2008年04月12日

パン窯の屋根作り(2)

いよいよ柱を建てます。
基礎を作った時に、柱を建てるための金具を8ヶ所
取り付けておいたので、それに沿って柱を立てます。
屋根は低すぎると火で屋根を痛めたり、
下手をすると燃えてしまうかもしれません。
かといって、高すぎても雨がかかりやすくなるので、
210cmの高さにカットして、前後左右の4本の柱を、
ステンレスの木ネジで、固定します。

pany08.jpg

トラス部の組み立てです。
ホゾに柱がピッタリ納まると、
わかってはいてもうれしいものです。わーい(嬉しい顔)

pany09.jpg

火を焚きながら、やるなよ〜!
と言われそうですが・・・がく〜(落胆した顔)

pany10.jpg

三角屋根部分の次は、横の板を入れます。
これらもホゾを切ってあるので、簡単です。

pany12.jpg

pany11.jpg

手前に立てかけてあるのは、
煙突が出る部分を切り抜いた屋根板用のOSB合板。


pany13.jpg

下から見るとこんな感じです^^

pany14.jpg

これから、雨が漏らないように、アルミの板を張っていく予定です。

pany15.jpg

えっ!?左側だけ屋根が長くてアンバランスですって?
これには秘密があるんです。
そのうち、その訳がわかりますよ〜^^


人気blogランキングへ
応援グッド(上向き矢印)クリックいつもありがとうございます。
良かったら福井情報もよろしくです♪



posted by たつたつ・たつや at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | モノ作り・家具他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。