2008年05月09日

湯の鶴温泉「喜久屋」

喜久屋かなぁ?」
男の子は言った。
お店のおばさんも、うなずいた。
教えられた通り、喜久屋に行くことにした。

川を渡ると、旅館入口反対側に足湯がある。
囲炉裏風にしてあって、足湯だけなら無料のようだ。

kikuya02.jpg

風情のある入口を入ると、小さなカウンターがあって、
上に引き出し付きの小タンスが置いてある。
そのタンスの一番下の引き出しに、
お風呂の利用料金200円を入れるシステムになっているのだ。

えっ?200円!?

しかも自分でお金を入れるの???
超良心的価格だ。
それに朝8時〜夜10時まで利用できる。

kikuya03.jpg

タオルを持っていなかったので、買おうとしたが、
きれいに洗濯したタオルを無料で貸してくれた。

長い廊下を歩くと一番奥が、露天風呂だ。
和室がひとつあって、藤のカゴが三つ置いてあるが、誰もいない。
古い戸を開けると、
おお!これはいい!いい気分(温泉)

kikuya04.jpg

kikuya06.jpg

kikuya00.jpg

長い時を過ごさないと
絶対に味わうことが出来ない空間がそこにはある。
露天風呂をカメラ片手にスッポンポンでがく〜(落胆した顔)堪能した後、
今度は男風呂へ。

kikuya07.jpg

これまた実に雰囲気のある素晴らしい風呂だ。
木で出来た風呂の感触はお湯に浸かって、
もたれている時、めちゃめちゃ気持ちいい。
おまけに風呂桶の下には大きな丸く平らな石が敷き詰められ、
また別の気持ち良さがある。

先客のおじさんに写真を撮ってもいいかを確認すると、
どうぞどうぞ〜わーい(嬉しい顔)減るもんじゃないし^^;

kikuya08.jpg

大概、九州の人は親切だ。
それに知らない人に対して警戒心があまりないように感じる。
何処へ行っても、声をかけてくれたり、親切にされる。
ここも例外ではなかった。

お風呂に浸かって空を見上げると、
新緑がまぶしかった。

kikuya10.jpg

kikuya01.jpg

喜久屋(湯の鶴温泉)
熊本県水俣市湯出1402
0966-68-0211
利用時間 : 8:00〜22:00
利用料金 : 大人:200円 子供:100円
定休日 : 毎週月曜日
風呂 : 男女別内湯、混浴露天風呂
泉質 : 単純硫化水素泉
効能 : 神経痛、冷え性、疲労回復他


kikuya09.jpg

人気blogランキングへ
応援グッド(上向き矢印)クリックいつもありがとうございます。
福井情報の応援もよろしくです。
また、たつやも頑張れます♪




ラベル:熊本県 温泉
posted by たつたつ・たつや at 23:43| Comment(12) | TrackBack(1) | 旅先にて・国内編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なにここ!
もう、絶対行こう!

たつやさんは、すごかばい。(もう気持ちだけは九州)

Posted by お-ちゃん at 2008年05月10日 09:11
年期の入った木壁がいいですねぇ。
混浴露天の出入り口戸も良い感じ♪
効き目ありそうな温泉ですね!いいなぁ
Posted by tama at 2008年05月10日 10:25
また拝見させていただきました。
応援ポチッ!
Posted by サトシ at 2008年05月10日 11:56
金額も嬉しいですけど、人とのふれあいもいいですね〜〜。
↓の駄菓子やさん、そしてコーヒーの店(確かに入るの勇気が要るかも・・・)楽しすぎです(ニコニコ)。
九州南部もいろいろ残ってますね〜〜
Posted by くま先生 at 2008年05月10日 11:58
おーちゃん、鹿児島・熊本はよかところですたい。
温泉は今まで行った中でもピカイチ、たつやの感性に合い申した。
おいどんもまた行きたいでごわす^^;
Posted by たつや at 2008年05月10日 21:28
tamaちゃんと混浴露天風呂へ入りたいなんて、
とても恥ずかしくて言えないでごわす。
Posted by たつや at 2008年05月10日 21:29
サトシさん、
おいどんのカブはJFEホールディングだけですが、
どうなるとですかね〜?
応援、ありがとうでごわす
Posted by たつや at 2008年05月10日 21:30
くま先生も、きっとここは喜んでもらえる場所だと思いますたい。
この左門豊作ことたつやが保障するでごわす。

幼い妹たちのために、ホームランを打つですたい!星くん、覚悟!
(なんのこっちゃ?たつや壊れたでごわす^^;)
Posted by たつやでごわす at 2008年05月10日 21:34
めっちゃステキ☆
こんなの近くにあったらいいのにぃ!
Posted by ほろほろ at 2008年05月10日 23:41
ほろほろさん、ですよね!
こんな風情のある温泉が、都会にあったら、
ものすごい人で溢れてしまうでしょうね。
旅先で出会えたから、またいいのかもしれません。

ほろほろさんは、大野市郊外の鳩ヶ湯はご存知ですか?
ここはオススメですよ^^
Posted by たつや at 2008年05月11日 20:44
私も最も好きな温泉旅館です。毎年4回くらいはとまりに行ってます。
露天風呂は家族風呂ですので600円必要なはずですよ。
Posted by くまくま at 2010年12月12日 15:55
くまくまさん、ご訪問&コメントありがとうございます。
くまもとのくまさんかな^^
本当にいい温泉旅館でした。
泊まってみたかったですがお風呂だけでした。

そうなんです。
申し訳ないのですが、そのシステムをまったく知らずに、
露天風呂にも入ってしまいました^^;
他にお客様もほとんどいなくて・・・

もしまた行く機会があれば600円多く払います・・・。
ごめんなさい
Posted by たつや at 2010年12月12日 22:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

喜久屋旅館
Excerpt: 山間の静かな場所にある温泉地で、湯出川沿いに宿が建ち並んでいます。歴史は古く、平家の落人がお湯で傷を癒す鶴を見て発見したと伝えられています。
Weblog: 温泉生活
Tracked: 2008-07-23 11:14