2008年02月09日

餅つき会前夜

明日は、どんなお天気でしょう?晴れ曇り雨雪雷
お天気の神様にはいつも味方をしてもらえるたつやですが、
さすがに北陸の2月だと、わかりません。
勿論、雪が降ってもヤルのですが^^

40人以上の方が来られるということで、
今日はずっと準備をしていました。

z-mochi08.jpg

去年までの餅つきは、杵と臼、蒸篭、お釜一式を
お借りすることができたのですが、
今回は、別口で使っていて×もうやだ〜(悲しい顔)
でも、ちゃんといろんな友人たちが
助けてくれました。わーい(嬉しい顔)
臼と杵は、若い翼くんが、
蒸篭とお釜一式は、これまた若い敏毅くんが。
彼らふたりはまだ22歳というのに、
ちゃあんと家族で今だに餅搗きをしているのだそうです。
もう一式蒸篭、お釜、鉄板を
そば友の飛坂さんから借りることができました。
ありがとうございます。

さて、たつやが以前に骨董屋さんから買った杵を
洗っていたら、先の一部が虫食いで
小さな穴が開いているのに気がつきました。

ありゃ〜、これは削らなきゃ!がく〜(落胆した顔)

と思ってカンナを持って来たら、
今度はカンナの刃がボロボロになってますふらふら
結局、最初にカンナの刃を砥石で研ぐことになり、
それから杵の先を削ることになりました。
こういうのって、あっという間に時間が過ぎて行くんですよね。

z-mochi05.jpg

餅は一日前にはかしいで、水に浸けておかなくてはなりません。
35kgの米をかしぐのは、かなり大変です。
家族や友人の協力がなければ、辛い作業かも?
同じように豆類も洗って水に浸けておきます。

z-mochi04.jpg

もちあわです。

z-mochi01.jpg

大豆と黒豆です。いい豆餅ができそう

z-mochi03.jpg

これ、初めて買ってみました、黒餅米です。
白い餅米にほんの少し混ぜて使います。


z-mochi02.jpg

35kgの餅米を水に浸けたら、
こんなでっかい鍋4つ分になりました。


z-mochi06.jpg

餅搗きはずっと外でやるのですが、
さすがに、凍えてしまうので、
たつやの工房を解放するのですが、
何を隠そう、この工房の掃除が一番大変でしたねふらふら
今日の朝から昼過ぎまでずっとお掃除でしたから^^;
だけど、この中はダルマストーブがあるし、
安普請だけど、雨風はしのげます。

z-mochi07.jpg

準備は確かに大変なのですが、
全然苦になりません。
来てくれた人が楽しんでもらえたら、
企画したたつやが一番幸せハートたち(複数ハート)です

明日、天気になぁれ!

z-mochi09.jpg

人気blogランキングへ
応援グッド(上向き矢印)クリックいつもありがとうございます
良ければ、左手の福井情報もクリックお願いね
先日、今までで最高の全国32位に一時なりましたぁ!
ありがとうございます


posted by たつたつ・たつや at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | たつやの好きなモノ・生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック