2015年10月26日

さくらのさくら焼き

子どもの頃から、粉ものが好きだった。
遥か昔の記憶を辿れば、10円玉を握りしめて行けば、
お祭りの屋台で薄い板で作った舟の器に、
タコヤキが3つ入って来た。

DSC_0161.jpg

若い人に言わせば、いったいいつの話?ってことになるのだろうが、
昭和40年代初頭はそんな金額だった。
とにかくお祭りが好きで、おじいちゃんにお小遣いをねだっては、
お祭りの神社の中を一日中遊びまわっていた。

o0800106710649042810.jpg

パチンコやスマートボールも大好きで、
何十円か払うとパチンコの玉をガチャガチャと音を立てて、
下の口から出てきた。
それを両手で受けて、パチンコ台に向かったものだ。






DSC_0152.jpg

DSC_0167.jpg

さて、粉もの好きは、未だに続いていて、
時折、無性にお好み焼きやタコヤキが食べたくなる。
京都へ行くと必ず立ち寄るお好み焼きやさんがあるが、
地元、福井ではダントツにココがお気に入りだ。
さくらは夜遅くまでやっているので、
そういう点でもありがたい。

DSC_0156.jpg

DSC_0158.jpg

お店は、それなりに長い間営業しているので、
多少古めかしいところもあるけど、
ココさくら『さくら焼き』が超絶品で、
行けば必ず注文する一品だ。
自分で焼くことも可能なのだろうが、
たつやはいつもマスターに焼いてもらう。
ステンレス製のチリトリのようなものに乗せて来ると、
鉄板テーブルの上に置きなおしてくれる。
どうしたらこんなにトロトロになるのか?
中のキャベツは甘味を帯びて、ソースとの相性が抜群なのだ。
一キレ、口に運べば、口の中に幸せが広がる。

DSC_0163.jpg

DSC_0166.jpg

広島焼きもおすすめだ。
広島焼きと言えば、そば入りとかでボリュームがあって、お腹がいっぱい!
という印象があるが、さくらのそれはペロっと食べられる。

DSC_0165.jpg

他にいろんなメニューがあるのだが、
毎回、同じモノを注文してしまうたつや。
次回こそ、違うお好み焼きを食べようと思っているが、
99%さくら焼きを食べるのだろうな。

という訳で、どなたか一緒に行きませんか〜?
4.5人で行けばいろんなモノが食べられるからね^^

http://onmyojitatsuya.seesaa.net/article/137238562.html

DSC_0169.jpg

さくら(お好み焼き)
福井県福井市光陽2丁目27
0776-24-1023






頑張るたつやに愛のポチを^^;人気ブログランキングへ

記事:2533


posted by たつたつ・たつや at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 店グルメ・和食・アジア他編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック