2007年09月23日

とらや(坂出市)

坂出港の近くに、マスコミ嫌いのうどんの名店がある
ということは、結構前から聞いていた。
」という名前で、
あの『さぬきうどん全店制覇攻略本』でさえ、
所在地のみ掲載されただけで、
それ以外の情報はほとんど載っていない情況だった。

娘が香川で暮らした2年間の間に、
一度はその店を訪れようと思っていたが、
結局叶うことなく、時が流れてしまった。

s-toraya6.jpg

今回の旅の締め括りに、この『』へ行くことに決めた。
地図を頼りに、坂出港のその道を走るのだが、
明はなく、「とらや」といううどんやがあるだけだ。
何度かその近辺を走ってみたが、それらしいうどんやはなく、
どう見ても、その地図上の店は「とらや」だったので、
そこに入ってみることにした。

s-toraya5.jpg

入ると中はコの字型のカウンターになっていて、
近所の工場の常連さんらしき人で賑わっていた。

メニューの中に、「明うどん」という名前を見つける。
店の入り口近くの張り紙を見たら、
から、うどんの味を引き継ぎ、
別の経営者がとらやを開いたらしいということが書かれていた。

s-toraya1.jpg

この旅では、冷たいうどんに冷たいダシが中心のシリーズで
食べていたこともあって、メニューの中から、
食べてみたかったおんたま(温泉玉子)カレーうどんをオーダーした。

しばらく隣のおじさんが頼んだ、明うどんをチラチラみたり、
正面に座ったおばさんが天ぷらを3品も乗せた大盛りうどんを
かきこんでいる姿を見たりしているうちに、
目の前に、紙ナプキンの大きいようなものが置かれた。

ん?何これ?

広げてみると、紙で出来たエプロンだった。
カレーうどんを食べる時は、よっぽど注意していても、
気がついた時には、洋服にカレーが飛んでいたりする。
そのために、紙エプロンを出してくれるのだ。
へー!感心しながら、首からかけて、紐を結んでみる。

s-toraya3.jpg

そのうち目の前に運ばれてきたおんたまカレーうどん
濃い色の濃厚そうなカレーの上に、
白いきれいな温泉玉子が乗っている。
玉子を崩してみると、茶色のカレーの上で黄色の花が開いたようで、
見ているだけで、旨さが伝わってきた。

toraya7.jpg

カレーとダシ、それにツルツルのうどんとの組み合わせは、
日本人にしか理解できない感覚かもしれないが、
絶妙のハーモニーを奏でる。
またとろりと溶けた玉子を混ぜると、
不思議なことにカレーに甘味がプラスされるのだ。
カレーが飛び散る心配をせずに、
ズルズルうどんをいただくことができた。

s-toraya4.jpg

結局、明には行くことは叶わなかったが、
明の味をそのまま引き継ぐ店、とらやは、
やはりさぬきうどんの名店だと思った。

s-toraya2.jpg

とらや
香川県坂出市沖の浜1-4
0877-45-7366
営業時間 10時30分〜19時(売り切れ終了あり)
定休日 木曜

posted by たつたつ・たつや at 20:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 麺グルメ・うどん編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ただいま様々なブログを応援しています!
応援ポチッ!
Posted by マルコ at 2007年09月24日 10:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56832666
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック