2015年12月25日

グリル 椥 (ナギ)

京都の山科にあるお好み焼き・鉄板の店『わい亭』さんのことは、
たつやのブログでも何度か紹介したことがありますが、
今回、訪問したグリル椥(ナギ)さんは、そのわい亭のマスターに
紹介してもらった昔ながらの洋食屋さんです。

DSC_8518.jpg

年に2回ほど、京都のお客様の会社にて会議があるのですが、
その時だけは、たつやも会社の代表として出席しています。
その帰りには必ずと言っていいほど、
社員と一緒に、毎回わい亭を訪ねます。
マスターや常連さんとの楽しい会話や、
美味しいお好み焼きや鉄板焼きをいただいています。

DSC_8527.jpg

少し前に京都に行きました。
お昼のランチを食べるのに、どうしようか迷ったのですが、
やはり地元の人に聞くのが一番いいと、
わい亭のマスターに電話しました。
どこかこの近辺で、おすすめランチのお店を紹介してください。
洋食ですか?和食ですか?と聞かれて、
その日の夜は和食の予定だったので、
ランチは洋食がいいと伝えました。

写真01260.jpg

そして紹介してもらったのが、グリル椥です。
環状線から細い道を左折し、奥へ入って行ったところにありましたが、
わい亭のマスターの丁寧な説明のおかげで、
まったく迷うことなく、グリル椥に到着しました。

外観を見ただけで、絶対に美味しいと確信しました。
入口左手に懸っている看板がまたいい味を出しているのです。

写真01262.jpg

ドアを開けると、1時を少し回っていたが、ほぼ満席で、
ちょうど4人掛けのテーブルがひとつだけ空いていました。
いろんなメニューがあったのですが、
わい亭マスターからイチオシのなぎ弁当(通称ナギベン)を頼みました。
これには、とんかつ、ハンバーグ、クリームコロッケ、海老フライ
入っているお弁当です。
グリル椥の美味しい逸品が、全部味わえるというゴージャスなランチです。
これで1000円は、かなりお得です。

DSC_8521.jpg

ひとりだったら、絶対にカウンターに座って、
シェフが料理している様子を見てると思いますが、
この日は3人だったので、おとなしくテーブルで待っていました。
カウンターの方をチラリと見ると、
どうやらハンバーグのタネを、
両手でキャッチボールならぬキャッチミート?をしていました。

DSC_8519.jpg

こちらの店は、もう45年以上、この場所で洋食店を続けているのだそうです。
白いコック帽を被っているのが、オーナーシェフのようでした。
長年、たくさんの常連さんに支えられて、
ずっと頑張って来られた方の顔はとても素敵でした。

焼き立てのハンバーグは、もちろん、
トンカツもエビフライもクリームコロッケも、
全部揚げたてがやってきました。
ん〜、んまい〜^

DSC_8526.jpg

追加で頼んだオムレツ(ハム入り)も3人でシェアしていただきましたが、
洋食のシェフが作るとこれだけですごく贅沢な一品に仕上がります。

すべてがとても美味しく大満足の京都ランチでした。

ただひとつ残念なことが。
老舗だからなかなか切り替えが出来ないこともあるのでしょうが、
どのテーブルにも灰皿が置いてあるのです。
たつやにとっては、両隣のテーブルから漂ってくるタバコの煙は、
苦痛以外何ものでありません。。。
分煙とか禁煙とか考えてもらえるといいなぁ。

DSC_8529.jpg

グリル 椥 (ナギ)
京都府京都市山科区椥辻封シ川町23-1
075-591-6601
営業時間 11:30〜14:30 17:00〜20:30(L.O)
定休日:日曜






北陸のブログランキングに登録しています。
応援のポチリがたつやの元気の素です^^


人気ブログランキングへ

記事:2559

ラベル:洋食屋 京都府
posted by たつたつ・たつや at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 店グルメ・伊&仏編(洋食含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック