2007年12月24日

パン窯製作日記その4

あの重厚でカッコイイ鉄の扉が来て、
見とれていたら、窯作りをお願いしているイケメン邦彦が、
天気が良さそうなので、残りの仕事にかかります。」
と言って、出てきてくれた。

p301.jpg

保温性を高める為、中には砂や砂利を入れてコンクリートを打ちます。

年末の慌しい中なので、「年明けでもいいよ
と言ったのだが、「約束は約束ですから
と、職人魂を刺激されるのか年内に完成させると言う。

p302.jpg

大谷石2枚を窯の基礎部に、両サイドに2枚使用しました。

p303.jpg

p305.jpg

蓄熱は最も大切とのことで、
両サイドに耐火レンガを積んでいきます。
隙間もモルタルで埋めました。


p306.jpg

最近は夕方早い時間から暗くなり、明かりを点けての作業。

p307.jpg

続く・・・^^

人気blogランキングへ
応援グッド(上向き矢印)クリックいつもありがとうございます
気に入ったら応援してくださいね〜^^


ラベル:パン窯
posted by たつたつ・たつや at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | モノ作り・家具他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック