2007年04月28日

テディベア

2000年の初夏、アメリカへ行った時に
ロスのアンティークショップでテディベアを見つけた。
手足の長いその白いベアはショーウインドウの片隅で
足を組んでたつやを見上げていた。

teddy0001.jpg

・・・連れて帰ってぇ・・・と囁かれたような気がした。
少し黄ばんだタグにはリンダ・シュピーゲルと書かれていた。
どれくらい古いものか詳しいことはわからないが、
簡単に買える金額ではなかった。
他にも欲しいガラスのドアノブやキッチンアンティークや
リネンを数点買うことでトータルの金額を
安くしてもらうことで、彼も海を渡ることになった。

teddy0002.jpg

日本に連れて帰って二日目に
彼はうちの前の本屋さんへ行くことになったが。

テディベアは見る人の心をふっ、と和ませたり、
ほんのり気持ちを優しくさせたりするような気がする。

既製品のものではなく、全部最初っから手作りする
テディベア作家さんがいる。
福井市在住の寺澤早苗さん。
年に数回カンパネルラでもテディベア教室を開催していただく。

teddy005.jpg

手のひらに何匹も乗るようなミニミニテディベアから、
かなり大きなものまで、彼女の手にかかると、
まるで生きているかのような表情の
愛らしいベアたちが生まれるのだ。

teddy002.jpg

先日、4匹の新作ベアを連れて来られた先生にお願いして、
写真を撮らせていただいた。
桃の花にもアンティークの缶にも似合うし、
集合写真でも絵になりましたよ。


teddy004.jpg

teddy001.jpg

テディベアの世界もハマルと深そうですね^^;
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
おかげさまでブログランキングも10位内に入っています。
応援してくださる方がたくさんおられること、
本当にありがとうございます。
福井のいいところが発信できたら幸せです。


posted by たつたつ・たつや at 19:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑貨店・カンパネルラのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素敵なテディベア氏ですね。
ダンディーで足が長くて素敵!
小粋なチョッキでも着せてあげたい。
寺澤さんのテディベアも愛らしいですね。
いつかきっと、カンパネルラに遊びに行きたいと思います。
Posted by ロンド at 2007年05月01日 16:53
人から言われるのには、
たつやには男の感性と女の感性が入り混じってるそうです。
見た目には完全なオッサンなんですが^^;

その後者の部分がテディベアに惹きつけられるのでしょう。

福井に来れれる時には、是非遊びに来てくださいね〜。
Posted by たつや at 2007年05月01日 21:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。