2007年12月31日

大晦日

oomisoka00.jpgoomisoka04.jpg

誰もいない会社の中で、父とふたりで
お正月の準備をしていきます。

oomisoka10.jpg

oomisoka05.jpgoomisoka09.jpg

会社での安全を祈願する意味もあって、
各セクション毎に、小さな丸餅とみかんを乗せた
お重ねを作っていきます。
水回りや、危険が伴う機械には輪ジメを置きます。
工場にはお鏡さんを備え、事務所の神棚をお飾りします。

oomisoka07.jpg

oomisoka01.jpg

来年は、会社創立105年目を迎えることとなりました。
こうして大晦日に会社の中を回り、
来る年に備えて準備している時に、
ここ数年のことだが、こんな風に思うようになった。

100年前から、初代も先々代も親父も、
ずっと変わらずに同じことが繰り返されてきたのだ、
これはたつやも息子に続けていって欲しい。


除夜の鐘がなると、神棚のお蝋燭に火を燈し、お参りする。
たったそれだけのことなのに、それが大事に思う。

oomisoka08.jpg

本年は、公私ともに大変お世話になり、
本当にありがとうございました。
2008年もどうぞよろしくお願いいたします。


それから『たつやの感性見聞録』を見てくださっている方、
本当に、ありがとうございます。
来年もまだ続けるつもりですから、
覗きに来てくださいね。
またお気軽にコメントやメールも是非どうぞ。


どうぞ、良い年をお迎えください。

たつや 
平成十九年十二月三十一日
ラベル:藤田印刷所
posted by たつたつ・たつや at 18:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 印刷関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最後の最後まで、こんな写真は撮れないな〜、と感じさせていただきました。
来年は『手ぶれしない』を目標にしようかな(^^ゞ

今年は大変お世話になりました。
来年も、宜しくお願いいたします。

Posted by つかさ at 2007年12月31日 20:45
今年も楽しませていただき、ありがとうございました。
たつやさんの写真は、レンズを見つめるワクワク感や感動、ときめきや愛情、そして旺盛な好奇心を映し出していてとても好きです。
また来年もいろんな記事を楽しみにしています。
私のところへも遊びに来てくださいね。
Posted by 佐恵子 at 2007年12月31日 21:59
つかささんに教えていただいたブログで、
また今までと違った出会いがありました。
自分の中に眠っていた?カメラ小僧の感性が、
カメラおんさんとなって復活したようにも思えます。

これも全部、つかささんのお陰です。
本当にありがとうございました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
Posted by たつや at 2008年01月01日 01:06
佐恵子さん、ご無沙汰しています。
写真を褒めていただくのは、本当にうれしく思います。
このブログを綴るという行程は、本当の自分探しに
つながるように思えます。
振り返ってみて、あ、やっぱりたつやはこういう生き方が好きなんだ、
こんな人やモノが大切なんだ・・・
と客観的に過去の自分を見ることができるから。

佐恵子さんのブログもずっと見せていただいていますよ。
あの小説の続きも読みたいな♪
若かったあの頃を思い出して胸が熱くなります。

たくろうさん、ゆっくり休んで、
また元気な歌声を聞かせてくれる日を
楽しみにしています。
本年もどうぞよろしくお願いします^^
Posted by たつや at 2008年01月01日 01:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック