2008年05月09日

湯の鶴温泉の駄菓子屋にて

湯の鶴温泉は道沿いに川が流れていて、
その右手に何軒かの温泉旅館が並んでいる。

yutuda06.jpg

温泉街の入口に昔懐かしい駄菓子屋を見つけた。
たつやは小学生の頃は、毎日のように駄菓子屋に寄り道していた。
日光写真、くじ引き、チクロ入りのジュース、
煙草型のチョコ、小さな風船に入った羊羹、カレーせんべい、
ゴム動力の飛行機、指に塗るチューブ入りの怪しい煙がでるもの、
銀玉鉄砲、ブリキのカチカチ音が鳴る昆虫、
ロケットの頭に火薬を入れて投げるもの、
メンコ、花火、爆竹、煙幕・・・。

今、思い出しても子ども心を惹き付けるオモチャが
たくさんあったなぁ・・・。


yutuda05.jpg

yutuda03.jpg

そのことが条件反射みたいになっていて、
駄菓子屋を見つけるとふらふらと中に入ってしまう。
何か目的があって入るわけではないのに、
ウキウキしている自分を見つける。
気がつけば、20円とか30円の駄菓子と一緒に、
円形のプロペラだけが飛んでいくオモチャを買ったりする。

yutuda04.jpg

yutuda02.jpg

この店にも学校帰りらしい小学生の男の子が二人、
寄り道をしていた。
どことなく嬉しそうな顔をしている。
きっとたつやもあの頃はこんな顔をして
駄菓子屋に通っていたのだろう。
そうだひらめき彼らに聞いてみよう。


ここの温泉で、何処がいいかな?
出来れば古くて渋〜い温泉がいいのだけど


yutuda01.jpg

人気blogランキングへ
応援グッド(上向き矢印)クリックいつもありがとうございます。
福井情報の応援もよろしくです。
また、たつやも頑張れます♪


posted by たつたつ・たつや at 22:53| Comment(7) | TrackBack(0) | 旅先にて・国内編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鯖江でも、九州でもたつやのセンスは120%
発揮されていますネ。
今年は、”篤姫”の影響か鹿児島、ブームだとか?行きてぇなあ。
Posted by yasu at 2008年05月09日 23:20
鯖江でも、九州でもたつやの魅了は120%発揮されていますネ。
今年は”敦姫”の影響か鹿児島はブームのようですネ。行きてぇ!!
楽しみつつ、心より応援しています。
Posted by やす at 2008年05月09日 23:28
少年たちに聞いた
「古くて渋〜い温泉」
続きの更新が楽しみです♪
Posted by tama at 2008年05月09日 23:45
駄菓子やいったことないなあ。福井にもあったのだろうか。梅ジャムとか食べたかった。

最近はコンビニでも駄菓子が買えますね。一定の人気があるのでしょうか。
Posted by nem at 2008年05月10日 06:06
やすさん、鹿児島はホント良かったですよ。
古き良き風景や伝統が色濃く残っているように感じました。
義兄の家も出水市の武家屋敷が残る界隈にあって、
篤姫のロケの舞台になった家は目と鼻の先でした。
応援、ありがとうございます。
Posted by たつや at 2008年05月10日 21:22
tamaちゃんがカキコした後にすぐにアップしました^^
Posted by たつや at 2008年05月10日 21:23
nemさんは駄菓子屋を知らない世代なんですね。
福井に限らずどこの小さな町にもありました。
たつやが子どもの頃はくじが5円でしたよ^^;

駄菓子は駄菓子屋で買うのがいいのですが、
コンビニとは・・・時代が変わったものですね。
Posted by たつや at 2008年05月10日 21:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック