2014年10月15日

豊田市美術館

覗いたついでに応援してくださ〜い。
おかげ様で2401記事に達しました。
北陸のブログランキングでも上位を競っていますので、ど〜ぞよろしく^^。

いつも応援感謝しています。

人気ブログランキングへ







ちょっと前に豊田市へ行く機会があった。
ちょうど2時間ほど自由な時間が取れて、
豊田市美術館へ行くことが出来た。

写真00620.jpg

美術館巡り・・・などという洒落た旅もいいと思うが、
どちらかと言えば、
昭和の街並みや地域のB級グルメが好きなたつやにとっては、
今まではあまり縁のない旅先での過ごし方だった。

写真00616.jpg

写真00622.jpg

豊田市美術館は、小高い丘の上にあって、
下からゆっくり歩いて登っていくことにした。
緑豊かな美しい公園を抜けていくと、
いきなり大きな空間が現れた。

写真00621.jpg

写真00619.jpg

たつやが今まで行った美術館の中では、
香川県丸亀市にある猪熊弦一郎現代美術館が一番印象に残っているが、
この豊田市美術館を見た時に、なぜかそれを思い出した。

写真00623.jpg

これは後から知ったことなのだが、
この二つの美術館は同じ建築家・谷口吉生氏が手がけたものだった。

写真00626.jpg

建物をどう表現したらいいのかわからないが、
とにかく洗練された空間演出と、地形や景観を生かした造りが、
とても居心地がよいだけでなく、非日常をたっぷり感じることが出来る。

写真00624.jpg

中でも日本を代表する漆芸作家・橋節郎氏の作品は圧巻である。
たつやも漆器のまち、鯖江市の住人なので、多少の漆についての知識や
いろんな作品を見てきたが、これほどまでに素晴らしい漆芸の世界に触れたのは、
ここが初めてだった。

写真00618.jpg

やっぱり超一流の作品に触れる(観る)ことはとても大事なことだと思った。
コンサートや舞台などと同様、芸術でも本物と出会うことで、
いろんな人間形成に影響するのだろうと思う。
そういうチケット代や入場料というのは、
多少高くても、人生の必要経費だと考えて行こうと思う。

写真00617.jpg

wikipediaより抜粋
豊田市美術館(とよたしびじゅつかん、英語:Toyota Municipal Museum of Art)は、
愛知県豊田市にある公立美術館。1995年(平成7年)に開館した。
市街地の中心部に近く、かつて挙母城(七州城)のあった高台の一角に建設され、
建築家・谷口吉生の最高傑作として名高い。

20世紀美術とデザインの収蔵、現代美術の意欲的な企画展で全国的に知られ、
また漆芸で高名な作家・橋節郎の作品を収蔵する橋節郎館を併設している。

建築は、土門拳記念館や葛西臨海水族園、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館、
ニューヨーク近代美術館新館で知られる谷口吉生による。
鉄とガラスのシンプルな形態のモダニズム建築で、
展示や鑑賞や収蔵品の管理に対する配慮の行き届いた機能的な建築である。
また、展示室から別の展示室がわずかに見えたり、
順路の途中の廊下から豊田市の眺望が開けるなど、意外性や面白さも併せ持っている。

建物は地形の傾斜にあわせて、1階部分も2階部分も地面に接している。
1階部分は芝生の広場に面したエントランスで、2階部分のレベルは広大な人工池に面し、
アメリカ製の緑色の特殊鋼板や白いガラスを用いている美術館本体や橋節郎館など、
回廊状に連なった四角い建築群が水面によく映えている。
池の対岸には彫刻の散歩道や茶室、復元された七州城の櫓がある。
ランドスケープデザインはピーター・ウォーカー。


写真00627.jpg






いつもありがとうございます。
あなたの応援クリックがたつやの元気の素ですぴかぴか(新しい)

ココバッド(下向き矢印)をちょちょっとクリックしてね(は〜と)

人気ブログランキングへ

2401記事目





ラベル:愛知県 美術館
posted by たつたつ・たつや at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。