2007年09月16日

なかむら(丸亀市飯山町)

初めて香川のうどんを食べに来るきっかけになったのが、
ここ飯山のなかむらだ。

村上春樹が、もっともインパクトを受けたのが、
この店だったようだ。
今ではセルフといううどんやのスタイルも
認知されるようになったが、
ネギを自分で刻んだり、生姜をおろしたり
するだけでも驚愕だった上に、
ネギが切れると裏の畑で客がネギをとってくる
という伝説を作った店だ。

hnakamura8.jpg

2001年に行った時には、かなり迷ってやっとたどり着いた。
ドラム缶が置いてある角を曲がり
なかむらの駐車場に入るのだが、
その入口は軽自動車ならば大丈夫だが、
普通車にはかなり際どい角度だった。
そのため、近所のおじさんがボランティアで誘導係をしていた。

そのなかむらも、いつしか土器川の堤防側からも
駐車場に入れるようになったし、
ドラム缶があったキツイ角度もなくなり、
片側は空き地になっていた。

hnakamura3.jpg

hnakamura1.jpg

農作業小屋?風のうどんやさんの建物はそのままだったけど、
外壁をきれいに張り替えて、きれいになっていた。

この日は、十時半過ぎに行ったため、並んでいる人も30人程度。
駐車場の車は、9割以上が県外ナンバーだ。

hnakamura6.jpg

hnakamura2.jpg

建物の中には大きな釜が置かれ、次々とうどんが茹でられている。
釜あげをもらい、玉子を入れた通称釜たまでいただく。
うどんの熱で、玉子が微妙に固まり実に美しい。
うどんのカルボナーラ状態という感じだろうか。

hnakamura4.jpg

太陽の光を浴びて、なかむらの釜たまが黄金色に輝く。

hnakamura5.jpg

ツルツルといくらでも食べられるなかむらのうどん。

みんな美味しそうに、うどんを食べている。


hnakamura7.jpg

なかむら
香川県丸亀市飯山町西坂元1373−3
0877-98-4818
営業時間 9時〜14時 売切次第
定休日 火曜日 




posted by たつたつ・たつや at 00:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 麺グルメ・うどん編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
久しぶりに村上春樹の「辺境・近境」読み返してみました。たしかにこのお店を絶賛してますね。

ぼくは二度、さぬきうどんを食べに行ってますがあまりディープなところへは行かなかったので・・

ここと「がもううどん」には死ぬまでに一度は行ってみたいと思ってます。
Posted by poptrip at 2007年09月16日 22:53
そうなんです!
この「辺境・近境」を読んでいってみたくなったんです。
さぬきに行くなら絶対に行くべきうどんやさんの
ひとつであることは間違いないと思います。
今回がもうは行けませんでした。
ここもなかなかですね〜^^
Posted by たつや at 2007年09月18日 23:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。