2007年10月13日

冬に備えて!

たつやのDNAの中に、前世で食べ物や薪が無くて、
辛い思いをしたのではないか!?
と思われるフシがある。

食べ物が大量に入ると、調理して冷凍保存したくなるし、
薪を置く場所がもうない!と言いながら
いい薪があるともらってしまう・・・。

maki07102.jpg

以前にも書いたが、『備えあれば、憂いなし
と言うのは、米と味噌と薪のことらしい。

以前桜の木をもらった造園やさんの作業場に行ったら、
ど〜ん!とメチャメチャいい木が積んであった。
見るからに硬い木で、薪にするなら最高級のやつ。

もしもし〜、あのぅ作業場にいい木があったんやけど・・・

あっ、まだ欲しいんですか?どうぞどうぞ持っててください

以前もう置く場所がない・・・なんて言ったのに。
また欲しいなんて、欲張りなたつや。ふらふら

maki07103.jpg

軽トラで2回往復して、かなり大量の木材が手に入った。
だけど、これからがまた大仕事!

ストーブに入る長さに玉切りをしなくてはならない。
目立てしてもらったばかりのチェンソーは
切れがいいから気持ちがいい。
それに2サイクルエンジンの音は、
バイク好きのたつやには、心地いい音なのだ。

maki07101.jpg

2時間半かかって、すべての木材を切り終えた。
さて、これからが体力勝負。
斧を使って割っていかなくてはならない
硬木は字の通りメチャメチャ硬い木材、
ちょっとやそっとの斧の使い方では刃が立たない。
今日いただいたのは樫の木
全身筋肉痛になるのは、この薪割りの作業の次の日。

maki07104.jpg

これから毎日、20分くらいづつかけて
ゆっくり割っていこうと思う。

考えてみれば、薪になるまでは一年〜二年乾燥させる
必要があるので、ものすごい手間隙と時間をかける
ある意味、超アナログ的な暖房なのだ。

だけど、あの暖かさとストーブの上の料理
知ってしまうと元通りの暖房には戻れない。

寒くなるのは、うれしくないけど、
ストーブを焚ける日が来るのは待ち遠しい。

先日今立で見かけた彼岸花。
緑の田んぼの中で、一際赤がきれいでした。


higanbana.jpg

ブログランキングに登録しています。
 たつやのブログの応援をしてもいいよ〜という方は、
 左手の上から20cmくらいのところにある
 人気blogランキングへ
 をクリックしてくださいね。
 その数でランキングが決まります。

ラベル:薪ストーブ
posted by たつたつ・たつや at 19:43| Comment(4) | TrackBack(0) | たつやの好きなモノ・生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あっ!私のことだ。
前世で食べ物や薪が無くて、
辛い思いをしたのではないか!?・・・って。
ついつい、蓄えたくなります。

もう、そんな時期。冬支度ですね。
薪をくべてチロチロ炎を見ていると癒されます。
Posted by ロンド at 2007年10月14日 02:26
前回のコメントの続きでもありますが・・・
せっかく親戚が福井にいるのだから、というよりも
福井が好きなので
福井でも行動できるような仕事をしようと
色々考え中です。私が動く仕事にすれば問題ないのだということに遅いながらに気づきました。。。

また良い木が手に入ったようでよかったですね♪
どちらかというと私も蓄え好きなので
きっと私のDNAにも溜めよう指示があると思います。
暖炉生活はしたいと思っていますが
どうも考え方が旦那よりも私の方が男性的。
斧を振り上げる日も遠くはないはず・・・
Posted by tama at 2007年10月14日 22:00
ロンドさんも前世でヒモジイ思いをしたんだね^^;
あったかい炎と、あたたかい料理。
このふたつがあれば幸せだもんね♪

Posted by たつや at 2007年10月14日 23:22
tamaちゃんの言う通り!
みちみちより、行動的かも〜^^;
男性っぽいかも〜^^;;

茨城でも福井でもできる仕事にしましょ!
暖炉生活は心を、胃袋を幸せにしてくれますよ。

今回の大量にいただいた樫の木は、
手ごわいなんてもんじゃありません・・・
端っこから少しずつ割っていかないといけません。
それにまた新しい薪用の小屋を建てなくっちゃ♪
Posted by たつや at 2007年10月14日 23:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック