2014年03月29日

越前漆器の伝統工芸士『増井輝美』さん

覗いたついでに応援してくださ〜い。
おかげ様でまた一位になれました^^
いつも応援感謝しています。

人気ブログランキングへ






DSC_1133.jpg

福井県鯖江市の東部に位置する河和田地区は越前漆器の産地として知られている。
ここにはうるしの里会館をはじめ、山車会館・職人工房があり、
この3カ所を見るだけで、越前漆器の歴史や工程などを知ることが出来る。
また産地ならではのお得な価格で漆器が販売されている。

DSC_1116.jpg

先日、たつやがうるしの里会館へ行った後に、職人工房へおじゃました。
この工房は、毎日のようにいろんな漆職人さんが入れ替わりで、ここで仕事をされている。
ガラス張りなので、外から見学することも可能だが、
出来れば中に入って、職人さんの伝統の技を目の前で見ることをおすすめする。
それに漆の職人さんと聞くと、硬いイメージがあるかもしれないが、
一度お話をしてみると、実に気さくで人間味あふれる方ばかりだ。

DSC_1124.jpg

この日は伝統工芸士でもいらっしゃる角モノ塗師の増井輝美さんが、
職人工房で仕事をされていた。
ちょうど研ぎの工程をされているところで、その説明をしていただきながら、
たつやは写真を撮らせていただくことにした。
増井さんの写真を撮るのは、この日が初めてではなかった。
後から気が付いたのだが、数年前にうるしの里会館の作業場で、
静岡県掛川市のある二輪屋台山車の塗りをされている増井さんの写真を撮ったことがある。
その時は、直径2m近くもある大きな車輪を塗っているところだった。
真剣な眼差しで仕事に取り組んでいた増井さんの顔を思い出した。

DSC_1106.jpg

一通り写真を撮って、ふと壁を見ると一枚の大きな写真が目に留まった。

え?ここは伊勢神宮?
増井さんの姿も写っていた。

DSC_1129.jpg

聞いてみると、その写真は昨年の伊勢神宮の式年遷宮の際の、
越前漆器を奉納した時の一枚とのこと。
伊勢神宮は20年に一度の式年遷宮には、建物だけでなく、
調度品や宝物までがすべて新しく作られると聞いてはいたが、
恥ずかしい話、地元の越前漆器が伊勢神宮に奉納されていることを初めて知った。

同時に鯖江市民として、とても誇りに感じて、
とてもうれしくなった。

DSC_1139.jpg

考えてみれば、伊勢神宮の式年遷宮は、日本の伝統的建造物だけでなく、
様々な伝統産業の技や魂の継承を支えていることなる。
あらためて、日本という国の素晴らしさを再認識した。

DSC_1140.jpg

増井さんは伝統の技はもちろん、増井さんの笑顔や、年季の入った手にはとても魅かれる。
仕事をする人の顔は、特にものづくりをしている職人さんの顔は魅力的だ。
また他の職人さんたちにも出会って、写真を撮りたいと思う。






うるしの里会館には、河和田塗りの職人たちの技と魂が込められた山車がある。
山車会館の中の大きな山車も見ることが出来るが、
この日展示されていたのは、高さ1.8mの小型山車。

DSC_0978.jpg

本物に比べれば大きさは小型サイズながら、
一切手を抜くことなく、大型山車とまったく変わらない工程で、
細部に至るまで、職人の技が施されている。

DSC_0982.jpg

DSC_0992.jpg

これは越前漆器協同組合が製作したもので、
今後はもう一回り小さい山車を作り、新しい販路に向けて動き出した。
日本全国の中に漆の産地はたくさんあるが、
このような山車をひとつの産地だけで作ることが出来るところは、
河和田を置いて、他にはほとんどない。

DSC_1008.jpg

職人の高齢化や後継者不足は、河和田でも同じ問題を抱えているが、
こうした取り組みが職人を育て、産地が元気になるきっかけとなっている。

DSC_1013.jpg

鯖江のレッサーパンダやコハクチョウが描かれています。

DSC_1020.jpg

鯖江市民のたつやとしては、是非この地区を訪れ、
うるしの里会館、山車会館、職人工房(いずれも入館無料)を見て欲しいと思います。
そして職人さんたちとお話してみてください。
漆の素晴らしさを是非、ご覧になってくださいね〜

うるしの里会館
福井県鯖江市西袋町40-1-2
0778-65-2727








いつもありがとうございます。
あなたの応援クリックがたつやの元気の素ですぴかぴか(新しい)

ココバッド(下向き矢印)をちょちょっとクリックしてね(は〜と)

人気ブログランキングへ

2323記事目

posted by たつたつ・たつや at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅先にて・福井県内編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック