2007年12月27日

パン窯製作日記その6

晴れ晴れ晴れお天気の日が続いてくれたので、
かなりのスピードでパン窯が出来つつあります。

p-501.jpg

天井は扉に合わせたカタチでRをつけました。
カッターで簡単に切れる紙とプラスチックのボードを
利用して、窯内部のRを作り出します。
これから蓄熱するために
耐火レンガは三段積み上げています。

職人邦彦イケメン邦彦改め)が
レンガを自由自在にカットしていきます。
左右の三角のカットや前面の組み合わせなど
見事ぴかぴか(新しい)としか言いようがありません。

p-505.jpg

p-504.jpg

p-503.jpg

煙突を取り付ける穴さえも、きれいに円形にカットします。

p-506.jpg

8割完成形です。

残りは内部の面積を少し狭くすることと、
煙突用レンガをもう数段積むことです。

耐火モルタルは通常の気温ではまったく乾かないようです。
完成したら、少しづつ薪を入れて
燃やしながら乾燥させなくてはいけないそうです。

パン焼きにはまだ早いですが、
火入れは正月にやってみるつもりです。


p-502.jpg

ちょっと照れるイケメン邦彦改め、職人邦彦グッド(上向き矢印)

人気blogランキングへ
応援グッド(上向き矢印)クリックいつもありがとうございます
気に入ったら応援してくださいね〜^^
相当ピンチです^^;


ラベル:パン窯
posted by たつたつ・たつや at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | モノ作り・家具他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。