2015年11月23日

こうちゃんの『パイ工房Kou』@鯖江市

1年ほど前に、鯖江市の柳町にパイ専門店が出来たということは、
風の噂で聞いていた。
最近になって、そのお店のパイをいただく機会があって、
食べてみたら、その美味しさに驚いた。
持って来てくれたひとつ年下の後輩、H海ちゃんが、
「オーナーさんは確かたつや先輩と同級生だと思いますよ」
などと言うものだから、いったい誰なんだろうと考えた。

DSC_7956.jpg

お店の名前は『パイ工房 Kou』・・・場所は柳町・・・
えーっと、えーっと、えええええっと・・・
あっ、こうちゃんや!H本こうちゃんに違いない!!!


写真01212.jpg

写真01213.jpg

こうちゃんは小・中学時代の同級生で、よく家に遊びに行った。
小学校の頃は、たつやの家からも近い小学校のすぐ近くに住んでいたが、
中学に入った頃に柳町に引っ越ししたように記憶している。
たつやは、小学校高学年から中学3年間は、蒸気機関車に夢中で、
春休み・夏休み・冬休みには、いつも写真を撮りに出かけていた。
そんな鉄ちゃんだったのだが、同好の友だちはほとんどいなかった。
ところが、こうちゃんだけは、鉄道が大好きな少年だった。
そんなこともあって、良く家を行き来していた。

DSC_7979.jpg

こうちゃんがやってるお店なら、絶対に行かなくてはならない!
こうちゃんとはいったいいつくらいから会っていないのだろう?
もう20年近く会ってないかもしれない。
久しぶりにあったら、お互いにわからなかったらどうしよう?

DSC_7980.jpg

パイ工房 Kouは、住宅街にあった。
よくよく考えれば、こうちゃんの自宅だったのだ。
営業中の看板が上がっていた。
こうちゃんに会うなんて、超久しぶり!
会ったら、何て声をかけようか・・・
なんて、少しドキドキしながら、お店の前まで行くと、
中から、「あら、じゅんちゃん!(たつやの本名)」と、
こうちゃんが、数日ぶりに会ったような感じで声をかけてくれた。

DSC_7963.jpg

こうちゃんは、昔と全然変わってなかった。
相変わらず優しい笑顔と、穏やかな語り口で、
たつやを迎えてくれた。

写真01215.jpg

いつの間に、こんな技を身に着けたのかはわからないが、
こうちゃんが焼くパイには、愛情が込められている。
どれも美味しいだけでなく、幸せな味なのだ。

大人気のアップルパイは、本場長野の紅玉を使っている。
じわじわと人気上昇中のスイートポテトパイ
あわら産のとみつ金時を贅沢に使った一品。
小倉パイは、北海道産の小豆を使用。
新しく、あんチョコパイが加わって、
Kouでは、4種類のパイを焼いている。
価格はどれもひとつ270円(税込)

DSC_7968.jpg

写真01214.jpg

他には、3種類のパウンドケーキがある。
小倉・ドライフルーツ・小豆チョコ
いずれも箱入り1本1150円(税込)。
簡易包装なら1080円で買い求めることが出来る。

DSC_7966.jpg

ちっちゃなお店なので、出来れば予約をしてもらった方が、
ご迷惑をかけないとのことだったので、
たつやのブログを見て、パイ工房 Kouに行くなら、
ご予約をおすすめします。
『じゅんちゃんのブログで見たよ〜』と言ってね。
たつやと言われても、こうちゃんは誰だかわからないだろうから^^;

DSC_7983.jpg

パイ工房 Kou(コウ)
福井県鯖江市柳町3丁目7-2
0778-53-1456
営業時間:9時半〜18時(なくなり次第終了)
定休日:火曜日・第2・4日曜日







北陸のブログランキングに登録しています。
福井から北陸に挑戦です。良かったら応援してくださいませ。


人気ブログランキングへ

記事:2544



posted by たつたつ・たつや at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 店グルメ・カフェ・パン・スイーツ編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/430144600
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック