2014年12月09日

河内の赤かぶの里を訪ねて

いつも応援感謝しています。
人気ブログランキングへ







DSC_7647.jpg

河内集落は、1200年前に栄えた牛ヶ原荘園の古文書に記載があり、
赤かぶ栽培も古く平家落人伝説とともに伝えられている。
焼畑でされるかぶで、そのためか、肉質はやや硬く、
ほろ苦さのなかに甘味と辛味があって山菜風の独特な風味がある。
かぶの内部も赤く、酢漬けなどにすると色鮮やかな仕上がりになる。
7月下旬に野刈りし、8月上旬に野焼きしてタネ播きする。
焼畑栽培では、施肥も農薬防除もおこなわない。
10月下旬から、直径8cmほどに育ったものを順次収穫する。
「河内赤かぶら生産組合」が採種しているが、
県の伝統地場農産物等原種供給事業で原種保存がされている。
美山町とJA越前美山で、町特産品として支援をおこない、
また過疎・高齢化が進むなかでの伝統農法、焼畑栽培の維持を
民間団体「福井焼畑の会」が支援している。

知られざる北陸の食材ホームページより抜粋

DSC_7652.jpg

DSC_7644.jpg

ずっと前からその赤カブの存在を知っていたが、
実際にどんなところなのか、
どんな方たちが栽培しているのだろうか、
本当に焼畑なんていう伝統的な栽培をしているのだろうか?
などの疑問を解決することはなかった。

DSC_7651.jpg

しかしながら、ちょうど一か月前のたつやが企画した
プライベートイベント(後日、詳細をブログに書きます)で、
福井特産の伝統的野菜や、様々な食材を集めることとなって、
この河内の赤カブを生産している人を探していた。

DSC_7648.jpg

DSC_7653.jpg

生産者を紹介して欲しいとフェイスブック上で呼びかけたところ、
何と茨城県の人(ご両親は福井)から連絡をもらい、
うまい具合に彼女のおばあちゃんから
知り合いのNさんを紹介してもらえることになった。

DSC_7649.jpg

電話連絡をして、赤カブを譲ってもらいに行った。
旧美山地区へは何度も行ったことがあって、
河内のすぐ手前の伊自良温泉までは行ったことはあったが、
河内までは行ったことがなかった。

DSC_7658.jpg

DSC_7660.jpg

指定された家に行くと、実に美しく力強い赤カブが並んで、
たつやを待っていてくれた。
これが噂に聞く河内の赤カブだ。
ほんの数時間前までは、山の中腹の急斜面の畑で育っていた赤カブ。
あまりの美しさに見とれてしまうくらいだ。
手に持つとズシっとした重さと葉っぱの瑞々しさが心地いい。

DSC_7661.jpg

お礼を行って、車で帰ろうと思ったが、晩秋の河内の景色が気になって、
カメラ片手に、ほんの短い時間だけど散策することにした。
河内のシンボルという大ケヤキが見える。
遠くから見るとさほど大きな木だと思わなかったが、
近づいてみるとその巨木に驚く。

DSC_7655.jpg

DSC_7664.jpg

DSC_7665.jpg

白山神社にお詣りすることにした。
石段を上がっていく度にいい気が流れてくる。
これらの食材や作ってくれた方に感謝して、
翌日に控えたイベントの成功を祈願した。

DSC_7657.jpg

11月8日、晩秋のいい一日でした。








いつもありがとうございます。
あなたの応援クリックがたつやの元気の素ですぴかぴか(新しい)

ココバッド(下向き矢印)をちょちょっとクリックしてね(は〜と)

人気ブログランキングへ

2414記事目

posted by たつたつ・たつや at 23:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅先にて・福井県内編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そのHPには中も赤いと書いてあったんですか。
切ったら中は白いはずなんですが。
実物をもらったたつやさんなら確認できますよね。

辛くて硬くて、酢漬けが最高にうまくて好きです。
Posted by のだっち at 2014年12月10日 22:46
伊自良温泉には、友人と行きました。
萌叡塾へ固いニワトリの丸焼きを食べに行ったついででした。

河内、そこからさらに奥になるのですか?
写真で見る限りですが、いい田舎ですね。今度行ってみたいです。

龍双ヶ滝から県道ルート34をのぼり、宝慶寺への道は行かれたことはありますか?
ここも行きたいなあと思っています。

Posted by オガ at 2014年12月12日 22:49
のだっちさん、あけましておめでとうございます。
お返事が年をまたいでしまってごめんなさいね。

お酢につけるとあの赤い色が鮮明になります。
生のままでは中はピンクっぽい色でした。

福井は伝統のある本当に美味しい食材が残ってますね。
Posted by たつや at 2015年01月04日 22:10
オガさん、さすが福井通ですね^^
地元の人でもあまり知らない情報だと思いますよ。
河内は萌叡塾さんから車で7.8分奥へ行ったところです。
目指すのは伊自良温泉です。その奥が河内になります。

宝慶寺への道は以前は何度も通ったことがありますが、最近は少なくなりました。
気持ちのいい自然の中の山越えのルートです。
Posted by たつや at 2015年01月04日 22:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/410378445
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック