2014年02月27日

カフェド伊万里のボルガライス

たつやが高校生の頃に夢中になって読んでいた漫画があった。
原作・雁屋哲、作画・池上遼一の『男組』。
『週刊少年サンデー』(小学館)において
1974年から1979年まで連載されていた。
特に池上遼一さんの絵がとても好きだった。

DSC_3070.jpg

その後、サンクチュアリや青拳狼なども愛読していた。
大人になってから、その池上遼一さんが武生の出身ということを知り、
心密かに誇りに思っていた。

DSC_3066.jpg

一方、二十数年前に武生の友人から教えてもらったのが、
ボルガライスというご当地グルメだった。
初めて食べたのはヨコガワ分店のボルガライスだった。

DSC_3063.jpg

最近は秘密のケンミンshowで紹介されたり、
大手コンビニでボルガライスが販売されたり、
また地元のボルガライスファンが日本ボルガラー協会なるものを立ち上げ、
いろんな店のボルガライスを紹介したり、
メニューを提供してくれる店を増やしたりと、
広く活動しているので、名前はだんだん知られるようになったが、
ボルガライスって何?と思われる方に説明すると、
オムライスの上にトンカツが乗っていて、デミグラスソースなどが
かけられている食べ物で、
福井県越前市(武生エリア)の店だけで提供されるご当地グルメだ。

DSC_3065.jpg

写真00865.jpg

このふたつが意外なことにドッキングしたきっかけとなったのが、
今回、訪問した『カフェド伊万里』さんだった。
カフェド伊万里さんはもう何十年も前からボルガライスを
お店の一般メニューとして提供している。
池上遼一さんは、この店を経営しているオーナーさんの実のお兄さんで、
日本ボルガラー協会がポスターを作るのに依頼したという。

poster.jpg

池上遼一さんファンのたつやとしたら、部屋に貼っておきたいポスターだ。

カフェド伊万里の店内には池上遼一さんの原画が、
あちこちに展示されていて、ミニギャラリーのようでもある。
たつやが訪れた時、大きな男の人が漫画の本を読みながら、
ボルガライスをうまそうに食べていた。
よく見ると、同級生ではないか!
かれこれ30年は通っていると笑いながら話してくれた。

DSC_3069.jpg

ボリュームたっぷりのカフェド伊万里のボルガライス。
オムライスの中に、たっぷりめのハムやマッシュルームが入っている。
トンカツとオムライスとデミグラスソースのハーモニーが絶妙だ。
おしゃれでヘルシー志向のカフェメシもいいが、
ドカンとパンチの効いたボルガライスが断然いいと思った。

DSC_3068.jpg

ちょっと絵が下がっていますよ、直してあげてくださいね〜。

武生に来たらボルガライス!
たつやもおすすめする武生のご当地グルメです。
詳しく知りたい方はココを覗いてみてくださいね。
日本ボルガラー協会ホームページです。
http://volga-rice.jimdo.com/

カフェド伊万里
福井県越前市新保2-2-2
TEL0778-23-4845
営業時間 8:00〜18:00
定休日 水曜日






以前のようになかなか毎日更新することが出来ませんが、
たくさんの方に応援いただいて、いつも上位にランキングいただいています。
また、どうぞ応援してやってくださいませ〜


いつもありがとうございます。
あなたの応援クリックがたつやの元気の素ですぴかぴか(新しい)

ココバッド(下向き矢印)をちょちょっとクリックしてね(は〜と)

人気ブログランキングへ

2303記事目





posted by たつたつ・たつや at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 店グルメ・伊&仏編(洋食含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。