2015年03月26日

たつやのバターナイフ

CDのケースのビニールを剥がしたり、結んだ紐をほどくのは、
まったく出来ないたつやですが・・・
別の面では「器用ですね〜」と言われることがあります。
北陸のブログランキングに登録しています。
いつも応援してくださってありがとうございます。
フェイスブックから来た人も応援よろしくお願いしま〜す^^
 ココにカーソルを持って来てクリックしてね^^

人気ブログランキングへ








たつやお気に入りのカフェ『グリーンカフェ』(小浜市)で
アサイーボウルでも食べようかと開き戸に手をかけた時に、
入口の左手に木製の箱が山積みされていた。
中には何やら細長い棒切れがたくさん入っている。
その形状から若狭塗り箸の端材かも?
手に取ってみると、軽くて丈夫な上質な木だった。

IMG_4381.jpg

グリーンカフェのオーナーさんに聞いてみると、
やはり若狭塗り箸の端材だった。
どうやら薪ストーブオーナーに焚き付けとして販売したいらしい。
たつやも薪ストーブオーナーだけど、
こんなに上質の端材を焚き付けに使うのはもったいなくて、とても使えない。
焚き付けなら、古い杉板を細かく割ったもので充分だ。

IMG_4382.jpg

アサイーボウルを待つ間、
端材を何本か持ってきてテーブルの上に並べて、
何か使い道がないだろうかと考え始めたら、
いろんなアイディアが湧いてきた。

IMG_4475.jpg

IMG_4447.jpg

IMG_4441.jpg

その中のひとつがバターナイフだった。
ちょうどこの形状を利用すれば、一から削り出して作るより、
かなり簡単な工程で出来ると確信した。

IMG_4389.jpg

こういう時のたつやは天才的(笑)
脳がデザインや工程を映像として見せてくれるのだ。

アイディアはひねり出すというより、いつも降って湧いてくる。

IMG_4384.jpg

自分でもこの才能は小さな頃から、いろんなフィールドで
いろんな大人たちから教えてもらったアソビや、
その後のあちこちを旅してまわって、
たくさんの経験をしてきたからなのだと思う。

IMG_4388.jpg

持って帰って、とりあえず形状を変えて3本作ってみることにした。
ベルトサンダーでカタチを整え、
後はひたすらサンドペーパーで磨くという単純な作業。
実際に手になじむように何度も握ってカタチを整えていく。
粗いペーパーから、細かいペーパー、そして仕上げのペーパーで丁寧に仕上げる。
そして最終の工程で、オリーブオイルを染み込ませて、何度も布で磨く。

IMG_4386.jpg

出来上がったバターナイフは、
想像以上に使いやすく、家族からの評判も上々。

ご飯党のたつやが、ここ数日パン党に侵食されています。

IMG_4504.jpg







応援してくださってありがとうございます^^
あなたの一票がうれしいですハート(トランプ)

人気ブログランキングへ

記事:2462

posted by たつたつ・たつや at 21:12| Comment(4) | TrackBack(0) | モノ作り・家具他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これは是非・・・
作ってみたいです(〃艸〃)ムフッ
Posted by あじゅん at 2015年03月27日 10:54
あじゅんさん、コレは楽しいよ〜。
だれでも作ることが出来ると思います。
ちょっぴり根気は要りますけどね^^
Posted by たつや at 2015年03月28日 23:27
こうした工作に最適な仕上げ材があるので紹介します。ご存知でしたらご容赦を!
木で子供用に食器を作っていたときには、コレを使いました。

木固めエース
http://www.monomono.jp/kigatame_a/
Posted by Shige at 2015年04月04日 23:21
Shigeさん、いい情報ありがとうございます。
こんな感じのカトラリーなら材料費も安いので使ってみたいです。
さすが何でも知ってるShige先生ですね^^
Posted by たつや at 2015年04月09日 10:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/416299219
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック