2020年04月16日

オトナの火遊びグッズ・ケリーケトル編

もうかれこれ8年ほど使っています。
ケリーケトルです。
これほど便利なグッズは他には知らない
と言っても過言ではないほどです。

93095057_2553325651600056_7821578944338984960_n.jpg

93804675_2560538720868552_1594873553465901056_n.jpg

何をするものかと言えば、
一言で言えばお湯を沸かすものです。
もっともインドアではなく
アウトドアで使うモノです。
燃料は結構なんでも大丈夫。

93207725_1123679628006425_2573143593120169984_n.jpg

下の受け皿に新聞紙と焚き付けになるものを入れるだけです。

93844867_2522613244718713_8285298776512397312_n.jpg

この穴からマッチで着火します。
たつや的にはライターはダメで、
マッチを良しとしています。

93665920_234927907914297_4840746176330334208_n.jpg

簡単なのは乾いた小枝や松ぼっくり。
杉葉なんかもめちゃめちゃいいですね。
他には木の破片を斧で細かく割ったもの。
何もなければ段ボールでもいいです。
当たり前ですが電気もガスも使わないので、
お湯を沸かすコストはゼロです。

近頃、まつぼっくりは燃料にしか見えません。

92230070_2304336339871577_8015406076763570176_n.jpg

防災の観点からもとてもいいと思っています。
仮にライフラインが途切れても、
これさえあればお湯を簡単に沸かすことが可能です。
たつやが持っているこのタイプは、
旧タイプの1.3リットルのアルミニウム製です。
他のサイズもステンレス製もありますが、
アルミでも今まで何の問題もありません。

93575501_553169262271177_2286144528257646592_n.jpg

一旦火が着いたら後は燃えるものを煙突の上から
入れていくだけです。
慣れれば3.4分で沸騰します。

93844867_1471638539666903_5012185903393669120_n.jpg

煙突から炎が上がり、お湯が簡単に湧きます。

93661477_218166842845569_4268667841152024576_n.jpg

たつや的にはアウトドアで、珈琲を淹れることと
カップ麺のお湯を沸かすことがほとんどです。
一時期は必ずクルマの中にケリーケトルと
コーヒー豆とプレスとカップは常備品でした。
山へ出かけて湧き水を汲んで、
そこで極上のひとときを楽しむのが、
とっても気に入ってました。

93121242_165202221385494_448349488545792000_n.jpg

93096529_570202416956779_1425093612219138048_n.jpg

とにかくオトナの火遊びグッズとしては、
一番のおすすめ品です。

お湯を注ぐときは火傷しないように
このようにハンドルとチェーンを持って、
ケトルを傾けます。

93994283_514945565837775_3800342970813644800_n.jpg

実は8年前にこのケリーケトルに出会い、
たつやはこのケリーケトルの販売代理店をしています。
お店(カンパネルラ)は不定期で営業しているため、
もしケリーケトルが見たいとか、
欲しいと思われる方は、是非ご連絡くださいませ。

問い合わせメールは以下のアドレスへどうぞ。
echizenheiji@gmail.com










やっぱりたくさんの方にブログを見ていただきたくなりました。
再び、北陸のブログランキングに参加します。
応援のポチをよろしくお願いいたします。

こちらをクリックしてくださいませ^^

北陸地方ランキング







記事2974回目


posted by たつたつ・たつや at 00:31| Comment(0) | 雑貨店・カンパネルラのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。