2016年12月08日

野菜の魔法使い『サルティンバンコ』

京都方面の旅行を企画した時に、
下手な観光地の客席数が100以上あるようなお食事処ではなく、
ちゃんと手をかけて、お客さんのために丁寧に作って出してくれる
お店でゆったりとしたランチにしようと考えていた。
団体旅行になると、大抵は旅行会社任せの、
駐車場があって、大勢が一同に会して食べられるところになってしまう。

たつやが自信を持ってお勧めするレストランが、
ちゃんと御所の近くにあるのです。
烏丸御池近くにあるイタリアンレストラン
『サルティンバンコ』です。

15311452_1381683125199862_1593431225_o.jpg

客席数25。
この日のツアーの参加者が25名。
もちろん貸切です。

他のお客さんに気兼ねすることなく、
鯖江弁が飛び交う店内で、
普段ではあまり味わうことのできない
イタリア料理を堪能することが出来たのです。

15281933_1381683241866517_63796199_n.jpg

この日のメニューは、
スープ、9種類の前菜、パスタ、ドルチェ、ドリンク。
スープは地元福井県の食材を使ってくれて、
大野産 菊芋のスープ

15356004_1381683231866518_905382661_n.jpg

サルティンバンコ名物と言っても過言でない
9種類の野菜を使った前菜盛り合わせ。
このプレートが出てくる度にいつも同じことを思うのですが、
これだけの前菜を作るのに、
いったいどれだけの時間と労力がかかっているのだろう?
量が少ないだけに、本当にごまかしの効かない丁寧な料理が見せどころです。
右下のポルチーニ茸と玉ねぎのムースはヤバかった。。。
激ウマです!この量を5回くらいに分けて食べました。

15310487_1381683268533181_827270178_n.jpg

15310163_1381683258533182_1521090018_n.jpg

パスタは、敦賀産シラスとカブラのスパゲティーニ。
実にあっさりとしたパスタです。
ごくわずかな塩味のセンスが抜群に美味しさを引き立てます。

ドルチェは愛媛岩城島産ライムを使ったセミフレッド

写真01650.jpg

珈琲とパンでした。

この日の参加者はたつやくらいの年齢が一番下くらいで、
そこそこ年齢の行ってる人が多かったこともあって、
このヘルシーなイタリアンのランチは、大好評でした。

写真01649.jpg

食後にはこのレストランのオーナーシェフ澤田勇さんから、
お礼のご挨拶もいただきました。
参加者全員から温かい拍手が巻き起こりました。

http://onmyojitatsuya.seesaa.net/article/412471506.html
数年前にこのサルティンバンコさんに福井まで来ていただき、
福井県の食材100パーセントで、フルコースを食べる会
企画運営したことがあるのですが、
また澤田さんのご協力を得て、
そんな会が開けたらいいな〜と思っています。

15369779_1381683128533195_1996499171_o.jpg

サルティンバンコ (SALTINBANCO)
京都府京都市中京区押小路通両替町西入ル金吹町460 ベルメゾン1F
075-213-5046
営業時間:[火〜木]11:30〜14:00(L.O) 18:00〜22:00(L.O)
     [土・日・祝]12:00〜15:00(L.O) 18:00〜22:00(L.O)
定休日:月曜・第3火曜










北陸のブログランキングに登録しています。
応援のポチリがたつやの元気の素です^^

人気ブログランキングへ

記事:2695
posted by たつたつ・たつや at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 店グルメ・伊&仏編(洋食含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444723461
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック