2013年04月05日

たつやの『ビーバー』賛歌

1970年に開催された大阪万国博覧会の入場者数は、なんと6400万人で、
日本人の半分以上がこのイベントに出かけたことになる。
当時、たつやは11歳小学5年生だった。
期間中、会社での慰安旅行や父が所属していた青年会議所の家族会、
そして家族でと3回大阪万博へ行った。

imageCAI5AQUP.jpg

さて、その頃たつやは日曜日の朝は「ミユキ野球教室」「ど根性ガエル」
のテレビを見るのが習慣になっていた。
そのどこかで妙に印象に残っているコマーシャルがあった。
怪獣と戦うためビーバーがビーバー(あられ)を食べて巨大化して、
怪獣をやっつけるといった内容だったように記憶している。
CMの最後が『強いぞ!ビーバー  ビィ〜バァ〜〜♪』
特に最後の短いセンテンスのCMソングが耳に残っている。
それは米菓で、揚げあられだった。

h15vid203102003432546_l.jpg

子どもの頃からお菓子と言えば、あられやおせんべいで、
甘いお菓子は一切口にせず、あられと牛乳がたつやのおやつだった。
そのビーバーがサクサクしていて、とても美味しかった。

大人になってからは、さほどお菓子を口にすることは減ったけど、
久しぶりにスーパーに並んでいるビーバーを買ってみたら、
お〜!これはうまい! ひっさしぶり〜♪
しかもカレー味とか白エビ、甘エビ味なども並んでいた。

DSC_7375.jpg

それにこのお菓子は全国区の大手メーカーが作っていると思っていたら、
何と、お隣り石川県の白山市で手作りで製造されていることを最近になって知った。
ビーバーの商品名の由来は、1970年『大阪万博』で
カナダ館のマスコットのビーバーを目にした女性社員が
「ビーバーの歯の形と菓子を二つ並べた形がそっくり」と言ったところ、
そのまま菓子の名前になったというエピソードもあるそうだ。

ちょっと調べてみたら、これがカナダ館のマスコットビーバー
ううう〜ん!?微妙やね^^;

img59445822.jpg

ビーバーは今や貴重とも言える地元&国産食材だけで手作りで製造している。
国産主に石川県産の水稲もち米を使用し、日高昆布を使用、塩を鳴門の焼き塩を使い、
昔ながらの杵つき製法で作られている。
白山からの伏流水を使い、菜種油・こめ油・コーン油のブレンド油で揚げている。
この作り方を1970年頃からずっと続けているという。

DSC_7479.jpg

最近は米菓もたくさん出ているけど、そのほとんどは大手メーカーの大量生産で、
国産の食材だけで出来ているものは極めて少なくなってきた。
米は関税で守られているが、米粉調製品として米粉に砂糖やでん粉を混入したもので、
米粉の含有量が85%以下のものは、昭和37年から輸入が自由化されている。
そのためメーカーは海外からの安いコストで米を買うことが出来る。

ビーバーは今や数少ないオール国内産を未だに守っているのだ。
スーパーでの価格は198円で売っていることが多いが、
材料のことを考えると、むしろ安いと思っている。

DSC_7378.jpg

ついつい子どもの頃によく食べていたお菓子が、
急に身近なところにあることを知って、うれしくなって
たつやのビーバー賛歌となりました。
VIVA ビーバー! ビーバー最高! ビーバーLOVE!

出来れば今度は工場見学なんぞしてみたいなぁ〜
それでもって揚げたてをつまみ食い!なんて出来たらいいなぁ(笑)




有限会社 福屋製菓
石川県白山市下柏野町303
076-275-0703
http://www.beaber.co.jp/





北陸でのブログランキングで一位を目指しています。
どうぞ応援してやってください♪


いつもありがとうございます。
アナタ様の応援クリックがたつやのエネルギー源なんですぴかぴか(新しい)

ココバッド(下向き矢印)をちょちょっとクリックしてね(は〜と)

人気ブログランキングへ

2141記事目

ラベル:お菓子 石川県
posted by たつたつ・たつや at 19:24| Comment(4) | TrackBack(0) | グルメその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ビーバーおいしいですよねー。
でも、何年か前
たまたま工場の横を通った時
そのボロッボロっぷりに
びっくりしてしまいました。
Posted by のだっち at 2013年04月06日 19:39
大阪万博に三回も行ったなんて、たつやさんはやっぱりおぼっちゃまやなぁ!!

僕は小学校のときは、つくば万博ですがめっちゃ行きたかったけど、子供ながらに遠く感じて連れてって言えなかった〜。。

米粉輸入の話、勉強になりました!!
Posted by ツッチ at 2013年04月07日 05:46
のだっちさん、工場って古いのですね?
でもそれだけ伝統の味を守っているっていうことなのかも^^

揚げたてのビーバーを食べることが今の夢(おおげさ〜)です。
Posted by たつや at 2013年04月07日 21:05
ツッチさん、そういう時代だったんだよね。
大阪とつくばじゃ距離も違えば、盛り上がり方も全然違ったんです。
でも確かに恵まれていましたね♪

そうなんだよ、お米を粉にして混ざりものを入れて輸入し、その後米と砂糖を分けて使う・・・。
大手メーカーではそういうものを使っているのが現状です。
その点、ビーバーは偉い!と思うんです。
Posted by たつや at 2013年04月07日 21:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック