2013年03月03日

雛祭り

DSC_5985.jpg

あかりをつけましょ ぼんぼりに
お花をあげましょ 桃の花
五人ばやしの 笛太鼓
今日はたのしい ひな祭り

お内裏様と おひな様
二人ならんで すまし顔
お嫁にいらした ねえさまに
よく似た官女の 白い顔

金のびょうぶに うつる灯を
かすかにゆする 春の風
すこし白酒 めされたか
赤いお顔の 右大臣

着物をきかえて 帯しめて
今日はわたしも はれ姿
春のやよいの このよき日
なによりうれしい ひな祭り


DSC_5990.jpg

DSC_6006.jpg

DSC_6007.jpg

子どもの頃には聞いたひなまつりの歌。
一番は何とか覚えていても、三番四番となると、
歌詞を見て、あ〜そんな感じだったなぁと思う程度だ。

たつやには3歳年上の姉がいたので、
子どもも頃には雛人形を飾っていた。
新しく買ったものもあったように記憶しているが、
母方のおばあちゃんの家からもらって来た古い雛人形もあった。

DSC_5986.jpg

DSC_5987.jpg

木製の棚を組み上げて、赤い毛氈を敷いて段を作ると、
上からお雛様とお内裏様、三人官女や五人囃子、
それにミニチュアの御膳やひし餅を載せる漆のお皿などがあった。
たつやにとって、ひなまつりは女の子のお祭りだから、
関係ないと思っていたし、さほど楽しいとか思ったことはなかった。

DSC_5978.jpg

DSC_6011.jpg

だけど大人になってみると、日本人の感性の凄さに驚くことが多く、
雛人形を見る目も少し変って来た。
かんざしや着物やお顔など、時代によって少しずつ変化しているし、
その時代、どんな家庭でどんな風にお祝いをしたのだろうと
想像することも面白いと思っている。

DSC_6014.jpg

DSC_6015.jpg

先日、とあるカフェを訪ねたらそこにたくさんのアンティークの雛人形があった。
オーナーさんに許可をいただいて、写真を撮らせていただいた。
古いものは明治7年の明記があったそうで、今から140年ほど前のものだ。
他はあまり時代がわからないとおっしゃっていたが、
見た感じだと明治、大正のものが多いと思った。
お雛様やお内裏様のお顔は、昔のものほど皇室に近いような感じがする。

今日はちょうど3月3日
ひなまつりの日だったので、今日のブログはこの写真をアップさせてもらいました。

DSC_6031.jpg

DSC_6033.jpg

DSC_6037.jpg

雛祭りのこと、あまり知らなかったので、調べてみました。

ひな祭の歴史は古く、その起源は平安時代中期(約1000年前)に迄さかのぼります。
その頃の人々は、三月初めの巳の日に、上巳(じょうし、じょうみ)の節句といって、
無病息災を願う祓いの行事をしていました。
陰陽師(おんみょうじ、占師のこと)を呼んで天地の神に祈り、季節の食べ物を供え、
また人形(ひとがた)に自分の災厄を託して海や川に流すのです。
また、その頃、上流の少女たちの間では“ひいな遊び”というものが行われていました。
ひいなとは人形のことです。
紙などで作った人形と、御殿や、身の回りの道具をまねた玩具で遊ぶもので、
いまの“ままごと遊び”でしょう。
この事は紫式部の『源氏物語』や、清少納言の『枕草紙』にも見られます。

長い年月の間に、こうした行事と遊びが重なり合って、現在のようなひな祭となりました。
上巳の節句が三月三日に定まったのは、我国では室町時代(約600年前)頃のこととと思われます。
しかし、この頃から安土・桃山時代にかけては、
まだひな人形を飾って遊ぶ今のひな祭とはかけ離れた、祓いの行事の日でした。
この日が華やかな女性のお祭となるのは、戦国の世が終り、
世の中が平和になった江戸時代からのことです。

江戸時代初期の寛永6年(1629年)、京都御所で盛大なひな祭が催されました。
これ以後、幕府の大奥でもひな祭を行うようになり、
やがてこの習慣は上流から町民へ、 大都市から地方へと大きく広がっていったのです。
そして江戸時代中期には、女性たちばかりでなく、
女の赤ちゃんの誕生を祝う初節句の風習も生れて、 ひな祭はますます盛んとなりました。
江戸市中には雛市(ひないち)が、日本橋十軒店(じゅっけんだな、いまの室町)や
茅町(かやちょう、いまの浅草橋) など各所に立って大変にぎわいました。
またこの頃から付属のひな人形や雛道具の種類も多くなり、
かなり贅沢なものが作られるようになりました。
幕府はひな人形の華美を禁じるお触れを再三出しています。
明治に入ると、新政府は従来の節句行事を廃止して新しい祝祭日を定めました。
しかし、長い間人々の生活に根を下ろした行事は簡単になくなるものではなく、やがて復活します。
こうして上巳、端午、七夕など子どもに関係の深いお節句は、
いまも民間行事として盛んに行われています。
(日本人形協会編「ひな祭の歴史」より


DSC_6039.jpg





いつもありがとうございます。
アナタ様の応援クリックがたつやのエネルギー源なんですぴかぴか(新しい)

ココバッド(下向き矢印)をちょちょっとクリックしてね(は〜と)

人気ブログランキングへ

2117記事目


posted by たつたつ・たつや at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | たつやの好きなモノ・生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック