2016年03月26日

こんなそばやが存在したのか!?

ご訪問ついでに、ここクリックしてね〜
北陸の人気ブログランキングの上位をいただき、
ありがとうございます。

人気ブログランキングへ







ごめんなさい。
今回だけは最初に謝っておきます。
今日のそばやさんの詳細はお知らせできません。





ちょっと離れたところに住む友だちから、
「是非ご紹介したいそば店があるんです。」
と前から言われていました。
少し前のことですが、
ようやくその店に連れて行ってもらうことが出来ました。

DSC_2734.jpg

お店のご主人は大阪の方で、
サラリーマンを定年退職し、そば打ちを勉強しました。
自分が目標としているレベルに達した時、
お店を出すことにしたのだそうです。
とある場所に店を持ち、
毎週大阪から来られて週末2日間だけの、
会員制のお蕎麦屋さん
をオープンするのです。

DSC_2736.jpg

一人で打てる量が決まっていて、
そのレベルを維持するには、どんなに頼まれても、
多目に作ることはしないし、平日にそばを打つことはないそうです。

DSC_2753.jpg

こんな風に書くと、なんだか強面のガンコな親父さんのように、
聞こえるかもしれませんが、そんな雰囲気は一切ありません。
とっても謙虚な方で、いつも楽しそうに常連さんと話をしたり、
初めて行ったたつやにもニコニコと笑顔で話しかけてくれます。

DSC_2727.jpg

最初に出されたのは、そば茶と、そば粉から作ったラビオリのような揚げ物。
袋状に作ってあるので、真ん中がぷっくら膨らんでいました。
麺そのものを素揚げしたのを出しているところはちょこちょこありますが、
こんな風に最初っから、このカタチで作っているところは、
このお店が初めてでした。

DSC_2732.jpg

しばらくして出てきたのは、いわゆる『水そば』
小さな器に、そばと水だけが入っています。
実に細く丁寧に切られた麺です。
確かそば粉100%ということが書いてあったけど、
果たしてこれがそうなのだろうか?
と思ってしまいました。

DSC_2743.jpg

そしてもりそば。
香り高く、細めながら、適度な腰があります。
塩やワサビだけをつけて食べましたが、
そばの甘味をしっかり感じることが出来ます。
良く見ると、挽いたそば粉が目に見える大きさのものもあるので、
決して、細挽きではないようでした。
これは凄いそばです。
旨みたっぷりのダシに麺の三分の一ほどを浸けて、
ずずっとすすれば、天国へ直行という感じでしょうか。

DSC_2756.jpg

ぶっかけはおろしそばです。
別に出された揚げたてのサクサク天ぷらがあるので、
好みで、天おろしとして食べることも可能です。
冷水でギュっと引き締められたそばです。
もりそばもそうですが、これだけの細さだと、
ゆで時間は20秒くらいでしょう。

DSC_2749.jpg

「こんな粗めのそば粉で100%って出来るのですか?」
と聞いたら、こんな答えが返ってきました。
「この辺りで採れるそば粉でしか打てないんです。
他の産地の蕎麦では出来ないんですよ」

だからそば粉の量も決まっていて、
たくさん作ることが出来ないので、
週末限定なのかもしれないと思いました。

DSC_2764.jpg

食後にコーヒーが出されますが、
このコーヒーがとても美味しいのです。
付け合わせ?で出される『そばボウロ』もすべて手作り。
絶妙の焼き上がりと甘味のバランスが素晴らしいです。

DSC_2765.jpg

このそばやさんのとこに感動したか!と言えば、
そのおそばのレベルの高さと味なのですが、
一番、驚いて感動したのは、その価格でした。

たつやがいただいたのは、『おまかせ1』
十割もりそば・ぶっかけそば・野菜天ぷら・コーヒー
これにあの揚げたおつまみと、コーヒーにはそばボウロが付き、

な、なんと1000円ぽっきり!
という驚愕の価格だったのです。
そば2杯と天ぷら、それにおつまみとコーヒー付きですよ!?

ちなみに『おまかせ2』だとぶっかけがやまかけそばに代わり、
金額は1200円です。

こんな感じのお店だから、会員制なのでしょうか?
また是非、行きたいものです。








北陸のブログランキングに登録しています。
応援のポチリがたつやの元気の素です^^


人気ブログランキングへ

記事:2620



posted by たつたつ・たつや at 23:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 麺グルメ・そば編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

その節は、いろいろとありがとうございました。
楽しい一日を過ごさせていただきました。

蕎麦、喜んでいただいてうれしいです。
しかも、高い評価をいただきまして大変ありがとうございます。
主に代わりまして・・・(笑)

に、しても、写真素晴らしい。
専門用語わかりませんが、中心のみのピントとで
周りのボケが、一層お蕎麦を引き立てていますね。
Posted by オガ at 2016年03月27日 21:53
オガさん、その節はこちらこそ本当にありがとうございました。
他にも写真は何枚も撮ったのですが、食べ物のみの写真にしました。
間違いなく再訪したいお店です。
是非、またご一緒しましょう〜♪
Posted by たつや at 2016年03月27日 23:19
たつやさん、うらやましいかぎりです!!

子供に「お母さんはね〜 死ぬまでずっと1週間に2回は蕎麦を食べに行きたい。」と言いましたら、

子供「それでもいいけど、なんなら蕎麦打ちを習って自分で打てば…」と言われました。

祖母も母も蕎麦が大好きで自分で打っていたのに私はやったことがありません

娘の言う通りかも。
でも、人に打ってもらって食べるのっていいな(o^^o)

最高のお蕎麦屋さん、ほんと、うらやましいです!!
Posted by みっちゃん at 2016年03月28日 09:58
みっちゃん、詳細が書けなくってごめんなさい。
先日、たつやも30年ぶりに蕎麦打ちをしました。
なかなか楽しかったので、そろそろ打ってみてもいいかな〜って思いました。
そのうち、お披露目する日もあるかも〜^^
Posted by たつや at 2016年03月29日 18:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。