2007年09月29日

常神半島

tunegami1.jpg

初めて常神半島のことを知ったのは、二十年近く前のこと。
当時デザインコミュニティという福井の宝探し運動
推進していた組織に訳も分からず参加していた時だった。

その名前に惹かれたこともあって、
初めて行った時には、
なんて神秘的なエリアなのだろうと思った記憶がある。

tunegami7.jpg

tunegami10.jpg

それから、何度か出かけているが、
その時に感じた神秘的な感覚は、
いささかも衰えていない。

もちろんその間に道が整備されたり、
公園が出来たりはしているが、
美しい天然の湾内に点在する島々を見ているだけで、
落ち着き心が穏やかになるようだ。

一番奥にある集落の常神には狭い場所に民宿が並んでいて、
その路地をちょっと入ったところで、
楽しそうな子どもの声が聞こえてきた。

声のする方に歩をすすめると
家の影からたくさんのシャボン玉が飛んできた。

tunegami4.jpg

ふたりの女のコがシャボン玉を次から次へと飛ばしている。

tunegami5.jpg

tunegami9.jpg

シーカヤックの赤が映える常神の海

tunegami3.jpg

・・・・・がく〜(落胆した顔)

tunegami2.jpg

ブログランキングにいつも応援ありがとうございます。
 お陰さまでずっとランキング上位です。
 いつもレンズが壊れたオカゲ?でちょっと違った風景を
 切り撮れるような気がします。 
posted by たつたつ・たつや at 19:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅先にて・福井県内編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
笑った・・
魚釣禁止。
Posted by tama at 2007年09月29日 21:03
でしょでしょ!
最初、おとうさんがここで釣ってて、
次に息子(弟)が来て、息子(兄)が来て、
おまけに、この後、おかあさんまで来てました^^;
Posted by たつや at 2007年09月30日 23:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック