
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by たつたつ・たつや at 00:08| Comment(4) | TrackBack(0) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

スピッツコンサート

昨夜行われたスピッツのライブに行きました。

DSC_35301.jpg

この前、スピッツのコンサートに行ったのは、
7年ほど前のびわこホールだから、
かなり彼らのライブから遠ざかっていたのだけど、
そんな感じはあまりしない。

いつもフェニックスプラザでのライブに行く時は、
ちょっと離れた駐車場に車を停めて、10分ほど歩く。
10月も半ば過ぎなのに、外はあたたかくて、
歩いていても、とっても気持ちのいい日だった。 

img145.jpg

会場は、超満員ですごい熱気!
最初っから立ちっ放し。
スモークが焚かれ、照明もステージも凝った作りだ。
最初、音響があまり好きな音ではなく、ちょっと気になった。
ギターもベースもドラムもキーボードもボーカルも、
全部同じ大きさで鳴っていて、強弱のメリハリがない・・・


だけど、そんなことも忘れてしまうノリノリの音楽に、
引き込まれていく。
最後のアンコールは20分以上も歌ってくれて、
2時間のコンサートは終わってみれば、
あっという間のひとときだった。

立ちっ放しでしたが、全然大丈夫でしたわーい(嬉しい顔)

DSC_36771.jpg

フェニックスプラザで、スピッツがライブをするのは、
5回目
とのことで、ちょっと驚いたのだが、
もっとびっくりしたのは1995年に
仁愛短期大学の学祭に来たということ。

その時に女子高生だったお客さんも来ていたよう。
お互い年をとったよね〜^^」なんて言ってた^^;

しっかしマサムネさんの声は気持ちいい!
高い声がなんのストレスもなく、すーっと出てくるのです。
スピッツをあまり知らないうちのかみさんも大絶賛でした。
かみさん曰く、昨日は15歳ほど若返ったんだそうがく〜(落胆した顔)
五つくらいって言えば、かわいいのになぁ・・・

img144.jpg

でも、やっぱり五感を総動員して楽しめるライブは最高だね。
11月2日のナナ・イロワンマンライブも益々楽しみになってきました。


人気blogランキングへ
グッド(上向き矢印)せっかくここまで見てくださったのなら、ついでに応援クリックをお願いしま〜す。
1位〜3位激戦です。ひえ〜、あの人がやってきましたあせあせ(飛び散る汗)

福井情報の応援もよろしくです。記事907
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ラベル:ライブ
posted by たつたつ・たつや at 23:32| Comment(6) | TrackBack(0) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

ナナ・イロ@福井県立大学

先週の土曜日に、福井県立大学の学祭
ナナ・イロがライブをするということで、行ってきました。
追っかけをしてる訳ではないのですが、
11月2日のワンマンライブまでに、
決めなくてはいけないことや、
相談ごとが多くて、打ち合わせも兼ねてです。

kendai01.jpg

それにしても、学祭って大好き!
高校時代、たつやが最も輝いていたのは、
間違いなく学校祭でした。
体育祭での応援団長、蒸気機関車の写真展、
のど自慢コンテスト、バンド、お祭り広場の企画・・・


そんなことを思い出しながら、明るく広いキャンパスを歩きます。
いろんな模擬店が立ち並び、準備をしています。
中にはもう準備が終わって、声をかけてくれる学生さんもいます。

kendai03.jpg

ナナ・イロのライブは午前11時からという時間帯だったので、
その前の少しの時間を使って、
今度のワンマンライブで発売予定のナナ・イログッズの相談です。
いくつかのアイテムを作る予定ですが、
いずれも100個限定なので、オタカラになる可能性大です。

11月2日のワンマンライブに行かないと入手できないですよ〜

kendai04.jpg

大学に着いた時に、ぱらついていた雨も上がり、
青空が広がる気持ちのいい天気になりました。
ちょっと風が強かったけど、寒いわけでないし、
いい感じのライブになりました。

kendai06.jpg

kendai08.jpg

kendai05.jpg

この日の一曲目は、たつやが一番好きな「ブランケット
イントロが始まって、あいちゃんが歌い出すと、
じ〜んぴかぴか(新しい)と心に響きます。
ふたりはここ福井県立大学の軽音楽部出身ということもあって、
たくさんの後輩たちが応援に来てくれます。

kendai07.jpg

和やかな中にも、楽しい音楽を奏でてくれるナナ・イロ
今回のライブもすっかり堪能させていただきました。

kendai10.jpg

ん?目を閉じるふたりは似てるけど・・・

kendai09.jpg

でもやっぱり30〜40分では物足りない・・・。
そういう意味合いもあって、今度のワンマンライブは、
た〜っぷりナナ・イロを満喫できる内容になっています。


kendai11.jpg

お陰さまで、ワンマンライブのチケットも売れています。
1000席で満席となりますが、既に700枚近くが売れました。
買っていただいた方のほとんどが
ナナ・イロを生で聞いたことのない人だと思います。
ですが、それは実行委員会やナナ・イロを応援する人たちの、
声かけによって、買っていただいたのだと思います。
ですが、ライブとしては破格の2000円以下で、
絶対に満足してもらえる音楽だと硬く信じて止みません。
騙されたと思って(騙すつもりがありませんが^^;)
行って、彼女たちの音楽を聴いてみませんか?
福井が育んだ素晴らしい音楽ユニット「ナナ・イロ」を応援しましょ!


ナナ・イロ初ワンマンライブ 〜あ・り・が・と・う〜
2008年11月2日(日)鯖江市文化センター
会場・午後6時 開演・午後7時
全席自由 大人1999円 中学生以下1500円

行きたい人は、是非たつやまでご一報くださいね♪
もちろんプレイガイドでも発売しています。

松木屋日の出店・ショッピングシティベル・パリオ
アルプラザ鯖江店・鯖江市文化センター・シピィ

kendai02.jpg

コントラバスを担いでいるのではありませんよ・・・

人気blogランキングへ
グッド(上向き矢印)せっかくここまで見てくださったのなら、ついでに応援クリックをお願いしま〜す。
1位〜3位激戦です。ひえ〜、あの人がやってきましたあせあせ(飛び散る汗)

福井情報の応援もよろしくです。記事902
posted by たつたつ・たつや at 21:39| Comment(8) | TrackBack(0) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

ナナ・イロ@福井市倫理法人会

7716rin01.jpg

先日、福井市倫理法人会のモーニングセミナーの講師?として、
ナナ・イロのおふたりが話と歌を披露した。
この会の例会は、毎週決まった曜日に、朝6時から7時までの一時間、
アカデミアホテルにて、早朝勉強会を行っている。
講師は様々な分野で活躍している経営者や学校の先生、
会員メンバーが行うらしいが、
今回は福井を中心に音楽活動を行っているナナ・イロさんが、講師を務めた。
ふたりが音楽を通して日頃感じていることや、
福井での人との出会いによって
今のナナイロがあることへの感謝の言葉などを交えながら、
折角の機会だからということで歌の3曲も披露したのだった。


7716rin02.jpg

7716rin03.jpg

早朝から歌うということは、なかなか歌い手にとっては辛いことだと思う。
ある程度、喉が慣れてこないと声は出てこないはず・・・大丈夫かな?
と心配していたのだが、さすがプロフェッショナル。
一曲目から、鳥肌が立ちっ放し!
数人の参加者が泣いていましたもうやだ〜(悲しい顔)

7716rin04.jpg

後でボーカルのあいちゃんに聞いたのだが、
その日は午前2時から起きてがく〜(落胆した顔)歌う準備をしていたらしい。
それが仕事とはいえ、プロ根性なのだなぁ・・・と感心した。

7716rin06.jpg

7716rin05.jpg

福井市倫理法人会は、朝一番から皆が元気に大きな声で挨拶し、
時間を厳守し、心地よい緊張感と、和やか雰囲気の中で、
粛々と進められていたのが、印象的でした。
たつやは、今度の11月2日のナナイロワンマンライブのPRも兼ねて、
例会にオブザーバー出席させていただきました。
ナナ・イロのふたりも、楽しくていい経験をしたと喜んでいました。


それにしても、ふたりは朝5時から音響のセッティング、
5時20分には軽いリハーサル・・・
当たり前のことなのかもしれませんが、頭が下がります。


7716rin08.jpg

さて、この日名刺交換をさせていただいた
福井市倫理法人会笠松会長から、
たつやさんのブログはいつも見てます、写真がきれいですね〜
と思いもよらぬすごい方からお褒めの言葉をいただきました。
とっても嬉しかったですわーい(嬉しい顔)
数人のメンバーの方からもたつやのブログを見ている
というお言葉をいただき、ありがたく思いました。
福井市倫理法人会の皆様、どうもありがとうございました。

7716rin07.jpg

ナナ・イロは、今度の土曜日11日、福井県立大学で
朝11時〜ライブを行います。


人気blogランキングへ
グッド(上向き矢印)せっかくここまで見てくださったのなら、ついでに応援クリックをお願いしま〜す。
只今2位よろしくね〜^^ぴかぴか(新しい)

福井情報の応援もよろしくです。記事895

posted by たつたつ・たつや at 20:47| Comment(2) | TrackBack(0) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

ナナ・イロライブに向けて

7716b04.jpg

ひょんなことからお知り合いになれたナナ・イロのおふたり。
初めてお会いしてファンになったのが6月
たつや企画のパン窯パーティでライブをしてくれたのが7月
ワンマンライブをやろうよ♪ともちかけたのが8月
盛り上がって、それをやることを決めたのも8月
チケット発売したのが9月
そして本番は11月2日日曜日です。

7716b08.jpg

考えてみれば、実に展開が早かったです。
でもそれは、パン窯パーティに参加してくれた方やたつやの友人が、
快くチケット販売や当日のお手伝いを受けてくれたことや、
これまでナナ・イロさんがいろんなところでのライブを通して、
ワンマンライブを楽しみにしていたファンの方、
それにおふたりの人脈があったからこそ出来たのだと思います。
まだまだこれからが勝負という感じはありますが、
こんなにもいい流れの中で、企画できたことを幸せに思います。
ですから、ライブに来ていただいたら、
絶対に喜んでもらえる自信があるんです。


7716b05.jpg

俄かファンのたつやが惚れたのは、
音楽だけじゃなくって、ふたりのキャラ。
FMふくいで毎週木曜にやっている『ナナイロココニアリ』は
リアルタイムで聞くことがなかなかできないが、
ココで聞けるので、いつも聞きながらゲラゲラ笑っている。
http://www.fmfukui.jp/pod/7716.php

7716b07.jpg

ふたりの中では、もうワンマンライブが始まっています。

7716b06.jpg

福井を愛し、福井弁を愛し、福井の人を愛し、
音楽を通して聞いている人の心をそっと温めてくれたり、
元気をもらえるのが、ナナ・イロの音楽だと思います。


そんなことは百も承知!
っていう昔っからのファンの方も多いでしょうね。

ワンマンライブを企画して、準備していると、
彼女たちが今までに、いろんなところへ出かけて行って、
心いっぱいのライブをやって、
そこで生れた仲間や友情がたくさんあることに気づきます。
ライブ会場は、鯖江なのですが、
そういうライブで回った地域の人が、
手放しで応援してくれるのです。

最近はいろんなメディアにも登場していますし、
この日もとある新聞社の取材でした。
本番の会場での撮影です。
たつやもブログ用に、ちょっとだけ写真を撮らせてもらいました。

7716b01.jpg

1020席あるこの会場が超満員になることを夢見て、
あらためて、一生懸命動いていこうと思いました。
たつやには、この会場がいっぱいに埋まったのが見えて、
ふたりの歌声が聴こえてきました。


7716b02.jpg

チケットは、お早めにどうぞ♪

2008年11月2日:午後6時開場・7時開演・9時10分終演
実施場所:鯖江市文化センター大ホール
チケット料金:一般1999円(全席自由)
中学生以下:1500円
主催:七人七色コンサート実行委員会
共催:(特)コンフォートさばえ
後援:福井新聞社・福井テレビ・FM福井・たんなんFM
協賛:エニックス・エムトリップ・藤田印刷所・よしもとアールアンドシー・  
   
お問い合わせ先 鯖江市文化センター 0778-52-7430
お問い合わせメールアドレス tatuyaonmyoji@yahoo.co.jp

チケット予約専用メールアドレス(9月4日〜)
ticket@jacobetty.com


7716b03.jpg

人気blogランキングへ
グッド(上向き矢印)せっかくここまで読んでくださったのなら、ついでに応援クリックをお願いしま〜す。
1位〜3位が大接戦なんです、よろしくぴかぴか(新しい)

福井情報の応援もよろしくです。記事882
posted by たつたつ・たつや at 22:31| Comment(8) | TrackBack(0) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

ナナイロ・チケット本日発売

11月2日鯖江市文化センターで行われる
ナナ・イロ初ワンマンライブ 〜あ・り・が・と・う〜
のチケットが本日、発売になりました。

elna06.jpg

松木屋日の出店・ショッピングシティベル・パリオ・
アルプラザ鯖江店・シピィ・鯖江市文化センター

プレイガイドで販売しています。

elna03.jpg

elna01.jpg

elna02.jpg

また今夜、福井フェニックス球場で行われた
福井ミラクルエレファンツ石川ミリオンスターズの試合後、
球場の外でチケットを販売しました。
ナナ・イロのあいちゃんが試合前に国歌独唱を、
そしてふたりでエレファンツの応援ソングエール」を演奏。
そんなこともあってか、チケットの販売は、まずまずの出足でした。

elna04.jpg

elna05.jpg

これからは、実行委員会のメンバーとナナ・イロによる
直接販売が主流になります。
思いがけず、まとめた数のチケットを買ってくださる企業もいて、
個人で、本当に行きたい方は
早めにチケットを確保しておいた方がいいかもしれません。

※欲しい方はたつやにメールくださいませ。

チラシ・ポスター・チケットは当社、藤田印刷所^^
写真はたつやが撮影しました^^

elna07.jpg

ナナ・イロさんの歌を聞いてみたい方はココ
http://www.myspace.com/nanaironanairo

ナナ・イロの公式ホームページ
http://www.jacobetty.com/nanairo/

FMふくいで人気番組ナナイロココニアリを聞きたい人はココ
http://www.fmfukui.jp/pod/7716.php

ブログ「ナナ・イロに塗りかえて」はココ
http://yaplog.jp/ai-7716-ai/

人気blogランキングへ
応援クリックいつもありがとうございます。
1位〜3位が大接戦なんです、よろしくぴかぴか(新しい)

福井情報の応援もよろしくです。記事869
posted by たつたつ・たつや at 23:48| Comment(4) | TrackBack(0) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

ナナ・イロライブ in 越前町

夏本番に入って、最初の3連休の中日に、
2008越前夏祭り』が開催されました。
花火の前のステージで「ナナ・イロ」さんのライブがあると知って、
アンちゃん(ホンダ・リトルカブ)と共に出かけて行きました。

0807nanairo01.jpg

越前町は海に面している町なので、広い駐車場はないし、
アクセスする道が限られていて、渋滞が予想されたので、
バイクで行ったのですが、これが大正解!
クルマが狭い道を両方向から来て、動けなくなっている横を
するすると抜けて、メイン会場までなんのストレスもなく到着です。
しかも、駐車場所には事欠かないから、
会場の駐輪場にスッと停めることが出来ました。

0807nananiro08.jpg

ちょうど夕陽が西の海に沈む頃に、
ナナ・イロさんのライブが始まりました。
少し早めに着いて、一番前の席に座ったのに、
ステージが大きくて、客席との距離がかなり離れています。
だけど、トラックの荷台を改造した大きなモニターが
持ち込まれていて、ナナイロさんの表情を伝えてくれます。

0807nanairo02.jpg

今日のナナ・イロの衣装は、あいちゃん赤のゆかた姿ハートたち(複数ハート)
みっちゃんが、金魚柄の甚平姿ハートたち(複数ハート)で登場です。

0807nanairo04.jpg

0807nanairo03.jpg

たつやが彼女たちの歌を生で聴くのは2度目です。
前回も感じたのですが、とにかく心に響く歌なのです。
ボーカルのあいさんは、透明感があって、深くて、
しっとりしていて、水を感じさせるピュアな歌声♪
歌を歌うことが天職で、感謝することをいつも忘れない姿勢は、
いつも聴く側に感動を与えてくれるのです。

0807nanairo07.jpg

メジャーデビューして1年。
ナナ・イロは福井を活動の拠点として、全国を目指します。
ステージ後の恒例のサイン会も、
たくさんのファンに囲まれていました。

0807nanairo06.jpg

実は、近いうちに彼女たちをプライベートでお迎えして、
ミニライブを企画しているんです。


人気blogランキングへ
応援グッド(上向き矢印)クリックいつもありがとうございます。
超強力ライバル出現です^^;

福井情報の応援もよろしくです。記事822




posted by たつたつ・たつや at 23:45| Comment(6) | TrackBack(0) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

ナナ・イロのライブ

福井市東郷二ケ町で行われたイベントに出かけてきました。
せせらぎコンサート&堂田川ライトアップ』です。

東郷の町の中心地には道の真ん中に川が流れていて、
歩いていても楽しく、昭和の町を感じさせてくれる素敵なところだ。
隠れた油あげの名店があったり、旨い食堂があったり、
それに水のきれいなところなので、農産物が美味しい。
そんなお気に入りの町で、お気に入りのライブなんて、
行かない訳にはいきません^^

イベントの目的は、以前ブログにも書いた福井在住の音楽ユニット
ナナ・イロ」がせせらぎコンサートで歌うので、
是非一度生でライブを聴いてみたかったこと。

nanairo102.jpg

さぁ、ナナ・イロです。
CDやFMふくいの番組「ナナ・イロ ココニアリ」で、
ふたりの歌や福井弁のゆる〜いお話を聞いたことはあったけど、
生でふたりの音楽を聴くのは初めてです。

nanairo101.jpg

nanairo104.jpg

なにも聞かずにいてくれてありがとう
君の腕の中・・・・

(ブランケットより)

一瞬にして空気が変った。ぴかぴか(新しい)
ヴォーカルのあいちゃんの声・・・
何て表現すればいいのだろう。
透明感があって、それでいて深く心に沁みる。
しっとりした瑞々しさがあって・・・

そうだひらめきマリンブルーのような歌声

nanairo103.jpg

ふたりしかいないのに、
キーボードとギターしかないのに、
この圧倒的な音楽はなんだろう!
たった数秒で、グッと心を捕まれてしまった。

nanairo105.jpg

ギターのみっちゃんは、あ〜この子は絶対良い子^^
MCの間もいっつもニコニコしていて。
彼女の福井弁に癒される人も多いのではないかしら?
でも演奏になると、笑顔のままで心地よいサウンドを奏でてくれる。
ふたりのハーモニーが溶け合って心に響いて来る。

アンコールを入れて7曲。
あっという間の感激・感動・感謝の時間でした。
ライブは、耳だけでなく五感を総動員して楽しめるから大好きです。
この会場の温かさ、雨が落ちてきそうな空気感や匂い。
ふたりの音楽とおしゃべり、楽しそうな笑顔・・・
もう、いっきに大ファンになってしまいました。

nanairo106.jpg

昨日は、梅雨の真っ最中での野外コンサートなので
雨降りだけが心配しましたが、
最初っから最後まで雨に降られることはありませんでした。
きっと太陽が出ていれば、
今にも泣き出しそうな空だったのではないでしょうか。
それでも降らなかったのは、
主催者や出演したアーティストの方々の想いが
空に通じたのかもしれませんね。


nanairo107.jpg

さて、実はライブ終了後にCDを買いました。
その時に、ご挨拶したんです。
はじめまして、たらーっ(汗)た、たつやです。汗/汗/汗たらーっ(汗)
したら、あいちゃんが
あ〜、わざわざありがとうございます!ブログいつも見てます〜るんるん
たつやったらいつものクセで
あ、ありがとうございますわーい(嬉しい顔)ご、ごめんなさい。こんなんですわ

目の当たりにしたあいさん、みっちゃんはステージ上とまた違って、
本当にかわいいハートたち(複数ハート)笑顔の素敵な女の子でしたわーい(嬉しい顔)

nanairo108.jpg

宣誓!
たつやは福井が生んだタカラモノナナ・イロを応援します!
あ〜、ナナ・イロさんに出会えて幸せですハートたち(複数ハート)
これも200万分の1の確率ですもん。

改めてブログの影響をありがたく感じた一日となりました。
尚、写真はナナ・イロさんのご許可を得ています。
http://yaplog.jp/ai-7716-ai/archive/2025

nanairo109.jpg

人気blogランキングへ
応援グッド(上向き矢印)クリックいつもありがとうございます。
おかげさまで上位にランキングさせていただいています^^;
福井情報の応援もよろしくです。

posted by たつたつ・たつや at 21:37| Comment(6) | TrackBack(0) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

イタリアの夕べ

今年前半では鹿児島の旅が一番印象に残っている。
鹿児島へは、身内を訪ねていったのだが、
その姉は、ピアノを勉強している。
夫である貴兄は、歌をやっていて、
ふたりは、結婚後、二十数年に渡り
ベルリンでずっと音楽活動をしていた。
そして3年前に完全帰国し、鹿児島でやはり音楽と、
音楽指導を行っている。
そのふたりがお弟子さんたちと、一緒に
今週末、鯖江でコンサートをすることになった。

italy01.jpg

写真は今年、2月に福井新聞社風の森ホールでのコンサートです。

italy02.jpg

音楽に興味のある人や、聴いてみたい方は
是非、週末のひとときを歌曲を楽しんでみてくださいね。

福井にいると、本格的な歌曲を聴く機会が少なく、
ホンモノの歌を聴けるチャンスはなかなかありません。
たつやのブログを見て、聴きに来てくださったら
たつやもうれしい限りです。
直接メールくださってもいいですよん^^


italy night.jpg

今週の日曜日6月15日の午後3時から、
鯖江の市民ホールつつじ(鯖江市本町2)の多目的ホールで、
イタリアの夕べ」というイタリア歌曲を中心とした
コンサートがあります。

出演はソプラノ・宇野智子さん・西岡香代子さん
   テノール・川口政則さん・前田昭文さん
   ピアノ伴奏・前田敦子さん

演目は、歌曲・・・ロッシーニ・ペッリーニ・トスティ 他
    アリア・・・モーツアルト・チレア・プッチーニ 他

チケットは当日券でお求めください。
大人1500円 高校生以下1000円


maeda-ak-p.jpg

義兄ですグッド(上向き矢印) ですバッド(下向き矢印)

maeda-a-p.jpg

人気blogランキングへ
応援グッド(上向き矢印)クリックいつもありがとうございます。
福井情報の応援もよろしくです。
おかげさまでトップ争いに参加させていただいています^^

posted by たつたつ・たつや at 22:16| Comment(4) | TrackBack(0) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

虹のウエストサイド物語in Sabae

wss08.jpg

市民レベルのミュージカルやオペラが
日本各地で多く公演されている。
たつやの住む鯖江市でも、様々な文化活動が行われているが、
ここ数年、市民が中心となりながらも、
ちゃんとプロの方の指導や出演を入れた
ミュージカルが作られている。

wss01.jpg

wss02.jpg wss03.jpg

先日、鯖江市文化センターで、
虹のウエストサイド物語in Sabaeが上演された。
この日、たつやは記録係兼飲み物販売係という
名誉ある(只の使い走り?)役をさせていただいた。

以前は、ぜんざい販売係やコーヒー係専属だったことを
考えれば、ちょっとした抜擢だ!
これもブログ効果か!?
お陰で、普段はロビーで演奏を観る(聴く)機会に
恵まれないたつやも、今回は最初っから最後まで
カメラ片手ではあったが、観ることが出来た。

wss04.jpg

wss07.jpg

出演者もほとんどが鯖江市民で、
ミュージカルなど経験したことのない人だが、
ステージからは溢れんばかりのエネルギーが伝わってくる。

wss05.jpg

wss06.jpg

今回の公演は虹のウエストサイド物語in Sabae
プレ公演に当り、本番は今年の秋を予定している。
今後また練習を積み重ねて、
より素晴らしいステージになることは間違いないだろう。
今から楽しみにしている。

wss10.jpg

wss09.jpg

comfortさばえのレジェ&てつさんの記事です。
http://leger.blog.shinobi.jp/Entry/145/

人気blogランキングへ
応援グッド(上向き矢印)クリックいつもありがとうございます。
気に入ったらまた応援よろしくお願いしま〜す。。。
またお尻に火が点いてきました^^;



posted by たつたつ・たつや at 20:41| Comment(6) | TrackBack(0) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

シューマンと日本歌曲の夕べ

たつやには三歳年上の姉がいます。
彼女は三歳からオルガンを始め五歳でピアノを始めました。
ですからたつやは生まれた時から
ヘタクソなオルガンやピアノを聞かされていた訳です。もうやだ〜(悲しい顔)
小学生の頃は毎年ピアノの発表会とかコンクールに
行くことがとにかく苦痛で苦痛で仕方なく、
早く帰ってカブトムシを採りにいったり、
友だちと秘密基地に行きたかった思い出があります。

ですが、たつやが中学時代に選んだ部活はブラスバンド部。
そこでトランペットを吹いていました。
高校、大学では合唱部でした。
それを考えてみると、
やはり姉の音楽の影響はかなり受けていたのでしょう。


余談ですが、たつやの娘も息子も小学校や中学校で
ブラスバンドに入っていたし、
弟の娘も今ブラスバンド部です。

さてひとつのことをコツコツと積み上げる姉は、
ピアノで音楽大学に進み、
声楽家を志す今の義兄と知り合い結婚しました。

結婚後、音楽の本場ドイツ、ベルリンへ行き
姉は再びベルリン国立音楽大学に入学し、ピアノの勉強を続け、
卒業後も夫婦で音楽を生業としてきました。
結局ベルリンでの生活は24年間。
そして2005年に帰国し、現在は
義兄の出身地、鹿児島県出水市にて音楽活動を続けています。


img116.jpg

そんな姉夫婦が、福井新聞社の風の森ホール
毎月行われているちょっと素敵なコンサートの2月会で、
シューマンと日本歌曲の夕べ
というコンサートを明後日の金曜日に行います。

シューマンの『詩人の恋』や代表的な日本歌曲のコンサートです。
気軽に歌を楽しめるので、興味のある方は是非どうぞ。

2008年2月22日金曜日・午後7時開演
会場・福井新聞社風の森ホール
全席自由1500円(当日も同じ料金です)
ドリンク&プチケーキ付き


img115.jpg

身内のことを書くのはあまり好きではないのですが、
聞いてもらえたら、きっと喜んでいただけるので、
お知らせしたいと思います。
お時間に都合がつけば、いらしてくださいね。


人気blogランキングへ
応援グッド(上向き矢印)クリックいつもありがとうございます
良ければ、左手の福井情報もクリックお願いです^^
posted by たつたつ・たつや at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月01日

中島みゆきコンサート

miyuki08.jpg

大学に入った時に、一番気が合って仲良しになったのは、
北海道富良野出身のやつだった。
下宿が近かったこともあって、よく家で一緒に晩御飯を食べた。
彼こそ、気は優しくて力持ち!を絵に描いたような輩で、
体重は三桁、身長も185cmあった。
たつやも体重は三桁近くあって、とにかくふたりでよく食べた。
とは言え、貧乏学生だったからお米だけはたくさんあったが
オカズはフリカケや鯖缶、野菜炒めのような感じ。
多いときは、ふたりで七合半のご飯を一食に食べた。

そんな彼が好きだったのが同じ北海道出身の
中島みゆき松山千春だった。

miyuki04.jpg

miyuki05.jpg

当時は第2次?オーディオブームで、
彼もたつやもいわゆるステレオを持っていて、
新しいアルバムLPが発売されると、
どちらかがみゆきを、どちらかが千春を買っていた。
以来、たつやはずっと中島みゆきが大好きで、
かなりのアルバムを持っている。
それに北陸に来るコンサートには大抵出かける。

miyukki06.jpg

10月31日は名古屋市内でコンサートがあり、出かけた。

miyuki01.jpg

miyuki07.jpg

席は23列目のかなり右側だったが
階段上に少しづつ傾斜がついているので、
非常に見やすいいい席だった。

会場は比較的年齢は高く、
平均年齢はたつやより少し上ぐらいだろうか。

miyuki02.jpg

miyuki03.jpg

コンサートは新しいアルバムの曲や古い歌も交えながら進んでいく。
途中、お便りコーナーという
彼女のコンサートにはつきものの企画がある。

みゆきさんが6.7枚くらいのカードを持っている。

さて今日の一枚目・・・たつやさんから。」

ひらめきマジ〜!?は〜いオレオレ手(パー)

え〜みゆきさん、僕たちは遠く福井から来ました。
今日は名古屋で一人暮らししている息子と久しぶりに会います。
コンサートの後に焼肉を食べに行きます。

福井はこれから新そばとカニの季節です。

福井にも是非コンサートで来てくださいね。

北陸は、えっ〜と何処だっけ?そうそう富山に行くんだよ!
だったら富山やめて福井にしよっかぁ〜!


お願いしま〜す!&パチパチ"(^o^)//"""""""

たつやたちの他にも数人の人の拍手がありました。
きっと福井からのお客さんがいたんだね〜^^

ちゃんと福井のPRも出来ました手(チョキ)

彼女のコンサートには必ずお便りコーナーがあり、
その日会場で来たお客さんが、
みゆきさんにメッセージを書いて箱に入れ、
その中から数枚選ばれコンサート最中に紹介される。

そのドッ初めにたつやのメッセージが読まれて、
めっちゃうれしかったです。わーい(嬉しい顔)

みゆきさんの歌には
生きるための強い応援メッセージが含まれている。
また彼女自身からあふれるオーラやエネルギーを感じる。

感動して感激して感謝した2時間45分のライブでした。
生で一度聞いてみたかった『誕生』を聞けたのも幸せ!ハートたち(複数ハート)
歌ってる彼女と喋ってる彼女とのギャップも楽しかったし、
4回も衣装を変えて見た目でも楽しませてくれた。

ツアーは富山も三重も香川でもあるんだよね・・・
どっか行きたいな〜。

やっぱ香川かな?
がく〜(落胆した顔)うどん巡礼11回目ツアーも兼ねて

miyuki09.jpg

ブログランキングに応援いつもありがとうございます。
 新たに福井ブログにも登録しました。
 ここはオアイソ程度に応援してね〜^^
posted by たつたつ・たつや at 23:25| Comment(14) | TrackBack(0) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

O・TA・I・KO響2007

otaiko072.jpg

明日は、O・TA・I・KO響2007が旧織田町(現越前町)
オタイコヒルズで開催されます。

このイベントにたつやの娘がO・TA・I・KO座・明神
一員として出場することもあって
リハーサルをのぞきに行ってきました。

otaiko071.jpg

リハーサルとはいえ、本番さながらの音響、照明で
迫力あふれる太鼓の音を響かせていました。

otaiko073.jpg

otaiko074.jpg

とにかく和太鼓の音は、日本人の魂を揺さぶります。
耳の鼓膜を通して伝わる音だけでなく
圧縮された空気が身体全体に飛んでくるような音が醍醐味です。

大勢のメンバーの太鼓が揃って打ちならす迫力は、
信じられないハーモニーを奏でてくれます。

otaiko079.jpg

otaiko077.jpg

otaiko075.jpg

otaiko070.jpg

O・TA・I・KO響2007・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

真夏の風物詩、和太鼓の一大フェスティバル。
太鼓の伝統芸能をもつ旧織田町のシンボルである
5尺の大太鼓「明神」をメインに、
予選を勝ち抜いた強者達が競う
「第14回オール・ジャパン・オタイコ・コンテスト」
や全国のグループやプロの演奏家が集い、
迫力あるすばらしい演奏を繰り広げる
「O・TA・I・KO響宴」を開催します。
今年は関東・甲信越地方から5組を招いて盛大に繰り広げられます。
その迫力の響きは一聴の価値があります。

開催期間 2007年8月18日(土曜日)
時間 午後0時から午後9時30分まで
お問合せ先 O・TA・I・KO響2007実行委員会事務局
[電話番号] 0778-36-2281

otaiko078.jpg

武人を演奏し終わった娘に、

I am proud of my doughter.

お時間のある方は是非、お出かけくださいませ!
posted by たつたつ・たつや at 22:00| Comment(10) | TrackBack(0) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

わたしが選んだちひろ展

chihiro108.jpg

chihiro109.jpg

福井市美術館で開催されている
「命、愛、絆 こころのメッセージ・・・
わたしが選んだちひろ展
に行って来ました。

いわさきちひろの生まれた家が武生にあって、
時折、県外の友人を案内したりすることがありました。
そんな訳で、彼女の展覧会があったら、
是非行ってみたいと思っていました。

http://onmyojitatsuya.seesaa.net/article/45726512.html

福井での展覧会は9年ぶりとのことで、
ちょうどタイムリーだったように感じます。
(たつやにとって・・・ですが)

img087.jpg

彼女が描くこどもたちは、
見ている人の心を温めてくれる絵です。
この絵を見ているだけで、幸せになれます。

気に入った絵の前で、自然に笑みがこぼれてしまいました。
小首をかしげる赤ちゃんの絵の前では、
同じように首を傾けて、見てみたり、
もし誰もいなければ、その赤ちゃんに語りかけてしまうでしょう。

各絵に対する思いやコメントが福井の人を中心に
掲示されているのも、面白く読ませていただきました。

また福井県での総合ランキング、年齢別、男女別に
分けて好きな絵のデータなども展示してあります。

chihiro104.jpg

chihiro105.jpg

chihiro106.jpg

いわさきちひろ展から帰ってきたかみさんが、
うちの玄関先を、ちひろコーナーにしていました。


chihiro101.jpg

chihiro102.jpg

たつやのお気に入りの3枚のポストカードを買いました。

chihiro103.jpg

chihiro107.jpg

福井市美術館
福井県福井市下馬3-1111
0776-33-2990
わたしが選んだちひろ展8月19日までです。
開館時間は午前9時〜午後5時15分(入場は午後4時45分まで)

う〜ん、こんなにいい展覧会、お役所時間だけはもったいない!
一日くらい夜遅くまでやって欲しいと思うのは
たつやだけではないと思うんだけどな・・・。


まだ行ってらっしゃらない方は是非どうぞ!
本当に心があたたかくなる素晴らしい原画が並んでいますよ。

ブログランキングに登録しています。
 いつも応援いただき、感謝しています。
 ありがとうございます。
posted by たつたつ・たつや at 01:03| Comment(8) | TrackBack(0) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月01日

アルゼンチンタンゴの夜

tango4.jpg

先週末に、武生クラシックスで開催された
『アルゼンチンタンゴの夜』に出かけていった。

バンドネオンとギターによるアルゼンチンタンゴのライブだ。
たつやにとってのバンドネオンという楽器を生で聞くのは、
初体験で、いったいどんなライブなのかも良く知らなかった。
それに、タンゴってどんな曲があるのかさえもわからない。

tango7.jpg

だけど、以前に、やはりここで聞いたシャンソンのライブで
Hazzさんの歌を聴いて、
この時も、シャンソンのことはまったく知らなかった
http://onmyojitatsuya.seesaa.net/article/30403825.html
こんなに素敵な音楽が世の中には、いろいろあるし、
また素晴らしい演奏者がたくさんいるということを
あらためて知ったこともあって、
この日のライブに行かせてもらった。

バンドネオン奏者は小川紀美代さん、ギター奏者は小林智詠さん。
わずかふたりの演奏会なのに、音の幅がものすごく広く感じるし、
信じられないような美しい音が奏でられる。

tango3.jpg

バンドネオンって一台の楽器なのに、右の鍵盤(というかボタン)と
左のそれとでは、まったく違う楽器が歌うような感じなのだ。
また、歯切れのいい音から、ささやくような歌うような音までが、
演奏者の魔法にかかったかのように、
美しいメロディラインが流れてくる。

ギターの小林さんとの息もピッタリで、盛り上がっていくテンポや、
リズムを感じあいながらの演奏は見事だった。

tango1.jpg

たつやにとって、ジプシー音楽や、
スペインやアルゼンチンの音楽は、
理屈抜きにして、強く惹かれる。

目をつぶってじっと耳を傾けていると、
ナニカが見えてくる。
そのナニカがはっきり掴めないが、
この記憶は、現世のものではないことだけは確かだ。

tango2.jpg

わずか40人程度のアットホームなライブだったが、
本当に魂を揺り動かされたようなひとときだった。

tango5.jpg

小川紀美代(おがわきみよ)

日大芸術学部卒。ほぼ独学で奏法を学んだ後2001年
単身ブエノスアイレスに渡り、フリオ・オスカル・パネ氏に師事。
現地ライブハウス、ホテルなどで演奏、
ラジオや新聞で紹介されるなど歓迎を受ける。

2003年には、アルゼンチン最大の音楽祭
「コスキンフェスティバル」に日本代表として出演する。

2005年、大阪市とブエノスアイレス市の友好親善使節の一員として、
大統領府博物館ホールほか4箇所の公式コンサートに参加し、
好評を博す。

現在、アルゼンチンタンゴに限らず、CM、劇伴、演劇との
コラボレーションに積極的に取り組むほか、
幅広いジャンルのミュージシャンとのレコーディングに
も参加している。

「月ノ光」(2007年4月8日)をリリースしている。


tango9.jpg

小林智詠(こばやしちえい) 
1980年埼玉県生まれ。南アメリカ音楽の愛好家である両親の影響で
幼いころからフォルクローレに親しみ、9歳でギターを弾き始める。
最初は主にアルゼンチン・スタイルのフォルクローレを演奏、
高校生のころよりフラメンコ・ギターに強く魅かれ、
大学在学中に鈴木英夫に師事。
1999年木下尊惇のユニットに参加。
牧田ゆき、みつとみ俊郎のユニットのメンバーとしても活動する。

2002年10月スペインへ渡航。
マヨルカ島に滞在中、ギターをベンハミン・アビチュエラに師事。
パルマ・デ・マヨルカ市内のレストラン、ライブハウス、
フェスティバルにて演奏。
その後2004年1月に自分のギタリストとしての原点である
アルゼンチンにも渡り、フアン・カルロス・カラバハル、
エル・レフンテとともにサンティアゴ・デル・エステロ州での
フェスティバルに参加。
帰国後の同年3月、東京都内で2夜にわたり
初の自主的な構成によるライブ『スパニッシュ・カレント』を行う。

現在はソロ、自身のユニットでのライブのほか、
岡田浩安、小川紀美代、福田大治、八木啓代、
フォルクローレやアルゼンチン・タンゴを中心に
数多くのミュージシャンのギタリストとして活動。
フラメンコ・ギタリストとしてはイベントでの舞踊伴奏などを重ね、
2007年1月には沖仁のCD『Nacimiento』発売記念ライブに出演。
一方で映画・TV番組・ゲーム音楽のサントラに参加するなど、
自分がたどってきた音楽の経験をもとに、活動の幅を広げている。


tango8.jpg

音だけでなくこのカタチや細工の美しさは生つばものです。
貝を埋め込んだ螺鈿細工が見事です。
小川さんがこの日演奏してくださったこのバンドネオンは
ドイツ製で、1920年代のものだそうです。

tango6.jpg

バンドネオン(bandoneon)は、主にタンゴで用いられる楽器。
アコーディオンに形が似ているが(同じ蛇腹楽器)、
鍵盤は、ピアノのような形ではなく、ボタン型で、
これが蛇腹を挟んで両側についている。
アコーディオンが1820年代に発明され、
改良して作られたアコーディオンの一種である
コンツェルティーナ(コンサーティーナ)の影響を受けて、
1840年代、ドイツのハインリヒ・バンドが1847年に考案した。
後にアルゼンチンで広まり、タンゴでよく用いられる楽器となった。

基本的なバンドネオン(ダイアトニック型)は、
蛇腹を押すときと引くときで別の音が出る、
音階配置がほぼ不規則といった独特の構造を持つ。
これは発展途上で不足した音階を建て増しした歴史に
理由があるようだ。
この為、習得が非常に難しいことから
「悪魔が発明した楽器」と呼ばれる。
中央のボタンは、隣同士の特定のボタンを同時に押すと、
(アコーディオンの左手と同じように)和音が鳴るようになっている。
これらのボタンを同時に押して、蛇腹を引き、
そのままの指で蛇腹を押すと、
同じ調のV7(ソ・シ・レ・ファ)−I(ド・ミ・ソ)
の関係になるようになっている。

蛇腹を引いたときの方が、音が響く。
蛇腹によく共鳴するためだと言われる。
従って、バンドネオン奏者は蛇腹を引く音を多用し、
蛇腹を引いて演奏しては空気抜きボタンを押しながら蛇腹を戻す、
ということを繰り返すことが多い。
特に、タンゴの鋭いスタッカートは、
膝を使いながら蛇腹を瞬時に引くことによって出される。

ウィキペディアより抜粋


写真については、出演者の許可を得て掲載しています。
posted by たつたつ・たつや at 00:03| Comment(4) | TrackBack(0) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

フラメンコ曽根崎心中その後

フラメンコ曽根崎心中福井公演のブログは、
びっくりするくらいたくさんの方からのコメントと
今までで最高のアクセス数となりました。

縁あって、個人のブログに、世界一流のプロの方の
写真を撮影させていただき、しかも掲載させていただけた
ということは、たつやにとって最高の幸せでした。

でもそうさせてしまうくらいの何かが
たつやの中にあったことも確かです。

あの感動は、写真なんかでは絶対に伝わらない。

でも、ひとりでも多くの人に

この「フラメンコ曽根崎心中」

観て欲しいという強い思いもありました。

果たして、このブログを通してどのように
人様に伝わるのかはわかりませんが、
たくさんのコメントやアクセスが、
少なからず物語っているようにも思えます。

鯖江公演のときは、どんな舞台なのかどんな人が演じるのか
まったくわからない状態で実行委員会にいました。
フラメンコも近松も何にも知らない方に、
チケットを売ることは、困難を極めました。

きっと今回の福井公演は、鯖江の4倍のチケットですから、
そのご苦労は、鯖江の比ではなかったと容易に想像できます。

でもでも、訳わからずにチケットを義理で買ってくれた方が、
公演の後から、こんなお礼を言われるのです。

「あのフラメンコなんちゃら、ひっで良かったの〜感動してもたわ」

「チケット薦めてくれてありがと!行って良かった」

「最後は涙が止まらんかった・・・舞台はやっぱりいいね」

「娘も連れてけば良かったわ、次来たら娘と一緒にまた行くよ」

そんな言葉を聞く度に、フラメンコ曽根崎心中が持つ
感動スパイラル
の渦の中にどんどん入っていく自分がいます。

またいつかこの舞台は福井県内で観たいものです。

ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)

たつやのブログのことを出演者、九平次さんが
彼のブログで紹介してくださいました。


http://xn--tck7cqb5a3c.yanoyoshio.com/

同じく舞踊団のmarさんも彼女のブログの中で、
こんなにすごい扱いで掲載してくださいました。


http://lunasolmilcoco.blog68.fc2.com/blog-entry-153.html

主演徳兵衛役の佐藤浩希さんのブログです。
きっと福井公演のことも書いてくださるはずです^^


http://www.arte-y-solera.com/blog/index.html

最後に主演の鍵田真由美さん、ホントに素敵です!
まさにお初が来てます。
ぞくっとするくらいのいい顔してます。
(エラそうにごめんなさい)

告白します!鍵田真由美に惚れました

kagita5.jpg

kagita2.jpg

kagita3.jpg

kagita1.jpg

kagita4.jpg

ブログランキングにエントリーしています。
 応援してもいいよ〜という方は、左手上のプロフィールの下
 20cmのところにある人気blogランキングへという
 ところをクリックしてね♪
 わかりにくくてゴメンナサイ。


posted by たつたつ・たつや at 22:15| Comment(4) | TrackBack(0) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

フラメンコ曽根崎心中in福井

フラメンコ曽根崎心中福井公演、行ってきました。

sone5.jpg

この感動を文章で表現するだけのすべはありませんが、
最初から最後までひとときも目を、耳を、感覚を、
研ぎ澄ませていなければ、
瞬間瞬間を感じなければ人生の無駄だとまで
思わせてもらった舞台でした。

sone1.jpg

sone2.jpg

とにかくものすごいオーラを放つ人の塊なのです。
おのずと観てるお客さんにそのエネルギーが伝わり、
それを感じる観客がその数倍のエネルギーを放ち、
また更にステージが熱く…
という感動エネルギースパイラルに引き込まれるのです。

sone11.jpg

sone12.jpg

やっぱりカーテンコールの時には、
一番最初に立ち上がって
スタンディングオベーションしてしまいました。
こんなに拍手をしたことはないというくらい。

sone3.jpg

sone4.jpg

sone6.jpg

実は主演の鍵田さん、佐藤さん、九平次役の矢野さん
そして舞踊団の方々は3年前のフラメンコ曽根崎心中鯖江公演
2年前の鯖江市文化センターでのフラメンコ公演
していただいた時に縁あって、知り合いました。
たまたま、たつやがパイプ役とお世話役を
させてもらった関係でその後も時折、連絡をしていて、
今年の春先に福井公演の話を聞いた時には、
思わず万歳をしてしまったくらいでした。

以来、ずっとこの公演を楽しみにしていました。
そしてそれが今日実現したのです。
それも思いがけないビッグプレゼント付きで。

sone8.jpg

sone7.jpg

今日のゲネプロ(リハーサル)での撮影を許可いただいたのです。
通常はあり得ないことだと思うのですが、
ブログを見てくださっている佐藤さんご本人が
快諾してくれたのです。

sone9.jpg

もちろん、データはお送りしますし、
このブログに掲載の許可もいただいていますよ。


阿木燿子さん、宇崎竜童さんという天才カップルが手がけた
フラメンコ曽根崎心中
鍵田真由美さん、佐藤浩希さん、矢野吉峰さんという
やはり天才踊り手に出会い、同じく素晴らしい舞踊団、
感動的ステージを演出したミュージシャンたち、
舞台衣装や舞台作りの方々、
そして主催者など、すべての人の力を結集して、
この人口80万余の福井県で4000人近い観客に
素晴らしい感動、感激、感謝の気持ちを与えてくれたことは、
本当に誇りに思える画期的なことでした。

sone10.jpg

近松ゆかりの福井県でこの公演が鯖江に続いて二回目が
更にパワーアップして行われ、
たくさんの福井県人に感動を与えてくれたのでした。

福井の文化レベルが確実に上がったでしょうね。

この企画をして、見事に成功させた甲泰営建築の会長
熱い想いとものすごい行動力に素直に感激しましたし、
こんな機会を作り出していただけたことに深く感謝しています。

ステージの後の楽屋でも、ホテルでのパーティーも、
二次会も関係者といろんな話をさせていただき、
本当に充実した一日となりました。

また、このステージは絶対に観たいです!

このブログを見てくださってる方、
もしお近くにフラメンコ曽根崎心中の公演があれば
是非是非観に行ってくださいね。
特筆すべきは音楽がまたスゴイんです!

(行ってからのお楽しみですけどね♪)

最高のオススメ舞台ですよ〜!

以前に書いたフラメンコ曽根崎心中の記事ですバッド(下向き矢印)
http://onmyojitatsuya.seesaa.net/article/39295831.html

※写真の二次使用はかたくお断りいたします。

ブログランキングにも応援よろしくお願いしま〜す。わーい(嬉しい顔)

posted by たつたつ・たつや at 17:07| Comment(34) | TrackBack(1) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月02日

The Manhattan Transfer

世界最高峰の歌です!
まさに誰にも真似の出来ない本物の凄さでした。

30日に福井フェニックスプラザで行われた
マンハッタントランスファーJAPAN TOUR福井公演
コンサートに行ってきました。

img082.jpg

し、しかも最前列のほぼ中央で!
最後に握手までしてもらっちゃいました。わーい(嬉しい顔)

彼らの音楽にそんなに詳しい訳ではありませんが、
実際に目の前にいて、歌って踊ってお話を聞いて、
本当に感動しました。

1972年の結成から35年、少しも色あせることなく、
時間を積み重ね、より完成したハーモニーを聞かせてくれました。
実にかっこいいオジサンオバサンでした

実はたつやは彼らのコンサートは二回目なんです。
15年以上前に福井市文化会館でのコンサートに行ったのです。
その時の感動を思い出しました。

ただちょっぴり残念だったのは、お客さんの入りが少なかったなぁ。もうやだ〜(悲しい顔)
最後のアンコール曲はノリノリだったから、
ついたつやは立ち上がったのですが、
周りを見ても、だ〜れも立っていなかったことも、寂しかったな。ふらふら
っていうか、たつやがオカシイ?がく〜(落胆した顔)

マンハッタントランスファー(ウィキペディアより)

1972年結成。男女各2人による4人編成。
1979年、テレビ番組「トワイライト・ゾーン」
の同名テーマ曲をジェイ・グレイドンのプロデュースで
ディスコ調にカバーし、これがヒットしたことで
広く注目を浴びるようになる。
1980年にウェザー・リポートのカバー曲「バードランド」で
グラミー賞を受賞。
1981年には「ボーイ・フロム・ニューヨーク・シティ」が
ポップチャートでも大ヒットし、
ジャズとポップの両部門でグラミー賞を受賞した。

当初はヨーロッパから人気が出たほか、
日本での人気・知名度も高く、
来日公演のライブ盤や日本限定盤もいくつかリリースしている。




posted by たつたつ・たつや at 22:51| Comment(4) | TrackBack(0) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

フラメンコ曽根崎心中

その瞬間たつやは思わず立ち上がり出来る限りの拍手を送った。
次々と観客が立ち、万籟の拍手が広がり鳴りやまない。

鯖江でのコンサートや舞台では見たことがない
スタンディングオベーションは最後の最後まで
止むことはなかった。

その年の春に市役所に勤める友人から一本の電話が入った。

近松門左衛門が幼少の頃に鯖江にいたことは有名だが、
その話は近松につながっていた。
阿木燿子プロデュース・音楽、宇崎竜童による
『フラメンコ曽根崎心中』。
主演、鍵田真由美・佐藤浩希

こんな舞台を鯖江でやりたいが、どう思う?

即座に答えた。「やりましょう!絶対やりたい!」

だけど、公演内容や予算のこととなると
困難や苦労は容易に想像できた。

しかし、その年(2005年)の9月に実行委員会や行政、市民が
様々なカタチで協力することにより、
一地方都市では珍しく鯖江市での実現に漕ぎ着けたのだった。
もちろん、公演は大盛況・大成功だった。

img071.jpg

フラメンコ曽根崎心中は2001年に初演され、
2004年にフラメンコの聖地スペイン・ヘレスで行われた
『フェスティバル・デ・ヘレス』に出演した。
当初、スペイン人からの反応は
「日本人は器用にフラメンコを踊るね、だけどハートが違うよ」とか
「流れてる血が違うよ、まっ、見てみたい気もするけどね」
というようなものだった。

しかし、公演を終えた後には、
涙を流しスタンディングオベーションを
繰り返す観客たちでいっぱいになった。

「信じられない、こんなフラメンコがあったのか!?」

「日本人にしか表現できない愛の世界!本当に感動した」

初ステージの後は、毎日のようにヘレスの新聞や
スペインのマスコミの取材が殺到したのだった。

img073.jpg

曽根崎心中は、江戸時代に初演され、瞬く間に人気を博し、
連日連夜超満員だった。
しかしながら、その年には実際に心中する事件が続発した。
そのため幕府は曽根崎心中の公演を禁止し、
それは昭和の初期まで続いたらしい。
それほどまでに曽根崎心中は日本人の心を
捕えてしまうということなのだろう。

曽根崎心中の簡単なストーリーはこうだ。

18世紀初頭に起こった、哀しく激しい愛の物語。
18世紀のはじめ、大阪の曽根崎に、
叔父の経営する醤油屋に勤める徳兵衛と
天満屋に身を置く遊女・お初という、恋人同士がいた。
二人は、将来結婚しようと誓い合っていた。
だが、店の主人は、商売熱心な徳兵衛を、
姪と結婚させようと話を進めていた。
徳兵衛がなかなか承諾しないので、主人は徳兵衛の継母に、
大金を渡して話をつける。
それを知った徳兵衛は、自分の妻は
お初しかいないと訴えるが、主人は聞き入れない。
徳兵衛は継母の家に行き、
主人から受け取った大金を主人に返すために取り戻した。

 その帰り道、徳兵衛はばったり出会った親友の九平次に、
金を貸してほしいと懇願される。
人のいい徳兵衛は断りきれず、
主人に返すための大事な大金を、九平次に貸してしまった。
だが、約束の日を過ぎても、
九平次は、金を返しには来なかった。
一方お初の身にも、身請け話が持ち上がっていた。

 そんなある日、運命に追い詰められた二人は、
久しぶりに生玉本願寺の境内で再会する。
するとその時、町衆といっしょに九平次が現われた。
「金を返せ」と迫る徳兵衛。
「金など借りていない」と開き直る九平次。
九平次はさらに、徳兵衛が店の金を使い込んだと
町中に吹聴し、町の人々は、九平次の嘘を信じた。

 落胆した徳兵衛は、お初が働く「天満屋(てんまや)」に
人目に隠れてやってきた。
徳兵衛をかくまうお初。
そこへ九平次が店にきた。
大金を使い我が物顔であびるように酒を飲む九平次。
すべてのことが、九平次の思い通りに進んでいた。

そもそも、遊女であるお初は、
自由に徳兵衛と結婚できる身分ではない。
九平次の企みにだまされた徳兵衛も今では追われる身。
商人にとって一番大切な信用を失い、
叔父でもある主人に合わせる顔もない。
お初は、どうせ生きて結ばれることがないのなら、
天国で夫婦になろう、
愛をまっとうして一緒に死のうと、徳兵衛に迫る。
追い詰められた自分のために命を断とうというお初の心に、
徳兵衛は心中を決心する。
ふたりは店を抜け出し、曽根崎の森へと向かう。
そして、天国で夫婦になることを固く誓い合って、
愛と名誉を守るために、心中を果たしたのだった。


img074.jpg

フラメンコ曽根崎心中にはセリフは存在しない。
わずかにナレーションが入るがあとはすべて踊りと歌、
そして身体全体と表情だけで表現する。


お初と徳兵衛が村の衆の好奇と軽蔑の目にさらされ、
噂されるシーンがあるが、
村の衆を演じる舞踊団の踊りや表情には
鬼気迫るものがあって圧巻だ。

img076.jpg

フィナーレのシーンはとても文字で表すことは不可能。
あえて伝えるならこんなカタチだろうか。
この愛を完遂するには心中という方法しか
選ぶことができない二人。
しかしなかなか刀をお初に向けることができない徳兵衛、
その葛藤を身体全体で全身全霊の踊りだけで表現する。

そして…

特筆すべきは、音楽だ。
効果音、音楽、歌、全てがライヴなのだ。
感動は、音も含めてフィナーレにやってくる。


あの感動のステージから二年。

フラメンコ曽根崎心中がうれしいことに
再び福井県内で公演されることになった。


img072.jpg

既にたつやはチケットを購入して、
指折り公演を楽しみにしている。

フラメンコ曽根崎心中・福井公演
2007年7月15日(日)福井フェニックスプラザ
昼の部・開場1時・開演1時半
夜の部・開場5時半・開演6時
お問い合わせ先・FBCメディアコンテンツ
0776-57-5489
SS席8000円・S席7000円・A席6000円・B席5000円(全指定)

※写真掲載については、許可をいただいて掲載しております。

昨年3月には、フラメンコのステージで鯖江に来ていただきました。
その時に、いろいろアテンドさせていただいたのが縁で、
今でも、たつやとも、懇意にしていただいていて光栄ですわーい(嬉しい顔)

wR.jpg

kagitasatou.jpg

posted by たつたつ・たつや at 23:10| Comment(2) | TrackBack(1) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

森山直太朗コンサート

naotaro1.jpg

昨年の小松以来、森山直太朗のライブは2回目。
今回は、越前市文化センターという会場なので、
たつや的には、近くていい。
早めにチケットを取ったので、席も前から7番目の左手で、
ミュージシャンも本人もよく見えたわーい(嬉しい顔)

naotaro2.jpg

あ〜、それにしてもなんという声ハートたち(複数ハート)
やっぱ直太朗は、アコースティックがいいなぁ。
「愛し君へ」は聞いていて、魂が揺さぶられるよう。
どうしたらあんな素敵なファラセットが出るのだろう?

ライブへ行って毎回感じるのは、
五感を総動員して楽しめることの素晴らしさ。
耳で聞いて、心で聞いて、
見て、空気を感じて、匂いを感じて・・・。

それから、今回のツアーでは、各地の中学生の合唱部が
同じステージに上がって、直太朗と一緒に歌うという企画がある。
これは、昨年のNHK全国学校音楽コンクール中学の部課題曲として
直太朗が「虹」という歌を作曲したのがきっかけになっている。

武生でも、福井大学付属中学の合唱部の子どもたちが、
ステージに上がり、直太朗と一緒に歌った。
この子どもたちにとっては一生忘れることの出来ない、
素晴らしい経験になっただろう。

こんな風に各地で心温まる交流をしていくことで、
きっとまた新しい違った世界とのつながりが生まれて、
そしてそれらがまた森山直太朗を育んでいくはず。

「虹」

広がる空に 僕は今 思い馳せ
肌の温もりと 汚れたスニーカー
ただ雲は流れ

きらめく日々に 君はまた 指を立て
波のさざめきと うらぶれた言葉
遠い空を探した

喜びと悲しみの間に 束の間という時があり
色のない世界
不確かな物を壊れないように隠し持ってる

僕らの出会いを 誰かが別れと呼んだ
雨上がりの坂道
僕らの別れを 誰かが出会いと呼んだ
時は過ぎいつか
知らない街で 君のことを想っている

風になった日々の空白を 空々しい歌に乗せて
未来を目指した旅人は笑う
アスファルトに芽吹くヒゲナシのように

僕らの喜びを 誰かが悲しみと呼んだ
風に揺れるブランコ
僕らの悲しみを 誰かが喜びと呼んだ
明日へと続く不安げな空に
色鮮やかな虹か架かっている

僕らの出会いを 誰かが別れと呼んでも
徒(いたずら)に時は流れていった 君と僕に光を残して


難しい詩だね・・・中学生だからわかるのかな?

naotatro3.jpg

森山直太朗、また、行ってみたいミュージシャンです!
posted by たつたつ・たつや at 21:54| Comment(2) | TrackBack(0) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

シャンソンライブ

hazz2.jpg

hazz3.jpg

12月23日の夜に武生クラシックスという場所で
シャンソンのライブがあった。

この建物は古い蔵を改造して、ちょっとしたライブが
できるスペースとして位置付けられている。
太い磔がむき出しになっていて、音響も良く
小さなライブなどをするにはいい空間だと思う。

hazz5.jpg

たつやは割といろんなジャンルの音楽を聞くが、
生歌でのシャンソンは初めてのこと
全くの白紙の状態でライブに出かけた。

シンガーはHazzさんで、シャンソン界では実力があって
雰囲気も素敵で有名な方。
ピアノ伴奏の蛯名知子さんと出演され、約1時間半のライブが行われた。

hazz6.jpg

素晴らしい歌声はもちろん、声にならない声や
表情が素敵で正直すごく良かった。
特に、消えいくような声や囁くような声、
ブレスと一緒になったような声、語りかける声、
明るく力強い声
・・・それら七色の声に感動させていただいた。

ピアノ伴奏もヴォーカルを引き立てて、
その心地よい美しいメロディを響かせてくれた。

こんな素敵なライブが福井で聞けたのは幸せなことです。

CDをいただいて、車の中で聞いています。
たつやの親父もお気に入りみたいですね^^

新しい音楽との出会いは心を豊かにしてくれますね♪


hazz4.jpg

Hazzさんってこんな方です。

東京タワー蝋人形館・吉忠ロマンテックス・Esso・
キャタピラー三菱・ロダニア・ヤシカ・ユニチャーム 他 
数々のCF・CMに出演

ミュージカル「ロビンソン漂流記」幻一馬 演出 ヒロイン、
日劇ミュージックホール30周年記念正月公演
蜷川幸夫 演出ゲスト出演、東邦生命ホールでのリサイタル 他、
新高輪プリンスホテル・京王プラザホテル・羽田東急ホテル
等、 ホテル主催のディナーショー、
その他 数々のショー、コンサートなどに出演。

釧路市生まれ、湘南育ち。幼い頃よりバレエ、日舞を習い、
劇団ひまわり、東芸プロを経て、芝居のできるCMモデルとして活躍後、
シャンソン歌手となった変わり種。
ミュージカル、レビュー、ディナーショーをこなすタレント。
銀巴里には閉店まで13年間出演。
美祢市市民大学講師、シャンソン教室アントゥーカ主宰
定評のあるきれいな日本語をいかし話し方教室も。


公式ホームページはここ
http://hazz.jp/

尚、写真の掲載はHazzさんご本人の許可を得ています。


posted by たつたつ・たつや at 23:30| Comment(2) | TrackBack(2) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月14日

浜田省吾コンサート

hamasho track.jpg

数年前にサンドーム福井に来たハマショーは、結構おじさんになってた。
な、なのに、昨日金沢にいたハマショーは、めっちゃ若い!な、なんでぇ!?

浜田省吾ソロデビュー30周年・・・
あの「路地裏の少年」から30年の月日が流れたのだ。
えっ!?ホント?ちょっと信じられない。

「生まれたところを遠く離れて歌う
 この子にいつの日か 光が見えるように・・・」
この歌を書いたのは1975年で22才の時だった。

「年をとるのは、まんざら悪くない、
 もっと自由で純粋に音楽をやれるようになるよ」
あの頃の自分に何か言ってやるとしたら
 そんなことだろうか・・・。

             浜田省吾


img058.jpg

金沢観光会館でのコンサートはつい先日、たくろうで来たが、
同じ会場だけど、平均年齢がたくろうファンに比べてひとまわり以上若い。
コンサートが始まる前から「ショーゴ」「ショーゴオ」と声がかかる。
始まると同時に2回席も総立ち!

エネルギッシュなステージ、溢れるパワー、凝ったスクリーンに映される
映画のようなストーリーと歌。
そのひとつひとつに導かれるように、彼の魅力に吸い込まれていくようだ。

カッコイイ、まじカッコイイ、ホント憧れちゃうハートたち(複数ハート)ハマショー。
年齢とかを超越してるよ。まさにカリスマだね〜るんるん

アンコールでのマネーの大合唱で会場はピークになって、
バラードで2時間40分のステージに幕が降りた。

img057.jpg

img056.jpg

ライブってやっぱりいい!
身体と魂で感じて、エネルギーが自分の中からも満ち満ちてくる。

ありがとー!浜田省吾、あんたは最高にかっこいい53歳だぜぃ!
posted by たつたつ・たつや at 20:56| Comment(4) | TrackBack(0) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

吉田拓郎コンサート

img043.jpg

あ〜、すごいすごい!あんな六十歳がいるんだ。
カッコイイ!まじカッコイイよ。


休みなし、アンコールなしのぶっとうしの二時間四十分。

僕の席は二階席の一番後ろ。
しかもめちゃめちゃ狭いシートだったので、
後ろの通路にずっと立って聞いていました。

立ってる方が、曲に乗れるしるんるん広いからバッチリ!

総勢二十数名のビッグ・バンドを従えて歌う拓郎は、
昔より元気そうで、声もすごく出ていて、感動の連続でした。

コンサートに来た人の平均年齢はかなり高い!?バッド(下向き矢印)

takurou.jpg

70年代の曲はもちろん、
中島みゆきの作った「永遠の嘘」(というタイトルだと思う)
「アイシテル」「外は白い雪の夜」すごく良かった。

img045.jpg

吉田拓郎のコンサートへ初めて行ったのは、中学3年の秋の福井市文化会館

裏口で待ってたら、拓郎がギターケースひとつ持って入ってきた。
学生服を着ていたたつやは「サインください」と言ったが、
一瞥されて「あとでな」と言われた。
あとで本当にもらえるのだろうかと思っていたが、そんなわけはなかった。

img044.jpg

あれから30年以上たって、拓郎も本当に角がとれたように感じた。

コンサートの最後の曲が終わった時、客席に向かって、
深々とおじぎをした。
それも30秒はしてただろう。
そんな拓郎を見て、涙が流れたたらーっ(汗)

img042.jpg

ありがとう!拓郎ハートたち(複数ハート)
最高のコンサートでした!



posted by たつたつ・たつや at 01:30| Comment(4) | TrackBack(0) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月30日

地震カミナリ火事オヤジ

劇団ふるさときゃらばんの鯖江公演が今日6月30日に
鯖江市文化センターで開催された。

今回のミュージカルの演題は「地震カミナリ火事オヤジ」
消防団の団長をしている家族を中心にした心温まるテーマだった。

キミはきみのクニ・郷土を愛しているか、
キミのくらす街やムラを愛しているか、
いつどこで災害が起こってもおかしくない日本列島で、
もしキミの家族を危機が襲って来たら、誰が救うのか、
だれと助け合って災害とたたかうのか

日本列島は、いつ大地震や津波が襲ってくるかわからない、
日本中を流れる河川のうち洪水の危険をはらむものは
100を超えるといわれている「災害列島」。
そして火事の原因で一番多いのは放火だという時代だ。
こんな時代だからこそ、自分の暮らす地域のコミュニティや家族の愛を
見つめ直し、明日への希望と元気を生む現代のドラマを描く、
これがふるきゃらのミュージカルだ。
今を精一杯生き抜く人々の姿を、
カラフルな歌とパワフルなダンスナンバーで表現している。


かれこれこの劇団とのお付き合いも17年を過ぎた。
毎回ステージを見て驚くのは、17年前と変わらず、圧倒的なエネルギーで、
私たち観客を楽しませてくれることだ。

笑いあり、涙あり、心に響くメッセージあり、
感動と感激と感謝を同時に味わえるステージだった。

ふるきゃら3.jpg

ふるきゃら2.jpg

ふるきゃら1.jpg

公演が終わってお客様をお見送りに出られる劇団の方々です。

今回、主催のお手伝いをさせていただきましたが、
チケット販売のお手伝いや、チケットを買って観に来て下さった方々、
消防団の方々、消防署の方々に深く感謝いたします。

ありがとうございました。

posted by たつたつ・たつや at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月04日

ユーミン in Sundome fukui

中学・高校時代、あまりユーミンは好きじゃなかった。
あの鼻にかかった声と、濃い化粧のキャラクターがダメで、
だけど曲と歌詞は嫌いではなかった。

いつしか時が流れて『私をスキーに連れてって』
(恋人がサンタクロース)辺りから、よく聞くようになっていた。
そして、いつの間にか、車の中でも、うちの雑貨店の中でも
ユーミンの曲は流れるようになっていった。

一昨年の12月29日に福井のフェニックスプラザでのライブに
行ってからは、マジにハマってしまった。
なにせ、年末も押し迫った時期で、その年のラストコンサートだった
ということも手伝って、ステージも観客も
とにかく、ここは福井?と思うくらい盛り上がった。

yuming cd.jpg

で、昨夜はユーミンのライブに行ってきました!

会場は、たつやの自宅からも歩いて20分くらいのところにあるサンドーム福井。
開場の5時前からサンドーム付近は大渋滞・・・。
僕らは知り合いの居酒屋の駐車場に停めさせてもらって、会場へ。

sun dome.jpg

僕らは10人くらいのグループで行ったが、
席は一階のアリーナ席の後ろの真ん中辺りという、まずまずの場所。

ticket.jpg

大きな液晶のモニターがステージの左右にあって、
なんと、そこには灯台が(しかも、ビルの4階建てくらいはある・・)
50年代のアメリカのピックアップトラックがステージを移動する。
これでもか、これでもかという数の照明とスモークマシン。
とにかく凝りに凝った機材と演出の連続。

もちろんユーミンとバックバンドの音楽は最高に乗り乗り!
ダンサー達がステージを所狭しと飛び回っていた。
新しいアルバム『a girl in summer』の曲と昔懐かしい曲を
織り交ぜながら、感動のステージが続いた。

コンサートの中盤に差し掛かったころ、たつやの席の横の通路に
たくさんの警備員がズラリ並んで、ロープを持ってしゃがみこんでいる。
も、もしかして、ここユーミンが通る!?!ひらめき

き、来ました、マジで大興奮!
ほんのちょっとですが、生ユーミンに触れてしまいました!

で、なんとたつや達の席のすぐ後ろに特設ステージが作られていて、
そこで、3人のバックバンドメンバーとユーミンが歌ったのです!
いきなり前から3番目くらいの席に早変わり♪
年甲斐もなく、曲に合わせて踊りまくり!でしたるんるん

感動・感激の2時間半のライブは、あっという間に終わってしまったのでした・・・。

poster.jpg

それにしても、ユーミンは天才!凄すぎる!
放つオーラが違ってました!
たっぷりエネルギーをいただきました。

やっぱ、五感を総動員して楽しめる生の音楽は最高ですなぁ!

posted by たつたつ・たつや at 09:37| Comment(11) | TrackBack(0) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

ふるさときゃらばん

17年前の春、下関の友人から久しぶりに電話があった。
「たつやさん、お久しぶりです・・(略)
ところでふるさときゃらばんっていう劇団を知ってますか?」
知らないと答えると、その劇団についていろんな話をしてくれた。
なんでも、日本全国を旅して回っている劇団で、とにかくステージでは
元気があって楽しく、あふれんばかりのエネルギーを発するらしい・・・。
で、その劇団の営業部員はその地区地区での公演が決まるまで、
その町に住み込み、いろんな人と出会い、
一緒にステージを作っていくという。
山口県で営業していたスタッフが今度は福井に行くので、
一度会ってみてくれないか、という主旨だった。

数日後、劇団の角谷さんという若い女性から電話があって、
近所のカフェで会うことになった。
要するに公演をするのに、地元の有力な組織や青年団を紹介して欲しい、
できればその人たちに実行委員会を作ってもらって、
鯖江でステージを持ちたいと言う話だった。
当時、たつやは29歳だった。
30まで後3ヶ月くらいで、20代最後に
何かやってみたい!と考えていた。

これだ!ひらめき

「やります!僕、実行委員会作ります!」

あまりの話の進展に角谷さんはビックリしていて、
そんな簡単に決めないで欲しいというようなことや、
組織や金銭的な心配をしてくれたが、
もう僕の頭の中は、20代最後のイベントが決まったことで大喜びだった。

それから友人たちに実行委員会に入って欲しいとお願いをし、
仲間9人で実行委員会を立ち上げた。
(公演前日には30人近くになっていた)
どうせ主催するなら派手にやって楽しんだ方がいいと、
近所のビルの2階の部屋を借りて事務所にし、
軽トラを宣伝カーに改造して街の中を回ったり、
市長や議員さん、町の有力者を呼んでお披露目パーティしたりと
毎晩のように集まって、わいわい楽しくやっていた。
チケットの売り上げアップの方法、集計、当日の役割についての話を
したり、時には会議の後、海までドライブもしていた。

当時は「ふるさときゃらばん」、という名前を知ってる人は皆無で、
全く知らない劇団のチケットを1200枚、しかも一枚2600円で
売ることは、ひとりひとりに声をかけて手売りする以外方法はなかった。
何も言わず、10枚買ってくれた先輩、会社の福利厚生で使うからと
社員全員のチケットを買ってくれた人、家族で行くからといってくれた人、
ホントに様々な人からの温かい気持ちと実行委員会メンバーの熱意の中で
そのチケットは少しずつ売れていった。
そして公演当日、鯖江市文化センターは超満員の観客で溢れかえった。

僕らの想像をはるかに超えたエネルギーあふれるステージは、涙あり笑いあり、
しかも音楽はすべて生バンドというもので感動の余り涙を流した。
公演終了後、劇団員が[送り出し]といって、お客さんひとりひとりに
出口で御礼を言い、握手をした時には、お客さんから
「ありがとう、すごいステージやったね、良かったわ〜」
「また、是非来てください、最高です!」などと口にし、
私たち実行委員会のメンバーにも感謝の言葉を口にしてくれた。

義理で買ってくれた人がほとんど(ほぼ100%)だったが、
翌日から街で会う人たちから、「行って良かった!」と言われた。

あれから17年、またふるさときゃらばんが鯖江にやってくる。
今回は実行委員長ではないが事務局として参加している。
またあのステージから降る注ぐフプラスエネルギーのシャワーを
浴びに行こうと思っている。

DSC_0014.JPG


ラベル:演劇
posted by たつたつ・たつや at 20:33| Comment(6) | TrackBack(0) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。