2012年05月10日

元伊勢への旅「外宮豊受大神社」

福井県若狭にある常神半島の神子の山桜の写真を撮りに行ったのが、
ちょうど1ヶ月前のことだった。
常神半島へは今まで何度も出かけているが、
この桜の時期に行くのは初めてだった。
その時に神子の集落にあった小さな神社へ行った時に、
何とも言えない気持ちよさを感じて、
とても心地いい場所だという印象を持った。

DSC_0649.jpg

map.jpg

家に帰って、ブログを書くのに常神半島のことを少し調べてみようと、
インターネットで調べてみると、一枚の不思議な地図を見つけた。
それは常神半島の先端にある小さな島(御神島)から、
真南に線を下ろしていくと、その線上に若狭姫神社・若狭彦神社・平安京
・平城京・飛鳥京・熊野本宮
があるというものだった。
しかもその線を中心として、五芒星がシンメトリーに配置されていたのだった。
伊吹山・元伊勢・伊勢内宮・伊弉諾神社・熊野本宮を結ぶラインが星型を描いている。

DSC_0688.jpg

地図もGPSも電気さえない時代に、
これだけの大きなラインを形成してることに少なからず驚いた。
その地図を出されていたのは、内田一成さんという方のサイトで、
彼がレイラインハンターという本を出されていることを知り、即座に注文した。

__.jpg

本を購入したということで、
地図を一枚だけ拝借させていただいているが、実に興味深い内容だった。

さて、たつやが常神で感じた気持ちよさは、
伊勢神宮を参った時に感じたものと良く似ていたような気がして、
この五芒星を形成するほかのポイントに行けば、
また同じような気持ちよさを感じるのか?という好奇心が沸々と沸いてきた。

DSC_0660.jpg

そして距離的なところから選んだのは、元伊勢だった。
正直、元伊勢という場所があることすら知らなかった。
だけどいろいろ調べるうちに、とても歴史も由緒もある場であることを認識した。

DSC_0655.jpg

福知山インターチェンジを降りて、ナビ通りに進んでいくと、
左手の小高い丘の上に古い小学校の木材校舎が見えて、ちょっと寄り道。
もう現役でなはいけど、とってもいい風景だった。

DSC_0682.jpg

元伊勢外宮豊受大神社は川が流れる小さな集落の奥地にあった。
すぐ横に会社があったり、農家のおばちゃんたちが井戸端会議でもしてるような場所で、
あまりにも俗化されていない静かなところにあった。
長い石段を登っていく。
まるでお人払いをされたかのように、
誰一人としていない神社に参拝することは時々あるのだが、
これだけ大きな神社では初めてのことだ。

ちょっとした神社でもその謂れなどが書かれた看板などがあるが、
ここには一切なく、この看板が一枚あるのみ。

DSC_0667.jpg

DSC_0668.jpg

DSC_0669.jpg

だけど本殿に近づくにつれ、その地が持ってる何かを強く感じるようになった。
それこそ気のせい?かも知れないが・・・。
聞こえてくるのは鳥の声と風の音だけ。
誰もいないと思っていたが、おじいさんがひとりだけ参拝に来ていた。
それにしても想像はしていたが、
何とも言えない心地よさを感じる場所ということだけは確かだった。

DSC_0678.jpg

新緑の美しい緑と青空と外宮豊受大神社の千木のコントラストが美しい。

DSC_0728.jpg

元伊勢外宮豊受大神社
京都府福知山市大江町天田内60




実はたつや、毎日短くて1時間、最近は2時間かけてブログを書いているんです。
だからお願い!って言う訳じゃないんですが、
応援クリックは面倒だけど多分2〜3秒くらいで出来ると思うんです。
ご苦労さ〜んって感じで押してもらえたらやっぱ、うれしいです


いつもありがとうございます。
アナタ様の応援クリックがたつやのエネルギー源なんですぴかぴか(新しい)

ココバッド(下向き矢印)をちょちょっとクリックしてね(は〜と)

人気ブログランキングへ

2009記事目









ラベル:京都府 神社仏閣
posted by たつたつ・たつや at 23:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅先にて・国内編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
凄く興味のある記事、発見!!
神社仏閣って、「心地良い」と感じる所と
「嫌われてるな」と思う所がありますよね。
その神社仏閣の主様との相性なんですかね〜?
私も久しぶりに、「心地良い」と思える大好きな
神社に行きたくなりました!
Posted by 凛 at 2012年05月11日 09:52
凛さん、心地いいとかそうではないっていうのは、
理屈じゃなく、でも不確かなもので、
それこそ気のせい?と思うこともありますが、
地図という紛れもない事実を知ってしまうと、
沸々と好奇心が沸いてきてしまいました。

またその気持ちよさを感じたくて、そういう場所を選ぶかもしれませんね。
Posted by たつや at 2012年05月12日 19:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック