2008年04月15日

桜残景

yoshizaki01.jpg

一本の桜の木には、いったい何枚の花びらがつくのだろう。

yosizaki05.jpg

短い花の命を終えると音もなく静かに舞い落ちる。

風に吹かれて、少し遠くに行く花びらもあれば、
無風の日にすぐ近くに落ちる花びらもある。

誰もいない校庭の砂場に佇むと、
桜の木々に残っている花と、校庭の土の色さえ変えてしまう
散った花びらたちとは対照的なはずなのに、
色合いはどちらも美しく、僕の目に映る。

校庭を取り囲むように植えられた桜の下を歩く。

ゆっくり、ゆっくり歩く。

目の前に、一片の桜の花びらが舞い落ちた。
ひらひらと地面に落ちると、
もうどの花びらだったか、わからなくなる。

yosizaki03.jpg

蜘蛛の巣に引っかかった花びら。

私は別嬪さんでしょ、と微笑む花びら。

yosizaki02.jpg

満開の桜や、たくさんの花見客で賑わう桜の名所もいいが、
僕はこういう風景が好きかもしれない。


yosizaki04.jpg

人気blogランキングへ
応援グッド(上向き矢印)クリックいつもありがとうございます。
良かったら福井情報もよろしくです♪

ラベル:
posted by たつたつ・たつや at 00:10| Comment(10) | TrackBack(0) | 自然や風景のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これととてもよくにた風景を見たことがあります。
遠い昔のことですが。

タンデムツーリングの途中でした。
なにかに惹かれるようにして左折した道の先には、小さな小学校が。
誰もいない校庭には、
それはそれは美しい満開の桜の木々。
ひっそりと静まりかえって、
不思議なくらいに穏やかで優しい空間でした。
その優しい空気の真ん中で
私たちはどちらともなく寄り添い、抱きあいました。
彼の肩越しには、校庭に散った無数の桜の花びらが見えて。

遠い昔のこと。
たつやさんの美しい写真が、
あの時の風景を記憶の隅から呼び覚ましてくれました。

Posted by 桔梗 at 2008年04月15日 12:52
素晴らしい写真ですね。感動しました。
日本人=武士の散り様を見たかのようです。
桜は日本人の心ですね。
Posted by kumiko at 2008年04月15日 13:38
 初めて お邪魔させていただきます!
以前 舞妓丼の件でメールさせて頂いた者なのですが・・

 とても素敵な写真(*≧∇≦)蜘蛛の巣にひっかかった写真 遠目でみると 散っている途中の写真に見えました。。こんなに素晴らしい風景を見せてくれる桜さんに感謝ですね♪とても 癒されましたヽ(´▽`)ノありがとうございます☆

 食べるの大好きで 以前から たつやさんのブログを拝見させてもらっていたのですが、たつやさんのお店から 家が近い!ということが分かり 前から お伺いしてみたい!と思っていて ようやく今日行くことができました! 正直 お店入る時は勇気がいりましたが・・・(^^;

 スリッパに履き替えて ワクワクしながら 階段を上っていくと とても深みのある アンティークの雑貨達が☆ なんだか 落ち着くぅ〜(^-^*) 綺麗な奥様が優しく対応してくださいました☆ 石釜がとても気になって どこにあるんだろうぅ?と思ったら 奥の駐車場に!近所にこんな素敵な所があったんだ!と嬉しくなっちゃいました(*'ー'*)♪

今週18日に出産予定なので またしばらくいけないかもしれませんが いつかぜひ たつやさんとのご対面&石釜での料理を食べてみたいです(゜▽゜*)ニパッ♪

 では 長文 失礼しました(^^;
Posted by ゆい at 2008年04月15日 15:30
桔梗さんの淡い素敵な記憶を思い出させたなんて、
とても光栄です。
タンデムしてた若い頃に、こんな風景に偶然出会ってたなんて、
その頃から優しい感性の持ち主だったんですね。

でも、たつやも何かに惹かれるように、
ハンドルを切って、登った坂道の左側にあった学校の風景だったんです。

こんな日にこの風景に出会えるのも、まさに一期一会ですね。
Posted by たつや at 2008年04月15日 22:51
kumikoさん、そうですね。
桜は日本人の心です。
そして、その桜がずっとずっと昔から
日本人に最も愛された木かが、わかります。
この時期、どこへ行っても桜の花が見えない場所の方が
少ないように思えます。
桜を歌った歌も多いし、実際ヒットするのも、
日本人の心をくすぐるのでしょうね。

たつやも年々、くすぐられ度合いが高くなってます^^;
Posted by たつや at 2008年04月15日 22:55
ゆいさん、ご訪問&コメント、それにカンパネルラへのご訪問、
併せて、ありがとうございます。
かみさんから、ゆいさんのことをお聞きしましたよ。
臨月だそうで、もうすぐママなんですね^^
大事な時期に、訪ねていただいたなんて感激です。

子どもさんが生れるのは、ちょっと桜の時期の終わりかもしれませんが、
きっと毎年桜を見ると、子どもさんのことを
思い出すのではないかな。
そういう桜との思い出ができるなって素敵なことですね。

どうぞ、お大事になさって、元気な赤ちゃんを♪

たつやとのご対面は胎教に悪影響を及ぼす恐れがあるので、
お生まれになってからの方がいいかもね^^;
Posted by たつや at 2008年04月15日 23:02
 奥さんお話してくださったんですね(゜▽゜*)ニパッ♪
 そうなんです!臨月も臨月明後日が予定日なので 横綱級のお腹しております((^┰^))ゞ

 私自身桜が好きなのと 季節的にも 子供の名前に”桜”をいれたかったのですが 名字との関係で無理になってしまって・・(^^;
 そうですね!好きな桜との思い出がまた1つ増えるのは 嬉しいです♪

 !!そうなんですね・・(゜∀゜ll)。たつやさんとのご対面は 出産後がよろしいそうで。。。
では 素直にそうさせていただきます(なぁんてっ(*^-^)ゞ)
 
 これからもブログ楽しく拝見させて頂きまぁす(*^▽^*)ノ
Posted by ゆい at 2008年04月16日 13:22
横綱ゆいさん、いよいよ出産ですね^^
ホント、いい季節に生れますね。
新しい命、新しい家族、どうぞ大切になさってください。

ここのブログだけでしたら、胎教にはいいと思いますよ〜^^;
Posted by たつや at 2008年04月16日 23:06
こんにちは、たつやさんと同世代のおんちゃんです。いよいよ大台にのってしまいました。ところで、もう遅いですが、足羽川の桜並木のトンネルを見るのも、今年が最後でした。さみしくなりますね。理由が、堤防の強化とは。もうあの光景は写真で見るしかないですね。
Posted by おんちゃん at 2008年04月18日 16:03
おんちゃんさん、そうですね・・・
足羽川の桜並木のことは本当に残念です。
果たして本当に切らなくてはならなかったのでしょうか?
たつやも撮りに行こうか思案しましたが、
最後になるとわかってたから、やめました。
また新しい若木を植えることもあるみたいなので、
50年後にはまた桜のトンネルができますね。
見れないけど・・・
Posted by たつや at 2008年04月18日 22:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック