2014年03月30日

近江の白髭神社

覗いたついでに応援してくださ〜い。
おかげ様でまた一位になれました^^
いつも応援感謝しています。

人気ブログランキングへ






10年ほど前、マイブームだったのが滋賀県、近江の国だった。
琵琶湖を中心に持つ滋賀県は湖東・湖西・湖南・湖北と言われ、
それぞれ気候や街並みや歴史が異なる旅をしていても楽しいエリアだ。

DSC_3118.jpg

琵琶湖の西を走る今の国道161号線は、福井県から京都に行くのに、
近くて便利な道となった。
以前は狭くて細く、片側一車線の国道だったが、
今では高架道路になっていたり、広い車線のきれいな道になったり、
以前は有料道路だった道が無料になったりと、様々な面でリニュアルされ、
京都までの道を快適に走ることが出来るようになった。

DSC_3115.jpg

今年の1月に買った新車、軽のエコカーは、思った以上にいい燃費で、
リッター当たり21kmほど走ってくれる。
瞬間の燃費が出たり、アクセルを踏み込んだり、急加速をするとランプの色が変わったり、
平均燃費が出たり、アイドリングストップ機能がついていたりして、
意識的にエコドライブをしなければならないという気にさせてくれる。

DSC_3141.jpg

実際に高速道路を走ってみると、80km程度で走行していると燃費がいいが、
100km以上で走ると極端に悪くなることがわかって、
最近では高速道路をなるべく使わないようにしている。
環境にも車にも財布にも優しい走りが出来るようになってきた。

DSC_3142.jpg

さて、その恩恵?で国道161号線で京都に向かう途中、
ずっと気になっていた琵琶湖の水中に立っている赤い鳥居の神社へ立ち寄ることにした。
何度かこの道を通っていたが、その都度、気になっていた神社だ。
湖面を渡ってくる風は冷たかったが、絶好の天気に恵まれた参拝日和だった。

DSC_3123.jpg

白髭神社、この神社は猿田彦命(さるたひこのみこと)を祭神とする近江の古社で
161号線の琵琶湖の中に赤い大きな鳥居がある。
この鳥居は昭和56年に再建されたもので、高さ12m、本柱の間隔 は7.8m。
古くはもっと小さな鳥居が湖岸にあったという。
それは、この神社にお参りするのに舟を使っていたことが伺える。

DSC_3114.jpg

DSC_3136.jpg

本殿は道路を挟んで向い側にあり、国の重要文化財に指定されている。
創建は古く、垂仁天皇の時代(約2000年前)と伝わり、1190年には源頼朝が鰐口(わにぐち)を奉納、
足利将軍もたびたび参拝するなど、戦国武将に広く信仰されていた。
本殿・若宮社・伊勢両宮及び八幡三社は、豊臣秀吉の遺命を受け、
豊臣秀頼が片桐且元を奉行に命じ、播磨の大工の手によって造営されたものである。
現在は延命長寿、子授け、開運招福の神様として人々の信仰を集めている。
国内にある白鬚神社の総社でもある。

DSC_3139.jpg

松尾芭蕉が琵琶湖で詠んだ石碑があった。
「四方より 花吹入れて 鳰の湖」

DSC_3146.jpg

一度、この白髭神社へ舟で参拝してみたいと思う。
水中の鳥居を舟でくぐって上陸し、本殿へ参拝したら気持ちいいだろうなぁ。







いつもありがとうございます。
あなたの応援クリックがたつやの元気の素ですぴかぴか(新しい)

ココバッド(下向き矢印)をちょちょっとクリックしてね(は〜と)

人気ブログランキングへ

2324記事目

ラベル:滋賀県 神社仏閣
posted by たつたつ・たつや at 22:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅先にて・国内編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も伊吹山と琵琶湖があるこの土地は心安らかになる地で、大好きなです。以前京都の木船神社からn帰りに琵琶湖を通り、この鳥居で休憩しました。その日は満月で鳥居の上を大きなお月様が夜を渡るところでした。とてもパワーをもらった夜でした。
Posted by a firefly at 2014年03月31日 03:32
a fireflyさん、近江の国は心安らかな地ですね。
たつやも琵琶湖や伊吹山がとても好きです。

この白髭神社もいい気が流れる素敵な場所でした。
Posted by たつや at 2014年03月31日 22:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック