2007年12月10日

松葉屋(小松市)

小松の街ぶらは、たつやの感性を刺激してくれる
昭和の街並みを残しているところが多く、
いくら時間があっても足りない気がする。

matubaya01.jpg

matubaya04.jpg

商店街からちょっと外れた通りを行くと
小松の和菓子の有名店「松葉屋」がある。
最初は、寺口さんに教えていただいたのがきっかけ。
以来、小松に行くと必ずと言っていい程、
この店の栗むし羊羹をお土産に買って帰る。

matubaya02.jpg

松葉屋栗むし羊羹は、竹の皮に包まれており、
葛を加えて蒸してあるので、食感がもちもちしていて、
控えめの甘さが好きだ。
とりわけどこを切っても栗が出てくるのがうれしい。。
その様子が、あたかも満月が闇夜に浮かび上がっているか
のような幽玄の美しさに満ちていることから、
月よみ山路』という名前がついたという話もある。

本当のところは良寛の詠んだこの歌から命名した。
月よみの光をまちて帰りませ 山路は栗のいがの多きに

matubaya06.jpg

縦切りしてみましたひらめき 見て見て!この栗の多さハートたち(複数ハート)

matubaya07.jpg

熱い濃い目の煎茶と、大きめに切ったこの羊羹をいただけば、
あ〜日本人で良かったぁ・・・と思ってしまうたつやです。

matubaya05.jpg

以前は栗だけだったが、数年前からくるみもある。

そういえば、とんねるずの食わず嫌い決定戦で、
あの飯島愛が、この羊羹をお土産に持ってきたらしい。


matubaya03.jpg
   
松葉屋
石川県小松市大文字町69
0761-22-0120

人気blogランキングへ
応援グッド(上向き矢印)クリックいつもありがとうございます
みなさんの応援がたつやの活力です^^

ラベル:スイーツ 石川県
posted by たつたつ・たつや at 23:53| Comment(6) | TrackBack(0) | 店グルメ・和菓子・餅他編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
福井の西武の地下の隅っこに売っています。
美味しいと噂で聞いていたので先日買って食べました。
普通の羊羹をイメージして食べると少しビックリするような変わった食感でした。
甘さ控えめで一本いけそう・・・^^;
Posted by 久美 at 2007年12月11日 01:52
私もお土産によく利用させていただいてます。
そういえば、人にあげるばかりで自分では久しく食べてないかも^^;;
でも、おいしいですよネ♪
小松市の代表する銘菓です
Posted by みおきん at 2007年12月11日 11:28
久美さん、西武に売ってるんですか。
デパートやショッピングセンターにまったく行かないたつやは、
その手の情報にはとても薄いです。
だけど、食品売り場なら興味がありますから、
今度行ってみますね。

確かに、一本行けちゃうかも^^;
Posted by たつや at 2007年12月12日 08:20
みおきんさんちからなら、3分くらいで行けますね。
これいただいた方は、きっと大喜びでしょうね^^
小松の知名度をアップさせるお店ですね。

いろんなところで売られているのはいいのですが、
昔からの製法や材料を変えることなく
続けていってほしいですね。
Posted by たつや at 2007年12月12日 08:24
福井の西武に売ってるて本当ですか?
去年の9月頃、本店まで買いにいきました。
また食べたくなったけど、遠いな〜と
思っていました。栗もくるみも美味しい!
Posted by 辻 未生代 at 2011年01月16日 15:46
辻 未生代さん、ご訪問&コメントありがとうございます。
松葉屋さんのようかんは絶妙ですね。
最近はクルミの方が好きかもしれません。

西武にあるかどうかは、
デパートには縁遠いたつやには、
ちょっとわかりません・・・。

本店に問い合わせてみられたらいかがでしょうか?
Posted by たつや at 2011年01月16日 17:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック