2007年05月25日

松岡 けんぞう

香川のさぬきうどん有名店を見るような光景だ。
入口には何人ものスーツ姿の人が並び、
そこにも入れない人は外に並ぶ。
駐車場には次から次へと県内外のナンバーを付けた車が入ってくる。

松岡のけんぞう。

kenzo01.jpg

福井で、蕎麦やさんの食べ歩きを長年しているが、
平日のお昼でこんな光景に出くわしたのは初めてだ。

玄関先にある下駄箱には三十近くの靴が並べられてる。

ガラス張りの狭い厨房では店主の高柳さんをはじめ、
スタッフは大忙しだ。

kenzo02.jpg

kenzo03.jpg

やっと席が空いて中に入るとテーブル席が十あって、
そのどのテーブルにも、お客さんが座っている。
あまりにもすごい光景なので、
連れて行ってくださった方に聞くと、ほぼ毎日こんな感じらしい。

待っている間に、オーダーをしておいた八合盛りが来た!

kenzo04.jpg

大きなザルに一合づつ山になって、盛られて出てくる。
この出し方にも大きな特徴があり人気の秘密か?!

kenzo05.jpg

長野の戸隠辺りにはぼっち盛りと呼ばれる盛り付け方があるが、
それの量が多いといった感じだろうか。

おろしそばのダシは大きめの鉢にたっぷり出てくる。
また醤油、大根の搾り汁が別の容器に入って出てきて、
つけ麺としても食べることができる。


だからお客さんは好みの味を試しながら
食べるシステムになっている。
この辺りもお客さんの心をグッとつかむのかもしれない。

kenzo06.jpg

おろしそばのダシはやや甘目。
醤油と大根の搾り汁の組み合わせはすっきり系で辛口。
どちらもレベルは高い。

蕎麦自体を味わうならたつや的には後者かなぁ。

ただ麺自体は大量に茹でるためか、ややヌメリが残っていて、
若干、腰が弱いようにも感じた。

三人で十三合いただきました。
たつやだけで七合は食べちゃいましたかね?がく〜(落胆した顔)

福井でもこれだけお客さんを集めることが出来ることを
証明しているカリスマ的けんぞう
福井の有名店として、福井のそばの美味しさを
いろんな方面に発信していっていただきたいと思う。

県内の他のそばやさんでも、けんぞうさんのように
沢山のお客さんが毎日列を成す光景が見られるといいですね。


手打ち蕎麦けんぞう
福井県吉田郡永平寺町松岡春日3−26
0776-61-1481
定休日:毎週月曜日と第4火曜日
[火〜金] 11:00〜14:00 17:00〜18:30
[土・日・祝] 11:00〜18:30 
 

posted by たつたつ・たつや at 23:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 麺グルメ・そば編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんなすばらしいお店がまだまだ福井にはあるんですね!?

福井への蕎麦食いの旅は延々と続きそうです。
Posted by taka yu at 2007年05月26日 14:42
けんぞうは、県内で最もお客さんが入っている
有名店です。
若手そばやさんの憧れでもあります。

こんな感じのお店があと数店あれば、
また福井のそばをもっと広くPRできると思うのです。

また、是非、福井にお越しください。
ロンドさんの演奏を聴きながら、最高のそばが
食べられる企画を立てていますからね〜^^
Posted by たつや at 2007年05月27日 00:28
けんぞう という蕎麦やさん、絶対行きたくなります。福井を通る度に蕎麦屋さんは寄りますが、またひとつ、という感じでした。ありがとう。
Posted by イスコ at 2007年05月28日 18:58
イスコさん、ご訪問、コメントありがとうございます。
福井のそばは本当に全国に誇れる食べ物だと
思っています。

けんぞうは、かの長島茂雄氏も来られてるんですよ。

イスコさんの名前の上をクリックしても、
うまくつながりませんが、小松の方?
Posted by たつや at 2007年05月28日 23:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック