2007年02月17日

伊勢・河崎の町その2

伊勢河崎商人館を出ると道を挟んで反対側に
やはり古い蔵を改造したお土産ものや「河崎商人蔵」がある。

面白いのは、小さな一坪ショップがたくさん入っていて、
見ていてもバラエティに富んでいて飽きることがない。
手作り品やアンティーク、工芸品などが展示、販売されている。

kawasaki2.jpg

ホーローの懐かしい看板などがディスプレイされている。

kawasaki4.jpg

入り口反対側の窓には勢田川が流れていた。

kawasaki3.jpg

たつやの憧れとする古い蔵や民家を改装し、
アンティークに囲まれて、ショップや喫茶をする、
という思いには理想的な場所と空間に思えた。

さて、街を歩くと正月飾りがどの家にも掛かっている。
真ん中の文字は「笑門」が一番多かったが、
いろんな文字がある。

kawasaki5.jpg

いったいいつ外すのだろう・・・?
福井ではとっくの昔に左儀長で燃やしてしまったが。

和菓子やのおかみさんに話を聞いたら、
一年中飾っておくらしい。
今年の年末に新しい飾りと取り替えるとのことだった。

ところ変われば・・・ってやつですね。

伊勢市のマンホールバッド(下向き矢印)お伊勢参りですね^^

kawasaki6.jpg
ラベル:昭和の町 三重県
posted by たつたつ・たつや at 20:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅先にて・国内編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マンホール!
コレの各地のデザインを求めて
探しまわるマニアがいるそうですね。

okaも今度気をつけてみよっと。

Posted by oka at 2007年02月20日 22:58
たつやのGFのひとりからマンホールの楽しさを
教えてもらいました。
全市町村同じものはないみたい・・・。
そのまちの特徴を良く表しているデザインが多いですね。

街中を歩きながら、足元を見る楽しみもあるもんです^^
Posted by たつや at 2007年02月21日 00:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック