2007年06月26日

ふく家餅店

他県から福井に来た人から話を聞くと、
福井にはそば屋と餅屋が多いと言う人が結構いる。

福井県人のたつやとしては、そばやは納得がいくけど、
餅屋ははたしてそうかなぁと思っていた。

だけど、そう言われてみれば、そのような気がしてくる。

fukuya2.jpg

鯖江のたつやの家の近所にも、美味しい餅屋さんが
何軒かあるし、旧武生市内にも、福井市内にも結構見かける。
和菓子屋さんに餅が売ってることは、県外に行っても
見かけるが、確かに餅専門店というのは、珍しいのかもしれない。

街ぶらをしていて、歴史のありそうなお餅屋さん
(大抵がそうだが)を見かけると、つい暖簾をくぐってしまう。

あべかわ餅や豆大福、草餅、白餅、桜餅や柏餅などが
並んでいると、ちょっとひとつかふたつ買って、
歩きながら食べてしまう。

fukuya1.jpg

ちひろの生まれた家の西隣りに「ふく家餅店」がある。
暖簾も、電話番号が書いてある看板も、
そしてガラスのショーケースにも
歴史を感じさせるたつやの好きなタイプの店ハートたち(複数ハート)である。

fukuya4.jpg

草餅のこしあん豆大福のつぶあんのセットを
ひとつお土産用に買って、
別に草餅のつぶあんをひとつ、その場でいただく。

fukuya3.jpg

手で掴むとその柔らかさに驚く。
口に入れた時の、草の匂いと、甘すぎない餡子が
絶妙に混じって、一瞬にして幸せな気分にさせる。
わーい(嬉しい顔)

さて、また街を歩こう!

fukuya5.jpg

う〜ん、やはり福井は、うまい餅屋が多いのです!

ふく家餅店
福井県越前市天王町4-14
0778-24-3619

ブログランキングには、毎日たくさんの方が応援して
 くださいます。
 おかげさまで、北陸地区で一位になっています。
 
 本当にありがとうございます。


posted by たつたつ・たつや at 22:34| Comment(8) | TrackBack(0) | 店グルメ・和菓子・餅他編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
越前大野の順和堂のとち餅と大福もとても美味しかったです。
さすが米所、次にはふく家餅店さんにも行ってみたいです。
Posted by ロンド at 2007年06月26日 23:14
とっても和やかな気持ちになる
町並みにうれしくなりますね。
そっか福井は餅屋が多いんですね。
私は生まれも育ちも田舎者なので
餅は買うものではなく作るものですね(笑)
先日久しぶりに宿布屋のそば食べました。
 いつも素敵な写真を楽しみにしてます。
Posted by ぽち at 2007年06月27日 10:12
おいしかったですね
おもわず 餅好きの妻にもおみやげに買いました。
そば・餅・忘れてならないのは 酒
水のいい丹南地方 酒蔵も絶品
先日いただいた 呑んどっけの と豆大福の組み合わせは 福井ののんべいの常識です。

ちなみに昨日は田舎まんじゅうに梵のときしらずでした。

今度 ヤマト醤油で 本返し 造ってみます
お味み会をしましょう
Posted by はち at 2007年06月27日 21:14
餅が美味しいのは、当然です。
お米が、本当に美味しいから。
越前大野、水まで美味しい!(お酒も!)

大野にいた頃は、お水をガブガブ飲んでたのに。
よその水が、こんなに口に合わないとは^^;
7年半で、そのままの水を飲んだのは、数えるほどなんですから。
子供たちは、この水で育つのね(-_-;)
Posted by さんまま at 2007年06月27日 23:41
ロンドさん、このふく家はコンサート会場だった
春駒から歩いて5分のとこなんですよ。

福井に別荘持ちませんか〜^^

大野の餅とお酒、味噌も気に入っていただけたみたいで、
福井県人のたつやとしては、うれしいです!
Posted by たつや at 2007年06月28日 00:16
ぽちさん、「餅は買うものじゃなく、作るもの」
ですか。
これはある意味、贅沢な環境ではないですか。
でも、なぜかこういう食べ物は、ばあちゃんのが、
うまいんですよね〜^^

宿布屋も、いい味出してますよね。
ここだけ時間の流れがゆっくりしてるそばやです。
Posted by たつや at 2007年06月28日 00:19
八さん、この前はホントにありがと〜!
あのそばはやはり八さんの味でした。
たつやはゆっくり食べられなかったのですが・・・。
でも、近いうちにヤマト醤油で作ったかえしでの、
そばを食べさせてくれるんですね〜♪

今度、究極のお餅をご紹介しますね。
Posted by たつや at 2007年06月28日 00:25
さんままさん、ありがとう。
確かに水が良くて、米がうまいから、
餅が美味しいのは当たり前なんですね。

いつまでも、こんなに美味しいお餅を
作ってくれるお店があることが
大切なんだと思います。

細胞のひとつひとつにまで入り込んでいく水
だからこそ、いい水を取りたいですね。
大野に戻ってきますかぁ?
Posted by たつや at 2007年06月28日 00:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。