2012年06月29日

ある日のビストロ・レアール

たつやさんって、アンティークのカメラに興味ありますか?

ん?興味ない訳じゃないですけど・・・。

あのう、親父が使っていたカメラがあって、
それらを処分しようと思ってるんですよ。
ひとり、好きな人がいるから差し上げようと思うんですけどね。


写真01272.jpg

写真01185.jpg

写真01184.jpg

写真01187.jpg

写真01188.jpg

いくつかのカメラを出してきて見せてもらった中に、
四角い弁当箱のようなカタチのカメラがあった。
シェフがこれって何ですか?と言って手渡してくれた。

あ、これカメラなんですよ。
かなり古いタイプですね。
蛇腹式のやつで・・・え〜っとどうやって開けるんだっけ?


そのうちパカッと蓋が開いて、レンズが出てきた。
ファインダーが折りたたまれていて、
それを開くとちゃんとしたカメラのカタチになった。

写真01191.jpg

おお!これカッコイイですね。
危うく僕これ捨てちゃうとこでした^^;


昨年たつやがレアールさんのことをブログに書いてしばらくしてから、
東京にいらっしゃるシェフのお父さんが亡くなったことを聞いた。
どんな方だったのか、たつやには知る由もないが、
こんなオシャレなカメラを持っていた方だから、
きっと芸術家タイプの人だったのだろうなぁと思った。

このカメラだけは取っておいた方がいいよ。
これお店に飾っておいたらどうですか?
その方がきっとお父さんも喜びますよ♪

と言ってお店を後にした。

DSC_9800.jpg

そして先日、マルシェワンダーーランドin FUKUI 2012にも出店してくれた
ビストロレアールさんにお礼を兼ねて、ランチに行って来ました。

そうしたらお父さんの愛機だったカメラの横には、
1枚の美しい女性の写真が飾られていました。
もう目の辺りがシェフにそっくりなのを見て、
その方がシェフのお母さんであることがわかりました。
お母さんはもう大分前にお亡くなりになったそうです。

何十年の時を超えて、お父さんが使っていたカメラと、
若くて美しいお母さんの一枚の写真が、
仲良く並んでいるのを見て、何だかとても胸が熱くなりました。

写真01168.jpg

ビストロレアールさんは本当に素材の味を最大限に引き出して、
魔法使い?と思うくらい美味しいお料理を出してくれます。
しかもフレンチにありがちな、カロリーの高い料理ではなく、
ヘルシーなメニューと、シェフのアーティスティックな盛り合わせ、
それにシェフご夫妻の温かい人柄が気に入って、
ちょっと遠いのですが、時折会いたくなる方なのです。

写真01192.jpg

実はこの日、こんなエピソードが残っていたのです。
再度カメラを見せてもらった時に、
どうやら中にフィルムが入っているようでした。
途中で開けてしまい、フィルムが感光してしまったら大変です。
慎重にフィルムを全部巻き取ることが出来ました。

写真01189.jpg

シェフ〜、これフィルム入ってるわ。
このカメラ間違いなく戦前のものやし、
フィルムはいつの時代のものかわからんけど、
もし何か写ってたら浪漫やと思わん?


写真01190.jpg

処分してしまおうと思っていたカメラが再び、日の目を浴びて、
お母さんの写真も一緒にまたお店に飾られる・・・。
片方だけだったら、飾られなかったかもしれません。
ご両親はレアールの実店舗を見ることなく、永眠されたそうですが、
今はふたり揃って、お店の片隅から
笑顔になって帰っていくお客様を見送ってくれています。

写真01269.jpg

写真01271.jpg

写真01270.jpg

その後、現像に出されたのかどうかは知りません。
結果がどうこうではなく、過去からのメッセージだったり、
家族の想い出がまたひとつ増えるといいと思った
ある日のビストロレアールでした。

ビストロ レ・アール (bistro Les Halles)
石川県小松市串町東118 エストビル1F
TEL 0761-43-1206
営業時間 11:30〜14:00  18:00〜22:00(LO21:00)
定休日:木曜日




5月・6月はブログを半分しか更新出来ませんでした。
それにコメントいただきながらもお返事が出来てなく申し訳ありません。
マルシェワンダーランドが終わってからは、放心状態で^^;
しかも年齢のせいか疲れがまったく取れず、
やっと最近になって、少し回復してきました。
自宅のパソコンももう瀕死の状態で、めちゃめちゃ遅くて、
夜、会社に行ってブログを更新しています。

そんな状況にも関わらず、
たくさんの方からブログへの応援クリックをいただいていて、
本当にありがたくて、幸せです。

6月からブログが変わったね!と言われることもあるのですが、
最近は何故か神社巡りや、自然の中にある草花や虫たちに癒されます。
疲れてるんじゃない?って言われていますが、確かにそうかもしれません。
フェイスブックもちょこちょこ書いてますが、
やっぱりたつやの原点はココ『たつやの感性見聞録』です。
もう少し時間を見つけて、更新していけるようにしたいと思っています。

いつもありがとうございます。


実はたつや、毎日短くて1時間、最近は2時間かけてブログを書いているんです。
だからお願い!って言う訳じゃないんですが、
応援クリックは面倒だけど多分2〜3秒くらいで出来ると思うんです。
ご苦労さ〜んって感じで押してもらえたらやっぱ、うれしいです


いつもありがとうございます。
アナタ様の応援クリックがたつやのエネルギー源なんですぴかぴか(新しい)

ココバッド(下向き矢印)をちょちょっとクリックしてね(は〜と)

人気ブログランキングへ

2033記事目






posted by たつたつ・たつや at 23:24| Comment(6) | TrackBack(0) | 店グルメ・伊&仏編(洋食含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カメラをさわっているシェフの表情
柔らかくて素敵ですね

毎日暑いですから
ご無理なさらずぼちぼち続けて下さいね(^-^)

最近国内外、いろいろな世界が変容していますね
たつやさんにも変化の時が訪れたのかも(^-^)
Posted by ちーすけ at 2012年06月30日 15:58
はじめまして♪
先日、新聞社の取材で ミポりん から 貴方様のブログの話をお聞きしてまして・・・
数回 訪問させていただいてます。
腕もよくて、カメラもいいのか 素敵なお写真ばかりで、楽しんで拝見してます。私は大野に住んでいますが、職場は永平寺で どちらも素敵な所です。また、大野に来られることがあれば 案内させて頂きます。
ちなみに、私は50代の女子です。只今、老後に向けて、主人にはないしょで計画をねっていることがあります。それは、ピザ窯製作です。主人が精密機械の職人(鉄工)だったので、数年中には、私のペースに巻き込み 作ってもらおうと思ってますが、自分が、少し勉強しないことには、お願いも出来ませんね。
初めての方に色々 勝手に話をしました。また、訪問します。

Posted by カール兄ちゃんと弟ピースでございますパート2 at 2012年07月01日 12:53
ちーすけさん、僕もあのシェフの表情好きです。
カメラを愛おしく見てる感じが伝わってきますよね。

たつやの変化ですか・・・。
そうですね、毎日が上機嫌で生きる!
そういう生き方をしたいと思っています。

いつもありがとう!感謝してます。
Posted by たつや at 2012年07月10日 11:00
カール兄ちゃんと弟ピースでございますパート2さん、この度はご丁寧なメッセージをありがとうございます。
そんな風に言っていただけること自体が本当にありがたいことで、心より感謝しています。

ピザ窯は最高です!
火と美味しいモノは人を集め、人を幸せにしてくれると思います。

先日、阪谷スターランドへ行きましたが、本当に美しい場所で感激しました。
大野は大好きで時々行きますし、友人が古民家を改装してカフェを始めます。

今度ともどうぞよろしくお願いします。
Posted by たつや at 2012年07月10日 11:05
はじめまして♪
 浪花のレアールファン主婦Aです

>>ちょっと遠いのですが、時折会いたくなる方なのです。

この言葉を拝見して
 まったく同じ思いなので嬉しくなりました
大好きなドレッシングがなくなっても
送ってもらうより レアールに・・・
あの場所に シェフご夫妻に会いに行きたくなります

きれいなお写真が魅力的でうっとりさせて頂きました
ありがとうございます



Posted by ALOHA〜♪ at 2012年09月21日 11:35
ALOHA〜♪さん
浪花からのご訪問&コメントありがとうございます。
福井シェフご夫妻のあの独特の温かさとセンスの良さは抜群ですよね。

またレアールでお会いできるといいですね。
最近は糖質ダイエットコースも始めたみたいですよ。

MAHALO〜♪
Posted by たつや at 2012年09月25日 09:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。