2006年12月31日

山越のかまたま

うどんの聖地、香川県
たつやが最初に行った2000年は、さほどのうどんブームではなかった。

香川までうどんを食べにだけ行く、という行為は、
周りの人に、かなり変わった人か、
よっぽどの食いしん坊またはヒマ人だと思われたようだ。
(ま、今でもそう思われる人がほとんどだと思うが・・・)

しかし、この6年間で、12・3回は香川へ行った
感動の初体験から、家族でもうどんツアーに出かけ、
うちのかみさんも、娘も息子も、
みんながさぬきうどんファンになってしまった。

中学生だった娘に、
「お前は香川県の大学に行って、向こうで知り合った人で、
香川県出身ですか?と聞いて、違うと言われたら、付き合っては
いけない!、そうですと言われたら、付き合って結婚しなさい。
そうすれば、いつでもおとーさんはうどんを食べに香川に行けるから・・・」

などと言ったことがある。

そのうち、娘は大学進学に
必然的に『香川県にある大学』を選んだ。
香川県人と出会ったかどうかは良く知らないが、
先日、学校の同級生(香川の女の子の友達)がふたりで、
福井に遊びに来た。

福井のカニが食べた〜い!ということだったが、
その後、お礼をしてこんなものを送ってくれた。

kamatama1.jpg

じゃじゃじゃじゃ〜ん
これが、超有名・超人気店の山越うどん店のうどん!

この店は週末はまず2時間近く並ばないと食べられない。
平日でも1時間はザラ。
たつやも今までに3回しか行ったことがない。

この店の人気メニューが「かまたま」
生麺をでっかいお釜で茹で上げ、あつあつのうどんに生卵を
からませて、ほんの少しのダシをかけて食べるというもの。
うどんの熱で卵がからまり、きれいな黄色になる。
価格は驚くなかれ150円也(2005年の記憶だが)

これが、伝説の山越の生麺バッド(下向き矢印)

kamatama2.jpg

たっぷりのお湯で15分以上茹でます。バッド(下向き矢印)

kamatama3.jpg

丼に卵を割ってといでおきます。
(ぬるま湯につけておいた方がベター)バッド(下向き矢印)

kamatama4.jpg

あつあつのうどんを入れ、かき回しますバッド(下向き矢印)

kamatama5.jpg

「おーーー!山越のかまたまだああああああ」とは、娘と息子。

kamatama7.jpg

kamatama6.jpg

おーーっと、2006年はうどんでしめるか!?パンチ

本年もお付き合い、ありがとうございました。
来年もよろしくですわーい(嬉しい顔)


posted by たつたつ・たつや at 22:28| Comment(2) | TrackBack(1) | 麺グルメ・うどん編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
2006年のしめはうどん。
では、2007年は、何であけるのか、
期待に胸が高鳴ります(^^)

旧年中は、本当にお世話になりました。
今年も、よりお世話になる予定です。(^^ゞ

今年も、よろしくお願いいたします。

Posted by つかさ at 2007年01月01日 00:56
つかさ様、旧年中は公私共に大変お世話になり、ありがとうございました。

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

2007のスタートは厳かに始まりましたよ。
「感謝」「改革」「飛躍」の年にしたいです!
Posted by たつや at 2007年01月01日 22:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

再びそばや横丁へ
Excerpt: 今日は、依頼された原稿をナンとか形にしてゆこうと会社へ。 でもその前に腹ごしらえ...
Weblog: 『川中重司、ほのぼのIT税理士!(^^)のブログ』のバックアップブログです。
Tracked: 2008-06-27 10:16
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。