2007年08月24日

ナノグラフィカ(善光寺)

Aさんの別荘から、朝一で長野市に向かった。
よく考えてみれば今日は祖母の命日(8月15日)。
折角だから善光寺参りをしよう

近くのコインパーキングに車を停め、
カメラと財布とタオルだけを持って、街中散策を始める。
朝9時前だというのに、容赦ない太陽が照りつける。
知らず知らずのうちに、軒下の日陰の部分を選んで歩いている。

古い町並みを歩いているときに、ちょっと不思議な看板を見つけた。

ナノグラフィカ

nano001.jpg

nano003.jpg

古い民家を改造して、ちょっとした
ギャラリー兼カフェ兼雑貨店といった感じ。

窓際に置かれた蚊取り線香座布団に惹かれて中に入った。

nano004.jpg

nano006.jpg

「おはようございます。ここってお茶できるんですか?」

「あっ、ごめんなさい。お昼からなんです。
でもギャラリーは準備中なので、
良かったら見ていってくださいね。」


畳に置かれたちゃぶ台の上で作業をしてる女性が答えた。
ギャラリーの作品の説明文などを作っているらしい。

nano002.jpg

いろんな若いアーティストの作品を見てると、
外から小さな子どもが麦藁帽子をかぶって帰ってきた。

nano005.jpg

朝から猛暑で汗だくになって帰ってきた姿を見ていて、
何故かタイムスリップしたような気がした。

nano007.jpg

nano008.jpg

なぜか夢を見ていたように感じた・・・。

さあ、善光寺にお参りです。

zenkoji01.jpg

zenkoji02.jpg

ナノグラフィカ
長野県長野市西之門町930-1
026-232-1532

ブログランキングをぽちって押してね〜 


posted by たつたつ・たつや at 20:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅先にて・国内編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たつやさん、あなたの心眼は本当に素晴らしいです。どうしてそんな素敵な景色が見えるんでしょうか?
小さな子供の背、ちゃんと揃えられた小さなサンダル、お母さんの腕の中の小さな手。
切り取った時の風景。たつやさんの優しさですね。
Posted by ロンド at 2007年08月26日 00:19
何かに導かれるように、歩いていて出会った人や
景色は、何度もあったことでしょうね。
カメラを持ち歩くようになってからは、
それらを記録する楽しみが出来ました。

偶然出会ったようで、
なにかしら意味があるのかもしれません。

こうして人様に見てもらって、
何かを感じていただけるなら、尚更そうかも?

大変お褒めのコメントですが、
ちょっぴり恥ずかしい気もしますが、
とってもうれしかったです。

ありがとうございました^^
Posted by たつや at 2007年08月26日 19:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック