2013年03月26日

憧れの寝台特急列車

トワイライトエクスプレス(Twilight Express)・・・
もうネーミングだけで憧れてしまうような
寝台特急列車があります。
その存在はもちろん知っていたし、走っている姿を見たこともありますが、
恥ずかしながら、駅のプラットホームで見るのは初めてでした。

DSC_6953.jpg

遠い昔、中学時代に消えゆく蒸気機関車に魅せられたたつやは、
中学3年間と高校1年間の春・夏・冬休みには、必ずと言っていいほど、
撮影旅行に行ってました。
いつもひとり旅でした。
ひとりが好きという訳ではなかったのですが、
誰もそんな変わった?たつやに付き合ってもらえなかったということです。

先月亡くなった父は、そういうたつやを自由にさせてくれました。
それだけでなく、さりげなく応援をしてくれました。
撮影旅行に出かける前日に、何かあった時はこれを!と言って、
2万円をくれたり、カメラに夢中になっていたたつやに、
本格的一眼レフカメラと望遠レンズ、
そして引き伸ばし機(自分で写真をプリントする機械)などを
買ってくれたりしました。

それは大人になって、たつやにも子どもが生まれてから、
父がしてくれたことがいかに稀なことだったか、
いかにありがたいことかを痛感しました。
今のカメラ好きなたつやや、自分の感性は、
そんな家庭でなければいなかったことに他ならないと思います。

撮影旅行から帰ってくると、撮ってきた写真を見て、
客観的な感想や、撮影のアドバイス、旅はどうだったのかなどの話、
そしていい写真をとても誉めてくれました。
写真を貼る木製のパネルも東京の写真専門店から、
通信販売で取り寄せてくれました。


写真01864.jpg

さて、この寝台特急列車トワイライトエクスプレスは、
大阪から札幌まで1500kmを23時間弱かけて走ります。

東海道本線(JR京都線)・湖西線・北陸本線・信越本線・羽越本線
・奥羽本線(日本海縦貫線)・津軽線・海峡線・江差線(津軽海峡線)
・函館本線・室蘭本線・千歳線
の12線区を経由します。
また牽引する機関車はこのEF81形電気機関車(敦賀地域鉄道部敦賀運転センター車両管理室所属)が大阪駅〜青森間を、
ED79形電気機関車(函館運輸所青函派出所所属)が青森駅〜五稜郭駅間を、
DD51形ディーゼル機関車(函館運輸所所属)が五稜郭駅〜札幌駅間を担当します。

DSC_6956.jpg

DSC_6965.jpg

高校2年生以来、一度も電車で北海道に行ったことがありません。
いつかはこのトワイライトエクスプレスで北海道へ行きたいと思います。
ホームページを見ていたら、スイートルームがこんな感じなので、
行くなら思い切って、これがいいな!と思っています。

imgsuite.jpg

imgpreiades.jpg

さて、気になる料金を調べてみました。
福井駅から札幌駅往復でのスイートルームでの料金は、168200円でした。

いつかはトワイライトエクスプレスで!





いつもありがとうございます。
アナタ様の応援クリックがたつやのエネルギー源なんですぴかぴか(新しい)

ココバッド(下向き矢印)をちょちょっとクリックしてね(は〜と)

人気ブログランキングへ

2135記事目
ラベル:鉄道 蒸気機関車
posted by たつたつ・たつや at 18:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅先にて・福井県内編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トワイライトエクスプレス
魅力的ですね。

20年以上前ですが、年に何回か「日本海」のB寝台に乗る機会がありました。
カーテンの隙間からずっと夜景を眺めていました。
コトトンコトン、時々ピーとゆう警笛の音が懐かしいです。
新幹線が来ると、こんな風情のある列車も無くなってしまうんですかね。
Posted by planar85 at 2013年03月27日 12:37
planaa85さん、日本海B寝台たつやも乗りました。
電車での旅も快適になり過ぎて?あまり魅力を感じません。
駅弁を動き出してから窓から買う・・・なんていうことも出来ないですもんね。

新幹線は要りません!
Posted by たつや at 2013年04月02日 20:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック