2013年05月03日

ガラス工房『studio plus G』@金沢市

もうあれから5年の月日が流れたのか!?
http://onmyojitatsuya.seesaa.net/article/106824385.html
2008年の9月に金沢大野地区にあるヤマト醤油味噌の社長、山本さんに誘われて、
この地区でお散歩カメラという集まりに参加した。
その時、ふらりと入ったガラス工房で、ひとつの作品に魅せられてしまった。
それがコレ!

grspg01.jpg

この作品は今、カンパネルラに展示してありますよ〜♪

それからまたしばらく年月が過ぎ、この作品を作られた作家さん市川篤さんの個展が、
2011年の2月に石川県西田幾多郎記念哲学館で開催され、足を運んだ。
http://onmyojitatsuya.seesaa.net/article/184764700.html

写真00093.jpg

その後、スタジオに行こう行こうと思っていて、先日ようやく行くことが出来た。
この日は、気温が上がらず冷たい風が時折吹いていたが、陽ざしが温かくて、
気持ちのいい午後だった。
スタジオに入ると右手が白い壁に囲まれたギャラリーとなっていて、
市川さんの大型の作品が並べられている。
西田幾多郎記念哲学館で見た作品もあったが、初めて見るものもあって、
しばらくはそれらに導かれるように、その場を動けなかった。

写真00094.jpg

写真00095.jpg

芸術とかアートって、理解するものではなく、感じるものだと、
たつやは勝手にそう思いこんでいる。
本当はもっと造詣を深めたいと思っているが、
今まで、そういうアートにあまり触れる機会がなかったというか・・・
結局たつやはそれらを意識していなかったという方が正しいような気がする。

写真00096.jpg

いいものはいい!
好きなものは好き!


子どもみたいな理由なのだけど、
本当に好きなものに理屈はあまり関係ないと思う。
もっと論理的に好きになりたいと思っても、
それが出来ないから、仕方ないと開き直ったり^^;

写真00092.jpg

市川さんのスタジオは古い醤油蔵を改装しているため、
中はかなり広い。
週末などは、ここでガラス体験教室なども開催している。
簡単なガラスのアクセサリー等を作ることが出来る。

写真00088.jpg

写真00087.jpg

今回、たつやが一番魅かれた作品がコレ!
立方体のガラスペーパーウエイト
上から見る世界と横からみる世界とはまったく違う。
温度によって変わる銀の色が微妙に違っているのも、
またより一層作品を引き立てている。

写真00073.jpg

写真00085.jpg

こんなに可愛いピアスもあれば、
こんなのしてる女性がいたら、ついて行きたくなる素敵な帯留めもある。

写真00090.jpg

写真00086.jpg

市川さんの作品には、やっぱり独特の魅力があって魅かれます。
また近いうちにお金を持って行きたいと思っています。

DSC_9161.jpg

市川さん愛用のギターがスタジオに置いてありました。
ガラスアーティストでイケメンでギタリスト! かっこいいなぁ〜憧れです。

スタジオ・プラスGは 「ガラス素材にこだわり、 ジャンルにこだわらない」
幅広い視野を持ったガラス工房です。

■ E-mail studio-plusg@excite.co.jp ■ 電話番号 090-8266-7490
■ 所在地 〒920-0331 石川県金沢市大野町2-39 アクセスマップ
■ 営業時間 4月〜12月 原則土・日曜日 10:00〜17:00
      1月〜3月 原則日曜日 10:00〜16:00






いつもありがとうございます。
アナタ様の応援クリックがたつやのエネルギー源なんですぴかぴか(新しい)

ココバッド(下向き矢印)をちょちょっとクリックしてね(は〜と)

人気ブログランキングへ

2159記事目



posted by たつたつ・たつや at 22:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 気になるお店編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たつやさん。

 一個目の作品。本当に美しいですね。
 美しくて儚い感じ。

 アートって、理屈抜きでその人の心に響くもの、惹かれるものであればいいんだと思います。
 他人の評価なんか関係なく。

 私も好きな版画家・画家がいますが、作品に触れる機会がなかなかないのが悩みです。
 
 
 
Posted by planar85 at 2013年05月05日 22:03
planar85さん、同じ感性で見て下さって光栄です。
こういう作品を見て勇気が沸いたり、心が元気になったりすることってありますよね。

ひとつ大好きな作品があったら、それだけで人生幸せになれるように思います。
Posted by たつや at 2013年05月07日 19:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。