2012年09月14日

赤倉観光ホテル

夏休みに信州、妙高市のこそば亭に行った帰りに、
Aさんと一緒に赤倉観光ホテルを訪れた。
ここは40年ほど前は新婚旅行のメッカでもあったところで
たつやの叔母が結婚した時は確かここに来ているはずだ。
当時小学校だったたつやに、赤倉という名前だけが妙に頭に残っている。

信州と言えども、さすがに夏は暑いが、
赤倉観光ホテルは妙高高原の標高1000mという高い場所にあるため、
気温は下界に比べれば、はるかに低く、涼しく過ごしやすい。

DSC_3903.jpg

高原のホテルのオープンカフェでお茶をするのも、なかなかお洒落というもの。
ま、オジサン二人がスイーツなんぞを頼んでお茶していても、
旅先のこのロケーションなら、許してもらおう。

DSC_3867.jpg

DSC_3869.jpg

隣の席には、ゴールデンレトリバーを連れたご夫婦が座った。
この子は喉が渇いているようで、出してもらったお水をガブガブ飲んでいた。

DSC_3872.jpg

赤倉観光ホテルの名物ともなっているイングリッシュガーデンは、
かなり広い範囲で楽しむことが出来る。
標高が1000mを越えていることもあって、
様々な種類の花が一斉に花を咲かせるのだ。
数多くの花を見ることが出来る。

DSC_3895.jpg

セセリチョウが蜜を吸いに来ています。

DSC_3879.jpg

カメラ片手にのんびり散策するにはもってこいのお散歩コースです。

DSC_3894.jpg

DSC_3896.jpg

いろんな種類のハーブが育てられていました。

DSC_3898.jpg

DSC_3901.jpg

赤倉観光ホテルは創業昭和12年で、既に70年以上の歴史がある。
今回はお茶をして、高原の散歩を楽しませてもらっただけだが、
出来れば宿泊して、ゆっくりしてみたいと思った。

DSC_3856.jpg

赤倉観光ホテル
新潟県妙高市田切216
0255-87-2503





なかなか更新が出来ずにごめんなさい。
それなのに応援クリックいただき、感謝しています。
出来るだけアップ出来るようになるよう、頑張ります。

いつもありがとうございます。
アナタ様の応援クリックがたつやのエネルギー源なんですぴかぴか(新しい)

ココバッド(下向き矢印)をちょちょっとクリックしてね(は〜と)

人気ブログランキングへ

2064記事目



ラベル:新潟県
posted by たつたつ・たつや at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅先にて・国内編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック