2008年04月13日

うおとめ(越前市)

uotome01.jpg

うおとめさんとは、昨年、一昨年と越前市文化センター二階にある
イタリアンレストラン『デル・ソーレ』さん主催の
超豪華グルメ花見会でお会いした。
http://onmyojitatsuya.seesaa.net/article/38928386.html

ご主人と奥さん、それにかわいい女の子ふたりの娘さんと、
家族で仲良く参加していたことが印象に残っている。
そのときも、料理はさることながら、
三味線やクラリネットの演奏をしたり、
お抹茶をたてたりと、多彩で素敵なご夫婦という感じだった。

uotome02.jpg

武生での外食は割りと多いたつやだが、
本格的料亭でとなるとほとんどなく、
当然うおとめへ行ったこともなかった。

uotome04.jpg

そして先日やっと行く機会に恵まれた。
料亭の部屋には、それぞれ床の間があり、花が飾ってある。
それに驚いたのは畳縁に水仙の刺繍がしてあること。
もうひとつ感動したのは掛紙だ。
水彩画でかわいいチューリップが描かれ、
歌が書いてある
、それも一枚一枚手書き!
否が応にも料理も期待してしまう。

とにかく、見た目の美しさは勿論、厳選された食材を、
丁寧に優しく調理してあり、とても感動し、
同時に日本料理の奥深さを堪能させてもらった。

口代
・たらの芽・こごみ・サーモンおくら・スナックエンドウ
・海老・ヤングコーン・もずく・平目子

この一皿で、どれだけの手間と食材選びに時間をかけたのだろう?

uotome03.jpg

造 鮪トロ・甘海老・平目・生雲丹
・・・たまりましぇん^^

uotome05.jpg

揚物 白海老唐揚げ
富山湾特産の白海老は4月1日が解禁だそうです

uotome06.jpg

小鉢 生湯葉・いくら
ガラスの器とユバの白といくらの赤が映えます。
ほんの少しなのに、たっぷり楽しめた感じがしました。


uotome07.jpg

焼物 能登牛ロースステーキ

uotome09.jpg

煮物 鱸 きのこあん

uotome10.jpg

強肴 若竹鍋

uotome08.jpg

酢物 鮑二杯酢ジュレ
日本食でジュレを使ってくる辺りがいいですね。

uotome11.jpg

飯物 鯛飯・香の物
日本人はやっぱご飯もので〆たいです。
香りもダシも、ご飯の炊き具合も最高でした。


uotome12.jpg

果物 メロンシャーベット・オレンジ・キウイ

uotome13.jpg

いや〜、本当に最初っから最後まで、大満足でした。
お店の方の心遣いが、すべてに於いて感じられるうおとめでした。

1500年の歴史の街、武生の懐の深さを感じた一日でした。

uotome14.jpg

料亭 うおとめ
福井県越前市吾妻町1-45
TEL 0778(22)0151 / FAX 0778(22)2315
若女将の四季折々日記(うおとめさんのブログです)
http://www.okami-kumiko.com/

人気blogランキングへ
応援グッド(上向き矢印)クリックいつもありがとうございます。
良かったら福井情報もよろしくです♪


ラベル:料亭 越前市 和食
posted by たつたつ・たつや at 19:55| Comment(6) | TrackBack(0) | 店グルメ・和食・アジア他編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ボクの所属している団体(というかグループ)では毎月積み立てをして年1回武生で飲み会を開きます。「うおとめ」「鎌仁別荘」「萬谷」この3軒を使います。まあどこもよいお店なんだろうけど何せいつもコンパニオンに飲まされてべろんべろんに酔っ払っちゃってじっくり味わったことがないのです。たつやさんのように純粋に食事だけを味わってみたいものです。(ボクには繊細な日本料理ってよくわからなかったりするのですが)
「うおとめ」では若女将さんにワインを勧められてびっくりした覚えがあります。ワインにも相当詳しいみたいですね(ボクはさっぱりワケワカメ)。
Posted by poptrip at 2008年04月13日 23:57
たつやさん
先日はお越しいただきまして、ありがとうございました!ブログでこんな素敵な紹介をしていただいて嬉しい限りです。
今後とも、宜しくお願いいたします!
Posted by kumiko at 2008年04月14日 00:29
料亭での宴会って、どうしてもお酒中心になって、
折角の美味しい料理に手もつけず・・・
という人をよく見ます。
あれって、モッタイナイ(TT)
折角作った料理人としては、残された料理を見るのは、
辛いだろうなぁと思ってしまいます。
お酒をたくさん飲んで、騒げばいい、
といった飲み方(食べ方)はそろそろ日本人として、
考える時期に来てるのではないかと個人的には思っています。

あっ、ごめんなさい。
poptripさんたちのことを言った訳じゃないですからね。
たつやはコンパニオンより、出切れば芸者さんと、
お話したり、お座敷遊びをしてみたいです^^;
Posted by たつや at 2008年04月14日 23:23
kumikoさん、本当にご馳走様でした。
あの料理の味や、感じたことを、
とてもブログで表現など出来ません。
ですが、この記事を見て、うおとめさんに行ってみたいと、
思われる人がいたら、たつやもうれしく思います。

今年の花見は、とっても残念です(涙)
Posted by たつや at 2008年04月14日 23:25
実はボクも同じようなことを思ってました。もったいないなあと。

たぶんボクが口にした最も高価な食べ物ってホテルなんかでの結婚披露宴の食事だと思うんですけど,アレも料理が残ったままどんどん皿がさげられていくんですよね(キャビアとかトリュフとか普段口にできない高級食材も・・)。

ただそういう場の楽しみ方はひとそれぞれなわけでそれも否定することはできないのですよね。だったら高いお金を払ってわざわざ料亭やらホテルでやらなきゃいいじゃん,っても思うわけですがまたいろいろなしがらみとかがあったりして。ってこんなことを真剣に考えてたらわけが分からなくなってきました。長文失礼。

そうそう,ボクはヤングなので芸者さんよりコンパニオンのほうが・・
Posted by poptrip at 2008年04月15日 00:03
poptripさんのおっしゃる通りですね。
いろんな楽しみ方があってもいいのかも。

たつやも2年前くらいまでならコンパ
(できればPコンパ)さんの方が良かったですわ^^;
Posted by たつや at 2008年04月15日 23:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック