2013年08月23日

浜茶屋『サンルーカス』@片野海水浴場

数年前から石川県の片野海岸にある『うみぼうず』というカフェが気に行って、
時々出かけていた。

DSC_8942.jpg

DSC_8952.jpg

今年はその片野の海に夏の間、海の家が1軒だけオープンしたと聞いた。
聞くところによると、昭和の時代はこの片野でも4軒の浜茶屋があって、
大勢の家族連れで賑わったのだそうだ。

DSC_0099.jpg

DSC_0108.jpg

DSC_8911.jpg

たつやも子どもの頃に海水浴に行くと、必ず海の家に行った。
疲れて昼寝するのも、かき氷やスイカを食べるのも、
帰り際に温水シャワーで海水パンツの中の砂まで洗い流すのも、
全部海の家のお世話になったものだ。
昭和の風物詩として、当たり前の風景だった。

DSC_0117.jpg

DSC_0101.jpg

DSC_0114.jpg

ところが浜茶屋の需要が落ちたり、経営者の高齢化や後継者不足により、
浜茶屋はどんどん姿を消して、片野の海でも浜茶屋がなくなってしまった。

写真00335.jpg

そして加賀市の若者が何とか海の賑わいを取り戻そうと、
浜茶屋をやっていた方から、建材一式を譲り受け、昨年から海の家を再開したのだそうだ。
このことは8月1日のブログにも書いたが、
その後、浜茶屋『夕顔』は名前も新たに『サンルーカス』と変更し、
今月いっぱい、片野での海の家を開いている。

写真00338.jpg

写真00336.jpg

夏の海と言えば、どちらかと言えば若者のイメージだが、
たつやのようなオジサンでも、やっぱり夏の海は楽しい。
子どもの頃の楽しさを思い出すのだろうか?
それに日本海側は海に夕陽が落ちる。
そのサンセット前後の空の色、海の色が刻々と変わる美しさは筆舌に尽くし難い。

DSC_0048.jpg

DSC_0142.jpg

そんな中で7月中旬から毎週土曜日(もう8月24日と31日だけですが)のサンセット時に、
フラやタチヒアンダンスのショーが行われている。
海からの心地よい風を感じて、
サンルーカス特製のトロピカルドリンクや焼きそばやカレーを食べながら、
特設ステージのショーは、リゾート気分を味わえる最高の時間だ。

写真00334.jpg

DSC_9363.jpg

31日にはフラやタヒチアンダンスだけでなく、
ミュージシャンたちも行く夏と、サンルーカスの最終営業を惜しみながら、
片野の夏の終わりに花を添えるらしい。

DSC_9234.jpg

DSC_a0228.jpg



大好きな夏が終わってしまう。
今頃の季節になると、
「あ〜夏休みが終わってしまう・・・宿題せんとあかんなぁ・・・」
という脅迫観念がまだどっかに残っていて、ちょっと心さみしくなったりする。

だけど残りの行く夏をまだまだ楽しみたいな。






北陸一を目指して、再チャンレジです!
どうぞ応援してやってくださいませ〜


いつもありがとうございます。
アナタ様の応援クリックがたつやのエネルギー源なんですぴかぴか(新しい)

ココバッド(下向き矢印)をちょちょっとクリックしてね(は〜と)

人気ブログランキングへ

2224記事目

ラベル:フラ 石川県
posted by たつたつ・たつや at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅先にて・国内編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック