2007年09月26日

さぬきうどん巡礼の旅2007エピローグ

seto2.jpg

seto3.jpg

瀬戸大橋を渡る頃には太陽が西の瀬戸内海に沈もうとしていた。
瀬戸の海は内海のため、実に穏やかだ。
夕陽の写真を取りたいたつやは、
瀬戸大橋の一番最初のサービスエリアに滑り込んだ。

seto1.jpg

少し残念だったのは、夕陽は海に沈むのではなく、
島に沈んでいくこと。
赤い太陽が、濃緑色の山の向こうに沈んでいく様子を見てると
今日一日の終わりという感覚でなく、
旅そのものが終わってしまうように思えて
一抹の寂しさを感じていた。

seto4.jpg

seto5.jpg

海を渡る貨物船を風に吹かれながら、
ぼんやり眺めていれば、
見えなくなるまで佇んでしまいそうだ。

seto6.jpg

橋の一階?を電車が走る

seto7.jpg

さあ、そろそろ日常に向けて出発しなくちゃ。

香川の旅・おまけシリーズ

写真は高松市内で見かけた屋根?付きポスト

seto9.jpg

今回お世話になった高松ナンバーワンホテルの部屋。
汚くしててすみません。

seto10.jpg

長い間、香川の旅にお付き合いいただき
ありがとうございました。
また福井の魅力もお伝えできればと思います。


seto8.jpg

五色台から見た香川の風景。グッド(上向き矢印)
山々のグラデーションがきれいでした。
posted by たつたつ・たつや at 19:15| Comment(6) | TrackBack(0) | 麺グルメ・うどん編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日、UDON(香川のうどんの映画)のDVD見ましたよ!
作品の良し悪しは別に、釜玉2玉が食べたくて今もどうしようも無い状態です。
滋賀でどこか無いか探しましたがありませんね〜

あの雰囲気であの金額、それはやはり瀬戸内海を渡らないと手に入りませんね〜
Posted by くま先生 at 2007年09月26日 19:53
香川のうどんをはじめて食べた時、
たつやのうどん感を木っ端微塵にされました。
それほど強烈に旨くて、面白くて、楽しくて、
あっという間に虜になってしまいました。

たつやと似ているくま先生なら、きっと永住して
しまいかねないかと心配してしまうくらいです。

滋賀からなら4時間も高速をぶっとばせば、
聖地香川!ちょい辛いけど日帰りも可^^;

今すぐ、山越へレッツゴー
Posted by たつや at 2007年09月26日 22:19
4時間くらいで行けちゃうのですか!?
う゛〜ん・・・いつか。

屋根付きポストに惹かれます。
なんでそんなデザインなんでしょうね?
楽しいうどん旅をありがとうございました〜
Posted by tama at 2007年09月26日 22:35
私が以前、出張で高松に行った時は電車だったんです。橋を走る電車乗りました。
いつもは電車には乗った瞬間に熟睡する(できる)タイプなんですが、この時、運良く、起きてたんです。
もうね、海の上をスイーッて走るんです。たぶん車だと横にガードレールやら何やらで、端までが遠いですよね。ですが電車だから端っこもかなり近いんです。だから、なんか海の上を飛んでるような気分になれました。
かなり楽しかったですよ。少しコーフンしてました。
オススメです。
Posted by ガッツ at 2007年09月27日 21:10
tamaちゃんちからは、4時間はムリだよん^^;
だけど8時間くらいあれば行けるかも???
来週辺りはどうかな?

屋根に郵便マークが着いてて、電気まで点いてるんだよ。
それに、写真では見難いけど、次の集配時間まで、
液晶画面に出てるんです。
金かかったポストだな〜なんて見てしまいました。
Posted by たつや at 2007年09月27日 21:28
ガッツさん
海の上を飛んでいる感覚って、なんかうらやましい!
いっつも車でしか行ったことがないから、
電車では通ったことがないんですよね。

今度行くときは、電車で行って、
香川県内はレンタカーっていうのもいいかもね。
Posted by たつや at 2007年09月27日 21:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/57389275
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック