2007年06月03日

醒井の梅花藻

samegai005.jpg

米原から岐阜方面に向かう途中に醒井(さめがい)という街がある。
国道から一本南側を通る旧街道は、中仙道の宿場町だ。

たつやがフラリと出かける旅は、メインになるような道を外れて、
旧道や、駅周辺の街を走り、適当なところに車を停め
歩くことにしている。

この日は醒井を目指した訳ではなく、気分は岐阜方面だったが、
最初に見つけた旧醒井郵便局の建物が、
たつやの大好きなヴォーリズ建築だったこともあって、
かなりの長い時間を、この街で費やすこととなった。

samegai001.jpg

向こうから一輪車に採りたての玉ねぎを
乗せたおじさんがやってきた。

samegai002.jpg

「わ〜きれいな玉ねぎですね!」
と言って写真を撮っていたら、
「良かったら、少し持っていってください」
と、大きめの玉ねぎを3つ、手に持たせてくれた。
「え〜いいんですか!?うれしいですわーい(嬉しい顔)ありがとーございます」

samegai006.jpg

醒井の旧市内は、街道に沿って古い建物が残っていて、
その真ん中を清流、地蔵川が流れる。
川の流れる街は、文句なしに好きだ。
川と生活が密着している町並みは、木々や美しいし、
清潔感や静寂がある。
その街道沿いの地蔵尊と加茂神社の石垣の間から
枯れることなくコンコンと水が湧き出している。

samegai008.jpg

川沿いにゆっくり歩くと、本当に美しい草花が目につく。
ちょうど、今の季節は清流にしか育たないと言われる
梅花藻の花が咲き始めていた。

samegai007.jpg

地蔵川のバイカモはキンポウゲ科の水生多年草で、
 清流でしか育ちません。
 7〜8月ごろに、梅の花に似た白い小花を咲かせることから
 『梅花藻(バイカモ)』の名が付きました。
 夏の最盛期には直径1.5cmほどの愛らしい花が
 一斉に川面から顔を出します。


samegai003.jpg

地蔵橋には、昔ながらの八百屋さんがある。
店先に並ぶ野菜も新鮮で安くて、美しい。

samegai004.jpg

じっくり歩けば、半日でも足りないくらい。
歴史的に見ても面白そうなエリアなので、
もう少し勉強して、もう一度行ってみたい。

醒井の地名が気になって調べてみました。

「古事記」・「日本書紀」によると、
東征からの帰りに日本武尊は、
伊吹山の荒ぶる神を退治に出掛けられたが、
発熱され正気を失うほどであった。
やっとのことで山を降りて、この泉まで来て、
清水で体を冷やされたところ熱も下がり、
気力も回復されたと伝えられている。
武尊はこの泉を「居醒(いざめ)の清水」と名付けたという。
それが醒井となったという説がある。


ブログランキングにエントリーしています。
 面白かったら、左手バーのブログランキングへというところを
 クリックしてくださいね〜。
 やっぱ、励みになるんです、いつもありがとうございます。


ラベル:自然 滋賀県
posted by たつたつ・たつや at 20:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅先にて・国内編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうもこんにちは!
いろんなブログを応援させていただいています。
応援ポチッ!
Posted by ポルコ at 2007年06月04日 19:41
ポルコさん、応援ありがとうございます。

ブログ、参考にさせていただきますね。
今後ともよろしくお願いします。
Posted by たつや at 2007年06月05日 23:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック