2015年01月28日

港屋家具センター@大野市

大野市の七間通りに港屋家具センターという家具屋さんがあります。
たまたま入ったら、それは美しい総桐箪笥がありました。
日本の伝統的職人さんの仕事ってやっぱりすごい!
 ココにカーソルを持って来てクリックしてね^^

人気ブログランキングへ







朝市で有名な大野市。
その朝市を開催している七間通りに、港屋という
ちょっと変わった名前の家具屋さんがあります。

DSC_4505.jpg

たまたま通りがかった時に、
店先でお土産ものやおかきなんかを売っていて、
それを買いに入ったのですが、
奥には大きなスペースがあって、
たくさんの家具が並んでいました。

DSC_4551.jpg

家具屋さんをゆっくり見る機会はあまりありません。
興味半分で、いろいろ見ていたら、
思わず立ち止まってしまった一本の箪笥がありました。

DSC_4490.jpg

それはそれは美しい総桐箪笥でした。
まるで生きているかのように、凛とした表情で佇んでいたのです。
近づいてみると、木目の美しさに驚きました。
たつやも少しは木工をしていたので、多少木のことがわかっています。
なのでいかにこの箪笥に使われている桐の木が、
厳選されているかがよくわかりました。
おそらく、この箪笥を作るために、
この何十倍もの材料を使っているのだと思いました。

DSC_4510.jpg

DSC_4522.jpg

この箪笥はまた金具が素晴らしい!
菊や梅の花をデザインしています。
嫁入り道具としての箪笥なので、
縁起の良い仕上げとなっているのでしょう。

DSC_4529.jpg

DSC_4541.jpg

あまりにも見入っていたのが気になったのか、
お店の方が声をかけてくれました。
この総桐箪笥は、武生の職人さんが手掛けた最高級の箪笥で、
細部に至るまで贅沢に木を使っているとのこと。
引出をひとつ開けて、閉めようとすると、
他の引出がスーッと開くのだそうです。
それくらい隙間なくぴったり作られているのです。

DSC_4517.jpg

ちなみに気になるお値段は、ちょっとした自動車が買えるくらいです。
その価値は十分あると思いました。

写真00094.jpg

写真00093.jpg

絵画だとばかり思っていた額入りの絵?は
蘇州刺繍と呼ばれる刺繍アートでした。
近くで見て初めてわかったのですが、
ものすごく細かい刺繍で絵画のように見せているのです。

DSC_4478.jpg

行き当たりばったりのお店訪問も楽しいものです。
港屋さん、ありがとうございました。
おかげさまで旅先気分を味わうことが出来ました。

DSC_4420.jpg

港屋家具センター
福井県大野市元町7-21
Tel: 0779-66-2896
営業時間 8:00〜18:00 
定休日:水曜日
http://www.minatoyakagu.jp/


応援してくださってありがとうございます^^

人気ブログランキングへ

記事:2435
posted by たつたつ・たつや at 01:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 気になるお店編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素晴らしい箪笥ですね。
金具の細工もまさに芸術品ですね。

大野市と言えば私的には、鳩ケ湯温泉・・・
現在、閉館中でまた春から再開されるみたいですね・・・、まわりの環境は昔のまま残っているのでしょうか・・・ヤナギがたくさんの河原、牛小屋も・・・
Posted by きー at 2015年01月28日 12:36
きーさん、お久しぶりです。
なっちゃんがお嫁入りの時には是非〜。
本当に素晴らしい箪笥です。

鳩ケ湯再開は地元でもうれしいニュースです。
あの辺りはまったく変わってないと思います。
今年の夏こそ、昆虫採集に来てくださいね。
Posted by たつや at 2015年02月02日 10:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/413064811
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック