2012年05月12日

元伊勢への旅「皇大神社」

「外宮豊受大神社」を後に次に向かったのが、「皇大神社」
車で10分ほど山間の道を走ると到着した。
駐車場から小さな集落を抜けて、その山奥に皇大神社の鳥居が見えた。
辺りの山は、今まさに新しい葉っぱが出てきて、
山の色が様々な濃さの緑色となり、俗に言う山が笑うという感じだ。

DSC_0695.jpg

DSC_0700.jpg

道沿いの古い民家の軒先に、そこの家のおばあちゃんが作ったであろう
たくあんや、唐辛子の粉、たかのつめの乾燥させたものなどが、並んでいる。
横にはお金を入れる箱が置いてあって、
欲しければ、その代金をそれに入れて、持って帰る無人販売システムだ。
それほどまでに、のどかで穏やかな土地だ。

DSC_0738.jpg

石段を何段か登ると、すぐに景色が変わる。

DSC_0702.jpg

思った以上に、さらに石段が続く。
途中の水場で、手や口を清め、本殿へと向かった。
外宮豊受大神社でも皇大神社でもそうだが、
聞こえてくるのは、鳥やカエルの鳴き声。
それに水が流れる音。
時折風に木々が揺れる音。

DSC_0716.jpg

これこそ100年前も500年前も1000年前も、
ずっとずっと変わらないであろう音の風景だ。

DSC_0718.jpg

DSC_0722.jpg

本殿前に行くと、自然とピンと背筋が伸びる。
静寂な中に、凛とした空気が満ち溢れている。
こういう場所に立つと、自己中心的な考え方がなくなっていくから不思議だ。
(またすぐに元に戻ってしまうんですけど^^;)

DSC_0724.jpg

DSC_0725.jpg

本殿左手にさざれ石が奉られている。
あの君が代に出てくるさざれ石のことだ。
確か滋賀の多賀大社で見て以来のことだ。

DSC_0735.jpg

DSC_0737.jpg

常神半島を訪れて、ある地図を見せられ興味を持ち、
そして元伊勢にまで、来られたことは、
ある意味、不思議なご縁を感じながらの元伊勢への旅だった。





実はたつや、毎日短くて1時間、最近は2時間かけてブログを書いているんです。
だからお願い!って言う訳じゃないんですが、
応援クリックは面倒だけど多分2〜3秒くらいで出来ると思うんです。
ご苦労さ〜んって感じで押してもらえたらやっぱ、うれしいです


いつもありがとうございます。
アナタ様の応援クリックがたつやのエネルギー源なんですぴかぴか(新しい)

ココバッド(下向き矢印)をちょちょっとクリックしてね(は〜と)

人気ブログランキングへ

2010記事目
























ラベル:京都府 神社仏閣
posted by たつたつ・たつや at 01:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅先にて・国内編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
レイライン!
すごく興味が湧いてネットで調べたら、ホントに奥深くて色々な説があるみたいで楽しい(*^_^*)
私も内田さんのレイラインの本、読んでみたくなりました(*⌒▽⌒*)
私もレイラインの土地を巡りたくなりましたo(^-^)oワクワク
Posted by ゆん at 2012年05月16日 01:47
ゆんさん、コレは地図上の動かしようのない事実なので、
とても興味深いですね。
どこを旅するとしても、いろんな歴史や土地のことを知ってると、
旅は何倍も楽しくなりますよね〜^^
Posted by たつや at 2012年05月25日 10:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック