2007年03月11日

薪の話

いいですよ〜!ハートたち(複数ハート)
最高に気持ちいいです。
料理もできるし、なんともいえない暖かさなんです。
導入を考えているなら、是非お勧めします。
但し、薪の確保だけは結構手間がかかるので・・・。


薪ストーブについて聞かれるとこう答えます。

makiwari4.jpg

そうなんです。
薪は想像以上に大量に使用するので、かなりの量を
いつもストックしておかなくてはなりません。
一冬で軽トラック4〜5台分は軽く消費します。

たつやのところでは、家具などの端材を炊きつけ用に、
それから建築やさんからいただく柱や垂木の端材。
家具メーカーから譲っていただく楢の木の端材。
そして最も薪として優れている堅木を使っています。

杉の木とかでも良いのですが、軽いので、
あっという間に燃えてしまいます。
その点、クヌギや楢、桜などの広葉樹は、
ずっしり重く、その分、ストーブの中でゆっくり燃え、
空気を調整しておけば、夜の入れた薪が
朝までオキとして残るくらいです。

だから、こんな立派な木を譲っていただくのは、
本当にありがたく、少し遠いところでも出かけて行きます。

この日は、うちの店のお客様のMちゃんが、
親戚のおじいさんの持ってる山の木を切るので、
良ければ持って帰っていいとのことで、
軽トラに乗って出かけていった。

で、かなりの量のクヌギの木をいただきました。わーい(嬉しい顔)

makiwari1.jpg

makiwari2.jpg

makiwari3.jpg

持って帰ってきてから、チェーンソーで玉切りにします。
ストーブに入る長さが45cmまでなので、大体40cmくらいに切って、
それから斧(アックス)で薪割りをします。
これが、いい運動というか、めちゃめちゃ体力を必要とするのですよ。
足のふくらはぎから、腕、腹筋、背筋、ほとんどがかなりの筋肉痛に・・・。もうやだ〜(悲しい顔)

コツがあって、直径30cmを超えるような堅木でも、
なんとか端の方から割っていくことができるのですが、
根っこの部分とかになると、ちょっとお手上げです。ふらふら

生木は、割ったときに、なんともいえないいい香りがします。ハートたち(複数ハート)
それに一撃でスパッっと割れたときパンチは本当に快感揺れるハート

makiwari5.jpg

こうして割った薪は少なくとも1年か1年半、雨の当たらない場所に保管し、
乾燥したら、ストーブの薪として使える訳です。

makiwari6.jpg

結構手間暇かかってる薪なんですよ。

薪があるよ〜という方、是非ご連絡くださいませ〜

お礼は、たつや特製カレーまたはスープを!わーい(嬉しい顔)
ラベル:薪ストーブ
posted by たつたつ・たつや at 22:51| Comment(2) | TrackBack(0) | たつやの好きなモノ・生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
雪降る前に、片付けたなんて凄い!!!
たつやさんて、やるときやる男デスなぁ〜っ

薪ストーブの暖かさにあたる恩恵を頂いてたら、
何かせねばねぇーっ。
っておいしい料理にありつきたいだけざんす。(^_^)v
感謝・感謝
Posted by charmama at 2007年03月12日 22:42
charmamaさん、ありがとね〜!
薪はホント、うれしいんです^^

特に堅木はね。
もらってきたらすぐに始末をしないと、
だんだんイヤになってしまうので、頑張って
片付けましたよ。

斧を振り下ろして、パッコーンって真っ二つに
割れたときは、マジ、快感そのもの。
割れるイメージで斧を無心で振り下ろすことが、
うまく割れるコツだと思っています。

また、お願いいたしやす。
たんぼ始まる前にね〜^^;
Posted by たつや at 2007年03月12日 22:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック