2013年11月30日

THE あみねこ横丁

数ヶ月前にうちに2匹のあみねこがやってきた。
何やらカンパネルラのとあるお客様が
最近、はまっている猫の人形がそのあみねこだ。

この人形は手足にちょっとした重りを入れているため、
いろんなポーズが取れて、なかなか愛嬌のある人形だと思った。

DSC_9405.jpg

そして今、鯖江市のまなべの館にて12月4日まで
『THE あみねこ横丁』が開催されていて、昨日行ってきた。
このあみねこ横丁は田賀美智代さんと谷村頼子さんの
2人のあみねこ人形作家さんと、田賀さんのご主人、田賀勇治さんが、
横丁のジオラマを制作している。
そしてたつやにとっては25年も付き合っている写真家、齋藤敬治さんが、
あみねこの写真を撮影している。

DSC_9408.jpg

齋藤さんとは以前、よく一緒に仕事をしていた。
バブルの頃だったこともあって、大阪や名古屋からモデルさんを呼んで、
メガネやファッションの撮影した。
たつやは大抵、齋藤さんの撮影のお手伝いをして、
モデルさんの前で、なんちゃって英語で話しかけて、
笑顔を向けてもらえるようなことをしたものだ。
その後、齋藤さんはロサンジェルスへ拠点を移し、
10年近くの滞在していた。

DSC_9414.jpg

2000年には、齋藤さんから紹介してもらった
アメリカの会社の印刷物を手掛け、
たつやも一週間ほどロスに滞在したこともあった。
またいつかそういう旅のことも思い出して、
ブログに書いてみるのもいいかと思っている。

DSC_9435.jpg

さて『THE あみねこ横丁』のファンタジーワールドを楽しんでいたら、
牧野百男鯖江市長にばったりお会いした。
胸から小さなあみねこをぶら下げていらっしゃったので、
ちょっと羨ましくて、どうされたのか聞いてみた。

DSC_9380.jpg

そうしたら、何と『あみねこ横丁』のお客様来場者の
ちょうど100人目に当たって、もらったのだそうだ。
ええええ!百男さんだけに100番目@@;
何とも素晴らしいこと^^

DSC_9388.jpg

ジオラマを見てると細かい点まで、丁寧に作られているだけでなく、
なかなかウイットに富んだパロディもあって、
思わずプッっと吹き出してしまう。

DSC_9420.jpg

それに昭和の町並みが大好きなたつやにとって、
このあみねこ横丁が正に昭和の風景そのものなので、
いつまでも時を忘れて楽しんでしまうほどの空間だった。

DSC_9425.jpg

月曜日が休館日なので、
残す時間は12月1.3.4日の3日間しかありませんが、
鯖江や近隣市町村の方々で、
興味のある方がいらっしゃったら
是非、足を運んでみてくださいね〜

DSC_9410.jpg

鯖江市まなべの館福井県鯖江市長泉寺町1-9-20
0778-51-5999
午前9時〜午後5時
休館日:月曜日(月曜日が祝祭日の場合、翌日)






以前のようになかなか毎日更新することが出来ませんが、
たくさんの方に応援いただいて、いつも上位にランキングいただいています。
密かに北陸ナンバーワンに返り咲くことを目指してますので、
どうぞ応援してやってくださいませ〜


いつもありがとうございます。
あなたの応援クリックがたつやの元気の素ですぴかぴか(新しい)

ココバッド(下向き矢印)をちょちょっとクリックしてね(は〜と)

人気ブログランキングへ

2268記事目










posted by たつたつ・たつや at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。