2007年02月23日

つるし雛

たつやの家の近所に「きものサロンまるよ」という
老舗の呉服屋さんがある。

歩いていて、ショウウインドウの中にこんなモノを見つけてしまった。
つるし雛(吊り雛とも言うらしい)

turusihina.jpg

聞くところによれば、古布や着物を再利用して手作りされたもの。
河和田の漆塗りの輪っかに、49の色んなカタチの雛が飾られている。

turibina11.jpg

turibina9.jpg 

turibina8.jpg 

turibina7.jpg

その昔、この『つるし雛』は、裁縫上手のおばあちゃんが
かわいい娘や孫達の無病息災やら幸せを祈りながら、
小さな縫い物をしたのが始まりとのこと。
それぞれのカタチにはそれぞれいろんな意味が込められている。

唐辛子・・悪い虫が付かない様に
羽子板・・厄をはね飛ばす
草履・・足が丈夫になるように
などなど。

もともとは雛人形の両サイドに二対のものを下げるものらしい。

turibina6.jpgturibina5.jpg

turibina4.jpgturibina3.jpg

turibina2.jpgturibina1.jpg
 
時々、女性的感性(オ○マではないよ)
アンテナが反応するたつやだけど、
このつるし雛のかわいさには、心を奪われてしまいましたよハートたち(複数ハート)

chirimen1.jpg 

chirimen2.jpg

chirimen3.jpg

このお店では「吊り雛教室」もされています。
素敵な旦那さまと、着物を着たかわいい奥様がお迎えしてくれますよ。

そういえば、ここのご主人、
テレビ朝日開局45周年記念ドラマスペシャル『古都』で、
主演の上戸彩さん・高橋恵子さんが着た衣裳のすべてを
コーディネートしたすごい方なんです。

この帯なんかも素敵ですよね〜バッド(下向き矢印)

maruyo-obi.jpg

きものサロンまるよ
福井県鯖江市本町2丁目1−20
0778-51-0236

maruyo.jpg
ラベル:着物 鯖江市
posted by たつたつ・たつや at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック