2016年03月27日

百合子ばあちゃんを訪ねて

ご訪問ついでに、ここクリックしてね〜
北陸の人気ブログランキングの上位をいただき、
ありがとうございます。

人気ブログランキングへ







10年ぶりに会った百合子ばあちゃんの
お気に入りの写真をパネルにして、
三度、百合子ばあちゃんを訪ねた。

DSC_1143.jpg

http://onmyojitatsuya.seesaa.net/article/434094077.html

ピンポーン。
中から人の気配がして、
しばらくすると中の襖が開いたような感じがして、
玄関の戸を開けた。

「あ、あぁ、ふじたじゅんいちさん。」

今回も百合子ばあちゃんは、たつやのフルネームを
完璧に覚えてくれていた。

12900185_1176354269066083_1260647667_n.jpg

ちょうどお彼岸の午後で、
ご家族は連休でお出かけされていて、
百合子ばあちゃんだけがお留守番をしていた。

「あのぅ、この前撮った写真を持ってきたんやけど・・・」

A5サイズくらいの写真立てに、
百合子ばあちゃんの最高の笑顔の写真を入れて、
持ってきたのだ。

12476189_1176354295732747_1789479377_n.jpg

百合子ばあちゃんは、自分の写真を見て、
「あらぁ、よう肥えてるわぁ」
と言って、また写真と同じくらい笑っている。
それも何度も見直して、また笑う。
なんて素敵な笑顔なんだろ・・・。

12910989_1176354165732760_755544827_n.jpg

「あっ、ほうや、おはぎ食べなはらんか?
ちょうどお彼岸でもらったのがあるんや。
お仏壇にお供えしたるの、持ってくるわ」

少し足の悪い百合子ばあちゃんは、
ゆっくり立ち上がると、奥の部屋へ行って、
パックに入ったおはぎを持って来てくれた。

12421707_1176354149066095_1161748050_n.jpg

「ありがと〜、ひとついただくわ」

「みっつとも食べなさい」
(そ、そんなには食べられません)

その場で、ひとつ食べることにした。
おはぎは大きくて、餡子の粒々がたっぷりついていて、
田舎のおばあちゃんが作る懐かしい味だ。

12476533_1176354309066079_1066166106_n.jpg

「お茶も飲みなさらんか?飲むじゃろ?」

また立ち上がって、別の部屋へと行く百合子ばあちゃん。
なんだか申し訳ない。
そのうち、百合子ばあちゃんは真っ赤な小さな水筒を持って来て、
たつやの前に座った。
お盆に湯呑みを乗せ、その赤い水筒からお茶を入れてくれる。
その様子がとても印象的だった。
百合子ばあちゃんがとっても可愛くて仕方ない感じ・・・

「ちょっとぬるいかもしれんけど・・・」

12910758_1176354249066085_1699742374_n.jpg

ありがたい時間だった。
あの日の、おはぎとちょっとぬるかったお茶の味は、
きっと忘れないだろうな。

最初に撮った写真を百合子ばあちゃんに届けるには、
10年の歳月を要したが、
2回目に撮った写真は1ヶ月後に届けることが出来た。

またあの最高の笑顔に会いに行きたいと思っています。










北陸のブログランキングに登録しています。
応援のポチリがたつやの元気の素です^^


人気ブログランキングへ

記事:2621

ラベル:旅の想い出
posted by たつたつ・たつや at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅先にて・福井県内編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おばあちゃんにパネルが渡せて良かったですね。

フルネーム、嬉しいですね〜〜

今日の記事を読んでいるうちに私も祖母のことを思い出して泣いてしまいましたよ。

私の祖母も百合子おばあちゃんみたいな優しい笑顔の人でした。

ちょっと横顔が百合子おばあちゃんに似ているかも。

Posted by みっちゃん at 2016年03月28日 09:19
みっちゃん、ずっとお返事出来てなかったのですね。
ごめんなさい。
みっちゃんのおばあちゃんも、きっと優しくてあったかなひとだったのでしょうね。

天国にいるおばあちゃんに、感謝したいですね。
僕のおばあちゃん2人も優しくて、働きものでした。
Posted by たつや at 2016年12月06日 08:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック