2012年07月10日

若狭姫神社@小浜市

若狭彦神社から若狭姫神社までは、車で5分も走れば着いてしまう。
歩いて行っても良かったなと思える距離なので、
また行く機会があれば、のんびり散策しながら行くのもいいと思う。

DSC_9974.jpg

若狭姫神社の前には遠敷小学校があり、
そしてそのすぐ近くに県立若狭東高校がある。
こんなに環境のいいところで勉強出来ることって、
本当に羨ましいと思った。
神様に守られてる場所っていう感じがする。

DSC_9975.jpg

DSC_9977.jpg

目の前には水量が豊富で、ものすごく綺麗な水が流れていて、
それだけで、神聖な場所であるように思えた。

鳥居で一礼して中に入ると、
一直線上に門と本殿が見える。
若狭彦神社に比べると、若狭姫神社は
幾分空気は柔らかで、明るい雰囲気が漂っていた。

DSC_9989.jpg

参拝客もそれなりにいて、
さっきの若狭彦神社の静けさと神秘的な雰囲気は、
ここではあまり感じられなかった。

神門をくぐって、本殿を目の前にして、
初めて後ろにある森と、本殿左手に聳え立つ巨大杉の
圧倒的な緑が迫ってきた。

DSC_9978.jpg

千年杉は近くまで行ってみるとその圧倒的存在感は、増すばかりで、
それは、ただただ大きく荘厳で、自然と畏敬の念を抱かずにいられなかった。
鎮守の森の緑の中に、千年杉の緑が溶け込んでいるため、
離れているとちょっとわかりずらいかもしれない。

DSC_9983.jpg

神社へ行くとご神木と呼ばれる木があるが、
これほどまでに大きなご神木がある神社はあまり知らない。

若狭は不老不死伝説も残っているくらい神々の住む場所だったという。
レイラインの話から、好奇心を押さえることが出来ずに、ここまで来たが、
若狭への想いは募るばかりだ。
若狭彦神社からもう少し南に下ったところに、
神宮寺というお寺があり、鵜の瀬という場所がある。

そこで毎年3月2日に行われる「お水送り」に是非行ってみたいと思う。

DSC_9990.jpg

若狭姫神社
上社である若狭彦神社は、和銅7年(714)9月10日、
遠敷郡下根来村白石に創建され、
元正天皇霊亀元年(715)9月10日、現在地へ遷座。

下社にあたる当社・若狭姫神社は、元正天皇養老5年(721)2月10日、
上社より分祀し、若狭姫大神とした。
上社祭神の若狭彦大神同様、若狭姫大神の姿も唐人のようであったといい、眷属が八人。

古来、若狭彦神社(上社、上宮)を若狭国一宮とし、
若狭姫神社(下社、下宮)を二宮とされて来たが、
現在は、2社で若狭国一宮・若狭彦神社と称している。


DSC_9999.jpg



実はたつや、毎日短くて1時間、最近は2時間かけてブログを書いているんです。
だからお願い!って言う訳じゃないんですが、
応援クリックは面倒だけど多分2〜3秒くらいで出来ると思うんです。
ご苦労さ〜んって感じで押してもらえたらやっぱ、うれしいです


いつもありがとうございます。
アナタ様の応援クリックがたつやのエネルギー源なんですぴかぴか(新しい)

ココバッド(下向き矢印)をちょちょっとクリックしてね(は〜と)

人気ブログランキングへ

2040記事目




ラベル:小浜市 神社仏閣
posted by たつたつ・たつや at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅先にて・国内編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おひさしぶりです(^-^*)若狭彦神社・若狭姫神社2つ共 素敵な神社ですね〜♪私も神社とかお寺が好きです☆訪れた神社のご神木探し必ずします(^ー^* )パワーがみなぎっている ご神木ですね!!いつか訪れてみたいです☆
Posted by ゆみえ at 2012年07月15日 15:17
ゆみえさん、もうここはおススメですよ。
神社巡り初心者のたつやは、あまり知らないのですが、
この若狭彦神社・姫神社はあまりの空気感に感激しました。

是非行ってみてくださいね〜♪
Posted by たつや at 2012年07月19日 21:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック